ラウンド 11 森勝洋 vs. 佐々木祐介

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 1日

By 丸山智寛

10 Round 終了時点で 7 勝 2 敗 1 分けと、あとのない佐々木。

ベスト 8 に入るには、 残り 2 戦で2 連勝をあげるしかない。幸いなことに、佐々木は白青の標準以上のデッキに恵まれている。

が、その前に立ちはだかるのは本日 4 連勝の森勝洋。森の勢いを佐々木はコントロールし得るのか。

Game 1

珍しく初手から考え込む後手の森。

やがて考えがまとまったか、《精励する農場労働者/Diligent Farmhand》からのスタート。

佐々木は森の長考を土地が不十分な状態からのスタート、とにらんでこれに《麻痺の感触/Stupefying Touch》。

果たして森、沼を置いて《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》。

どうやら初手に出すクリーチャーの効率を計っていたようだ。一方、土地に困ったのは佐々木の方。《予報/Predict》を自らのライブラリにうち、3枚目の土地を求める。

森、《クローサの修復者/Krosan Restorer》。

攻めは細いながらも、良好な立ち上がりを見せる。佐々木、土地が 3 枚と窮屈な中から《尊い癒し手/Hallowed Healer》を召還。時間を稼ぐ構えだ。

が、森は《ケンタウルスの酋長/Centaur Chieftain》で急襲。思わず唸る佐々木。

返すターン、佐々木は《監獄鎧/Cagemail》で《ケンタウルスの酋長/Centaur Chieftain》を食い止める。弱い《平和な心/Pacifism》でしかないカードだが、佐々木の攻め手は飛行クリーチャー群。デッキとの相性がこのカードの価値を高めている。

森、《ひどい憔悴/Crippling Fatigue》で《尊い癒し手/Hallowed Healer》を除去し、攻撃。佐々木、やっと土地を引くがタップインの《海底の瓦礫/Seafloor Debris》。しかたなく《墨吐きセファリッド/Cephalid Inkshrouder》を出して終了。これは森の《クローサの修復者/Krosan Restorer》と相打つが、森は《変態するワーム/Metamorphic Wurm》を召還。スレッショルドにはまだ遠いが、十分なプレッシャーを与えている。

さらに土地を得た佐々木は《寄生牙のカニ/Wormfang Crab》を召還。森は《海底の瓦礫/Seafloor Debris》を指定。これでなんとか戦線を停滞させたい佐々木だが、森は《秘儀の教示/Arcane Teachings》を《変態するワーム/Metamorphic Wurm》に貼って総攻撃。ライフが9の佐々木、現在 5/5 の《変態するワーム/Metamorphic Wurm》をブロックする道もあるが、《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》をブロックすることを選択。援軍に望みを託す。

平地を含む5 マナを立てたままターンを返した佐々木。《考え直し/Second Thoughts》を誰もが意識するこの場面、森は《クローサの修復者/Krosan Restorer》 2 体目を召還するのみでターンを返す。このまま《秘儀の教示/Arcane Teachings》で本体にダメージを与え続ければ勝ちは揺るがないのだ。

それを待つわけにはいかない佐々木は《霊気の噴出/Aether Burst》で《変態するワーム/Metamorphic Wurm》を森の手札に戻し、《心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard》を召還。

なんとか時間を稼ごうとするが、森は《魂の災い魔/Soul Scourge》を召還し勝負を決めた。佐々木の序盤の遅れが悔やまれる。

森 1 – 0 佐々木

Game 2

先攻佐々木。

森、マリガンを迷う素振りを見せつつもスタートを決意。

佐々木、《心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard》を橋頭堡に《尊い癒し手/Hallowed Healer》を召還。

森、3 ターン目に力強くドロー。見事に森を引き当てる。実は1ランドからのスタートだったらしい。「たまには事故ってくれよ」と冗談交じりに佐々木。森は《鋼胴の甲虫/Ironshell Beetle》を召還、先刻召還済みの《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》に +1/+1 カウンターを乗せて攻撃。

