ラウンド 12 : 大塚 高太郎 vs. 秋山 貴志

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 21日

By Kenji Matsui

残り 3 試合。
これを消化すれば次は決勝ラウンドがプレイヤーを待ち構える。

だが決勝に残れるのは 8 人と狭き門であるが、このフィーチャーマッチでは、 1st pod でドラフトした最も決勝ラウンドに近いプレイヤー達である、大塚と秋山の試合をお送りする。

大塚は 1 敗 1 分、秋山は 1 敗と、まだあと一回は負けれるラインではあるが、気を楽にする為にも、あと 1 回をさくっと勝ってしまいたい所である。

Game 1

先手大塚。
《献身的な家来/Devoted Retainer》、《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》と順調に展回し、《狐の易者/Kitsune Diviner》を出して攻守両面で素晴らしい序盤を過ごす。

対する秋山は、《狐の易者》、《川の海神/River Kaijin》と出すが、相手にはスピリットなしと、大塚の攻撃に対する抑制にはならない。

とりあえずはと、白青では大きな脅威となる「畏怖」つきのクリーチャーである《鼠の殺し屋》を《秘教の抑制/Mystic Restraints》で封じ込め、とりあえずは一息。《鼠の殺し屋》をなんとかしてしまえばあとはどうにかしよう秋山。

《空民の鏡術士/Soratami Mirror-Mage》を出し、ゆっくり攻撃を加えつつ、自身の能力によって大塚のクリーチャー展回を邪魔する。

だが、秋山も攻め手に欠ける。序盤に押された事もあってか、後続を引けないまま《空民の鏡術士》で戻し続け、そろそろ土地の数も手札の数も限界が来ている。

必死に《天空のもや/Ethereal Haze》を使用し、自身の空民シリーズもチャンプブロッカーとして使い捨てる日々を過ごし、打つ手が尽きた秋山のライフは 0 を割った。

大塚 1 – 0 秋山

Game 2

変わって先手は秋山。

序盤は《狐の易者》を出すに落ち着くが、対する大塚は必死に攻める。

《献身的な家来/Devoted Retainer》、《今田の旗本/Konda's Hatamoto》、《虚飾の道の神/Kami of the Painted Road》と並べ、邪魔な秋山の《狐の易者》を除去すべく、まず《来世への旅/Otherworldly Journey》を《献身的な家来》に指定し、そこへ連携で《氷河の光線》を繋げて《狐の易者》除去。

邪魔物を退けた上に、手札に除去が残った大塚は、そのまま無心にアタックを繰り返す。

この時点でライフは 10 を割り、対抗しようにも手段がない秋山がそこで引くのは《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》と解決にならないカード。

有効牌を引けと、やはり 1 本目と同じく《天空のもや》や《祝福の息吹/Blessed Breath》でお茶を濁しつつ耐えるが、引けども土地ばかりと、大塚のクリーチャーに秋山は蹂躙された。

Final Result : 大塚 2 – 0 秋山

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る