ラウンド 11 : 真木 孝一郎 vs. 志村 一郎

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 20日

By Yukio Kozakai

真木「がけっぷち対決よね」

と、言う通り。もう1敗も1分け許されない綱渡りが早くも訪れていた。この綱渡りに失敗した瞬間にサーカスは幕を閉じるのだ。その試練が、1人の伝説の男と1人の若者に課せられている。

デッキは真木が赤白、志村が黒緑をドラフトしており、ピック内容を見る限りには志村が若干有利か。真木のデッキに仕込まれた2枚の《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》が火を噴くか、それとも志村の速攻が決まるか。

そんな2人の戦いは、試合開始の合図がかかっても誰も気付いておらず、ちょっと慌しく始まったのだった。むむ、お喋りが過ぎたようで。

Game 1

ダイスロールで先攻は志村。早速《大蛇の野伏/Orochi Ranger》《悪逆な大峨/Villainous Ogre》でビートダウンを仕掛けて先制する。

対する真木は《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》1号をブロッカーに調達して《悪逆な大峨/Villainous Ogre》と相打つが、志村の4ターン目のアクションは《血塗られた悪姥/Wicked Akuba》と《野太刀/No-Dachi》。

ここまで常にフルタップで最高効率のダメージを叩き出している志村は、真木が《霜投げ/Frostwielder》をプレイするのも気にせず《希望の盗人/Thief of Hope》を追加。

しかし、真木は踏み止まる。

すぐに《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》2号をプレイグラウンドに送ると、《大蛇の野伏/Orochi Ranger》を《霜投げ/Frostwielder》で排除し、《祝福の息吹/Blessed Breath》で守られた《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》が《野太刀/No-Dachi》装備の《血塗られた悪姥/Wicked Akuba》を撃退。《希望の盗人/Thief of Hope》も《山伏の炎/Yamabushi's Flame》で火葬すると、《溶岩の魂/Soul of Magma》を戦線に加える。

ダブル砲台にサポートされた真木の陣内をどうにかすべく、志村も引き込んできた《霊魂の奪取/Rend Spirit》で《溶岩の魂/Soul of Magma》を除去。《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》を加え、手札の《苔の神/Moss Kami》をプレイするマナは整った。真木は果敢に《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》2号でのアタックを続け、ライフレースは真木が8、志村が11。

土地は置きたいのだが、自らの《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》が戒めとなって手札の2枚の土地をプレイ出来ず、《手の檻/Cage of Hands》を《苔の神/Moss Kami》に貼り付けるのが精一杯の真木。チャンプブロッカーに《灯籠の神/Lantern Kami》を迎え入れるが、真木の攻撃が志村の中核に入り込める要素が見当たらない。

志村の《尊い蜘蛛/Venerable Kumo》と、《野太刀/No-Dachi》付きの《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》が襲い掛かる。残ライフ3。真木の手札には、このターン引いてきた《狐の裂け目歩き/Kitsune Riftwalker》と《不退転の意志/Indomitable Will》がある。《平地/Plains》を2枚しかコントロールしていない真木が頭を抱える。

《平地/Plains》をプレイすれば、ライフは1になる。
《平地/Plains》をプレイしなければ、このまま決められてしまう「かも知れない」。

「かも知れない」

とりあえず《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》でアタックをした後、真木が下した決断は、《平地/Plains》を「プレイする」事だった。

Kitsune Riftwalker

チャンプブロックに回した《灯籠の神/Lantern Kami》が墓地へ行き、志村がブロッカーとして《狩猟の神/Kami of the Hunt》をプレイした後に、真木に最終ターンが返ってきた。

さて、真木が残ライフ4の志村を倒す為の材料は、以下の3つだ。

①《狐の裂け目歩き/Kitsune Riftwalker
②《不退転の意志/Indomitable Will
③《霜投げ/Frostwielder

あ、大事な事を忘れてた。

④志村のブロッカーは、全員スピリット

真木 1-0 志村

Game 2

先手の志村が《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》をプレイする所から始まる中速スタート。

真木は再び《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》を召喚して迎え撃つ展開だが、土地が3枚でストップしてしまう。仕方無しに《燃えさし拳のずべら/Ember-Fist Zubera》を追加して志村の出を伺うが、《霊魂の奪取/Rend Spirit》で《燃えさし拳のずべら/Ember-Fist Zubera》を失い、さらに志村は《聖鈴の僧団/Order of the Sacred Bell》をプレイし、ダメージを覚悟の上《森/Forest》をプレイ。《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》を追加してターンを返した。

これはもう、手札には《苔の神/Moss Kami》があると宣言しているのと同じだ。

真木の手札には2枚の《氷河の光線/Glacial Ray》。ようやく4枚目の土地を引けた真木が、連繋で《聖鈴の僧団/Order of the Sacred Bell》を除去するが、やはり志村の手の内には《苔の神/Moss Kami》が降臨を待ちかねていた。

真木が抑止力に追加出来たのは《百爪の神/Hundred-Talon Kami》。これも《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》をブロックした後に《木霊の力/Kodama's Might》で倒れ、再び真木の場には《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》が1人ぼっちに。土地を置ければ《地揺すり/Earthshaker》などを展開出来るが、飼い犬の《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》に噛み付かれるのが今は痛すぎて耐えられない。

志村の攻撃陣は《尊い蜘蛛/Venerable Kumo》《苔の神/Moss Kami》《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》と揃い、反撃不可能と見るや真木はカードを片付け始めた。

真木 1-1 志村

Game 3

先手の真木が苦い表情。
相変わらず《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》に愛されているのか、彼らは確かに手札に2枚見える。だが、肝心の土地が1枚しか見当たらない。仕方なくマリガンを宣言する。

6枚スタートながら《燃えさし拳のずべら/Ember-Fist Zubera》《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》とプレイし、志村は《森/Forest》を引くのが1ターン遅れたものの、《謙虚な武道家/Humble Budoka》《狩猟の神/Kami of the Hunt》と呼び出して地上を固める。

真木の手札には《抑えきれない怒り/Uncontrollable Anger》。

志村が殴りかかってきた所で、《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》にそれをエンチャントして《謙虚な武道家/Humble Budoka》を除去するが、《狩猟の神/Kami of the Hunt》を止めた《燃えさし拳のずべら/Ember-Fist Zubera》は、真木がプレイしていた《狐の易者/Kitsune Diviner》を《肉体の奪取/Rend Flesh》する事で増強され、計算通りに除去とは行かなかった。

返しの攻撃も志村の《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》で食い止められ、マナを拡張した志村が《呪われた浪人/Cursed Ronin》《希望の盗人/Thief of Hope》と連続召喚して直線一気の体勢だ。

真木はというと、先程の戦闘の応酬で見ごたえあるシーンを演じたものの今度は土地を引き過ぎており、延々《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》が強制パンチを仕掛けるのみ。

ズラリ並んだ志村のクリーチャー群を前に、土地だけではどうにもならなかった。

真木 1-2 志村

Final Results : Winner is 志村 一郎 !!!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る