森、続くターンにもドロー森。佐々木の「走る?」の問いに屈託なく「うん」と答え、《ケンタウルスの酋長/Centaur Chieftain》が登場。

動きのない佐々木を攻め立てるように《ドルイドの収穫者/Harvester Druid》、《精励する農場労働者/Diligent Farmhand》と展開。マナベースでも優位に立つ。佐々木、除去を警戒しつつも《遊牧の民のおとり/Nomad Decoy》を召還。すかさず森は《ひどい憔悴/Crippling Fatigue》を《尊い癒し手/Hallowed Healer》に。これは《心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard》の能力に阻まれるが、当然FBで《遊牧の民のおとり/Nomad Decoy》を除去。

森は《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》、《精励する農場労働者/Diligent Farmhand》、《ケンタウルスの酋長/Centaur Chieftain》で総攻撃。佐々木の《尊い癒し手/Hallowed Healer》はプロテクション(黒)を得ており、《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》(現在 2/2 )をブロックし、本体を 2 点軽減するという動きも取れる。が、佐々木の決断は《精励する農場労働者/Diligent Farmhand》を除去すべくブロックし《尊い癒し手/Hallowed Healer》自身を軽減。 5 点を甘んじて受け、ライフは 9 。

佐々木、《ティーロの信者/Teroh’s Faithful》を召還、ライフを 13 に戻す。

森は《魂の災い魔/Soul Scourge》を召還、佐々木のライフを奪い、さらに《変態するワーム/Metamorphic Wurm》を召還。佐々木は《天使の壁/Angelic Wall》《幻影の群れ/Phantom Flock》を召還、ここで戦況は大きく停滞した。

さしもの森も動けず、機をうかがう。佐々木もまた、動きはなくターンが過ぎていく。

先に動きを見せたのは森。《秘儀の教示/Arcane Teachings》を《鋼胴の甲虫/Ironshell Beetle》につけようとする。万一バウンスされても美味しい形だが、佐々木はサイドボードからの《液化/Liquify》で応酬。

再びの膠着状態となるが今度は佐々木が仕掛ける。十分な手札から《空翼のエイヴン/Skywing Aven》を召還。森は《病的な飢え/Morbid Hunger》を《尊い癒し手/Hallowed Healer》に撃つが、佐々木は《励まし/Embolden》で撃退。森の揺さぶりに耐えてみせる。《生まれ変わった勇士/Reborn Hero》を戦列に加えた佐々木は(佐々木の墓地は現在 4 枚)、《空翼のエイヴン/Skywing Aven》で攻撃を開始。

森は《凶暴象/Rabid Elephant》を召還。これはさすがの佐々木の防御陣でも無償では止まらない。満を持して森は《尊い癒し手/Hallowed Healer》に《毒の臭い/Toxic Stench》(非スレッショルド)。佐々木はこれを《エイヴンの戦略/Aven Warcraft》で回避。

森は《凶暴象/Rabid Elephant》での攻撃を敢行するが、《生まれ変わった勇士/Reborn Hero》で防御した佐々木は自らのライブラリに《予報/Predict》。これでスレッショルドに達し、《生まれ変わった勇士/Reborn Hero》が永遠のブロッカーと化した。

鉄壁を思わせる防御陣に苛立ちを隠せない森。佐々木は《空翼のエイヴン/Skywing Aven》で攻撃を加えつつ、勝利を浮動のものとするべく 4 マナで《打開/Breakthrough》を放つ。森はここで全戦力での攻撃を決意。《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》の能力を起動し、《変態するワーム/Metamorphic Wurm》を強引にスレッショルドさせてみせる。が、これに《懲罰/Chastise》が突き刺さる。7 点のライフを得て、大きく死から逃れた佐々木。

だが、森もこのままでは終わらない。《灰毛の定め/Grizzly Fate》を放ち、 5 体の熊トークンを召還。意地を見せ、ギャラリーを大いに沸かせた。

手札の豊富な佐々木は勝機を感じたか、《幻影の群れ/Phantom Flock》も攻撃に参加させ、大きなストライドで勝利に近づいていく。森は《灰毛の定め/Grizzly Fate》をフラッシュバック、 10 体の熊トークンが並ぶ。

