ラウンド 11: 小宮忠義 vs. 安藤孝太郎

更新日 Event Coverage on 2002年 10月 12日

By Masashiro Kuroda

Game 1

小宮忠義小宮が《栄光の探求者/Glory Seeker》《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》と最高のスタートを切る。安藤は裏向きクリーチャーで応戦するが、《ナントゥーコの鞘虫》がでかい。とりあえず《陽光の突風/Solar Blast》で《栄光の探求者》を除去するが、あまり根本的な解決にはなっていない。

お互いに裏向きのクリーチャーを並べあい、安藤のクリーチャーが小宮にダメージを。しかるのち表向きに。
《陰謀団の処刑人/Cabal Executioner》が姿を現す。
これで小宮の《ダールの癒し手/Daru Healer》が墓地送りになる。

しかし小宮は平然と《アンデッドの剣闘士/Undead Gladiator》に《畏敬の冠/Crown of Awe》をエンチャントし、赤黒の安藤に対して致命的なクリーチャーを作り出した。
これが毎ターン3点のライフを削っていき、安藤のライフはあっという間に2。対する小宮は7。
ここで安藤が裏向きのクリーチャーを召喚したため、やっと《アンデッドの剣闘士》が止まる。

安藤の場に《卑劣なアヌーリッド/Wretched Anurid》がいるため、小宮はクリーチャーを2匹呼べば勝ち。安藤は《焼けつく肉体/Searing Flesh》を持っていて土地が6枚あるので、もう1枚土地を引けば勝ち。

熾烈な引き勝負が始まる。

《卑劣なアヌーリッド》が戦闘で死んだために、安藤には猶予が与えられたのだが、残念ながら7枚目の土地が来ることは無かった。

小宮 1-0

Game 2

安藤が1ターン目の《ただれたゴブリン/Festering Goblin》からスタート。小宮がこれを《腐敗を導く者/Shepherd of Rot》で相討ちに取る。ここまでは静かな立ち上がりだったが。

小宮が事故った。

ようやく3枚目の土地を引いた時には、安藤の場に《詮索好きなゴブリン/Nosy Goblin》と裏向きのクリーチャーが2体。最初に呼んだクリーチャーを除去された瞬間に小宮はカードを片付けた。

小宮 1-1 安藤

Game 3

安藤孝太郎小宮のハンドが最高に近い。2ターン目に《栄光の探求者》を召喚し、《腐敗を導く者》が後へ続く。《畏敬の冠》があるので、いつでも無敵のクリーチャーを作り出せる状態にあるわけだ。

安藤は《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》、《卑劣なアヌーリッド》、裏向きクリーチャーと次々展開するのだが、プロテクション赤黒の《腐敗を導く者/Shepherd of Rot》によって完全に勢いをそがれてしまった。
こうなると《卑劣なアヌーリッド》はどうしようもなく邪魔な存在だ。《腐敗を導く者》もいるため、安藤のライフがみるみる減っていき、一桁に。
対する小宮もライフは危険水域に達しているので、安藤にも望みはあるのだが難しい局面。

クリーチャーを呼ばないと勝てない。
しかしクリーチャーを呼ぶと死ぬ。

ジレンマに苦しみ続けた安藤は、またしても6マナで《焼けつく肉体》を抱えながら倒れたのだった。

Final Result:小宮忠義 wins 2-1

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る