ラウンド 10: Nagoyan vs. Frenetic Efreet

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 12日

By 松井健治

A : 小倉陵 (赤緑)     vs. 藤田修 (赤緑)
B : 塩津龍馬(白青タッチ緑) vs. 小宮忠義(白青黒)
C : 野瀬恒二(赤緑)     vs. 堂山剛志(緑黒)

 予選ラウンド最終戦。
 Frenetic Efreet は現在 1 敗で、このラウンドで ID 出来れば安定のべスト 4 入りだったのだが、今現在にこのチームと ID 出来るチームが残っておらず、ベスト 4 を賭けて Nagoyan との対戦となる。

 ドラフトは、まず Nagoyan 側に《獣群の呼び声/Call of the Herd》が現れ、あいもかわらずの運の太さを見せつけてのスタートを切り、そのまま《踏み荒らし/Overrun》、《説得/Persuasion》、赤と青の協力者、《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》と豪華絢爛なカードをゲット。

 対する Frenetic Efreet は、藤田に《降り注ぐ塊炭/Shower of Coals》と、《ゴリラのタイタン/Gorilla Titan》があるぐらいだろうか。
 カードパワー差が大きく開き、 デッキが完成していると言えるのは藤田の赤緑だけ。

 では、この試合のキーポイントと言える、野瀬と堂山の試合を見てみよう。

C : 野瀬 vs. 堂山

Game 1

 先手をとった堂山が沼をセットし、ターンエンドを宣言したところで、ジャッジが試合をいきなり中断。
 そのまま奥へと連れて行かれる堂山。

 何が起こったのか解らないまま、では小宮の試合をレポートしようとしたところで、次は藤田の試合が止められ、そのまま奥と行った。

 そして、土地を思うように引かなかった塩津を素早く倒した小宮がつれて行かれ、試合が全体的に中断。

 ・・・10 分後

 堂山が再び現れ試合を再開。
 
 連れて行かれる前の初手は良かったのだが、ジャッジが堂山の初手をシャッフルしてしまった事により、もう一度シャッフルをし、初手を見てみると土地が 0 。
 マリガンし、もう一度手札を確認するとまたまたノーランド・・・

 不満を漏らしながらゲームを始め、順調に土地はセットして行くのだが、野瀬が 3 ターン目に《最後の儀式/Last Rites》で堂山に 2 枚ディスカードを迫ると、《病的な飢え/Morbid Hunger》と、《象の待ち伏せ/Elephant Ambush》をディスカードさせられ、残る手札には土地しか無くなってしまう。

 堂山の動きを封じ込め、そのままとどめと《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》を野瀬が場に放つと、次のドローを見て、これを対処できないと悟った堂山は投了。

野瀬 1 - 0 堂山

Game 2

 後手の野瀬は 2 ターン目に《墓所を歩くもの/Crypt Creeper》、《巣立つインプ/Fledgling Imp》と展開し、堂山の出すクリーチャーを《ひどい憔悴/Crippling Fatigue》、で除去し、一方的に攻める展開。

 堂山が出来る事と言えば、更に野瀬が展開した《囁く影/Whispering Shade》に《やつれ/Waste Away》を放つ事のみ。
 何も出来ない堂山は、負ける直前に《象の待ち伏せ/》を引き、《墓所を歩くもの》を何とかブロックすることが出来るが、《巣立つインプ》がダメージを与え終わった後に、野瀬は堂山の本体へ《炎の稲妻/Firebolt》を叩き込むと、野瀬はものの 10 分で勝負を決した。

野瀬 2 - 0 堂山

 勝負に敗北した堂山はそのまま立ち去るが,戦いはまだ続いている。
 小倉対藤田が《踏み荒らし》対《入門の儀式/Rites of Initiation》対決で藤田が 2 - 1 で勝利し、塩津対小宮がどうなるかと言ったところだったのだが、 5 ターン目に塩津が《エイヴンの群れ/Aven Flock》を呼んでいることには、小宮が既に展開しきっており、結局勢いに任せて攻めきった小宮が勝ち、 Frenetic Efreet が逆転勝利したのだった。

Final Result : Frenetic Efreet Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る