続くターン、森は祈りながらも《シートンの願望/Seton’s Desire》を《ケンタウルスの酋長/Centaur Chieftain》につけ、全員で攻撃。佐々木は《霊気の噴出/Aether Burst》でこれに応え、森を投了に追い込んだ。

森 1 - 1 佐々木

Game 3

佐々木は森のスレッショルド攻勢に対抗すべく、《忘却の掌握/Grip of Amnesia》をサイドから投入。タイミングよく決まれば面白い効果を生みそうだ。

先攻は森。両者ともにマリガンなし。

佐々木は再び《心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard》からのスタート。森はこれに《毒の臭い/Toxic Stench》で応じる。森は《クローサの修復者/Krosan Restorer》、佐々木は《空翼のエイヴン/Skywing Aven》と、それぞれ展開。

ここで森は速攻に出る。迷いながらも《象の導き/Elephant Guide》を《クローサの修復者/Krosan Restorer》にエンチャントし、果敢に攻撃。

佐々木は《遊牧の民のおとり/Nomad Decoy》でこれに応じる構え。森はこれを除去できず。佐々木はさらに《空翼のエイヴン/Skywing Aven》を召還。 2 体の《空翼のエイヴン/Skywing Aven》によるクロックを前に、しかし森は《汚い野犬/Filthy Cur》《戦場のたかり屋/Battlefield Scrounger》を召還することしかできない。佐々木はさらに《霊気の噴出/Aether Burst》で《象の導き/Elephant Guide》つきの《クローサの修復者/Krosan Restorer》を手札に戻し、一安心。それでも森は「まだまだですよ」と静かに闘志を奮い立たせる。

森はおもむろに攻撃を宣言。

佐々木は《汚い野犬/Filthy Cur》をタップ、《懲罰/Chastise》 がある様子を見せる。強気にいけばすべてを失う森は慎重に《クローサの修復者/Krosan Restorer》のみで攻撃、佐々木はこれをスルー。

攻撃後、森は手中の《病的な飢え/Morbid Hunger》をどこかに撃たなければいけない局面。だが、どこに撃つ。佐々木の場には《空翼のエイヴン/Skywing Aven》2体、《遊牧の民のおとり/Nomad Decoy》すべてタップ状態。おきている土地は平地1、島が4。森が選んだ対象は、成功すれば最も高い効果のあがる《遊牧の民のおとり/Nomad Decoy》。しかし、佐々木の《励まし/Embolden》により、逆転には至らないもののライフ獲得により貴重な時間を稼ぐ。

つづく森のターン、ここで土地を引けば《クローサの修復者/Krosan Restorer》により《病的な飢え/Morbid Hunger》をフラッシュバック、さらなるライフを獲得できる。が、佐々木は油断することなくアップキープに《遊牧の民のおとり/Nomad Decoy》で《クローサの修復者/Krosan Restorer》をタップ。堅実なコントロールにより、佐々木がこの大一番を制した。

Final Result : 佐々木 Win

Mori Katsuhiro

Download Arena Decklist
ソーサリー (3)
1 Grizzly Fate 1 Crippling Fatigue 1 Morbid Hunger
インスタント (1)
1 Toxic Stench
土地 (17)
9 Forest 1 Mountain 6 Swamp 1 Bog Wreckage
他 (5)
1 Nantuko Disiple 2 Petrid Imp 2 Krosan Restrer
40 カード

Sasaki Yuusuke

Download Arena Decklist
ソーサリー (1)
1 Breakthrough
インスタント (4)
1 Aven Warcraft 1 Predict 1 Embolden 1 Chastise
エンチャント (2)
1 Cagemail 1 Stupefying Touch
土地 (16)
9 Plains 7 Island
他 (3)
1 Normad Decoy 1 AEther Burst 1 Seafloor Debins
40 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る