ラウンド 12:

更新日 Event Coverage on 2004年 3月 21日

By 藤枝 勇

1回目のドラフトと同じ様に親和を組んだ Gomersall と赤緑のビッグスライを組んだ Ruel 。共に 3 敗同士で Best 8 に残るためには 3 勝が必須となる戦いになった。

Game 1

序盤ランドが引けずに苦しんだ Ruel だったが《絡み森のゴーレム/Tangle Golem》と《錆胞子の羊/Rustspore Ram》をブロックされたところに《捕食者の一撃/Predator's Strike》でトランプルダメージを突き抜けさせる。一度は Gomersall が撃った《肉体の裏切り/Betrayal of Flesh》( 双呪:墓地から《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》)で場にクリーチャーが一体もいない状態になってしまうが、そこからもインスタント召喚可能な《絡み森の蜘蛛/Tangle Spider》で《ヴィリジアンのシャーマン/Viridian Shaman》をブロックしてきっちり逆転。

Gomersall は Ruel が事故の間に決めてしまいたかったのだが、若干攻めが細かった。

Ruel 1 – 0 Gomersall

Game 2

Gomersall が《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》を出し、 Ruel の《テル=ジラードのトロール/Trolls of Tel-Jilad》に《本質の吸収/Essence Drain》を打ち込んで殺すと、そこまで静かだったゲームが動き始めた。

Gomersall の《銅の蹄のヴォラック/Copperhoof Vorrac》をブロックと《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》で殺して、《テル=ジラードの射手/Tel-Jilad Archers》と《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》のにらみ合いになるかと思われたが Gomersall が《残響する勇気/Echoing Courage》をトップデッキ。更に《金属鱗のドレイク/Chromescale Drake》を戦線投入。

トップからめくれた《マイアの処罰者/Myr Enforcer》がそのままキャストされてしまい、《絡み森の蜘蛛/Tangle Spider》を若干匂わせていたRuel だったが、実際には手札には無し。飛行クリーチャーが止まらない為にゲームセットとなった。

Ruel 1 – 1 Gomersall

Game 3

1 本目は線が細かった為に止めが刺せず逆転された Gomersall だったが、今度は 4 ターン目から《水銀のビヒモス/Quicksilver Behemoth》《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》と一気に展開。Ruel も手札はそこそこ良いのだが肝心な物がひけない・・・・・・そう、土地が。

Final Results : Sam Gomersall Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る