ラウンド 13: 射場本 正巳 vs. 塩津 竜馬

更新日 Event Coverage on 2003年 11月 9日

By 長岡 崇之

いよいよ正念場である。射場本はこの13回戦と14回戦と両方勝たなければならないのに対して塩津はここで勝てば次は引き分けでトップ8に入れるのだがそれにはまずここで勝たなければならない。トップ8への進出への大きな足がかりとするのは射場本か塩津か?

Game 1

射場本は《レオニンの円月刀/Leonin Scimitar》《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》《ヴィリジアンの社交家/Viridian Joiner》と並べるが塩津は《鉛のマイア/Leaden Myr》さらに場の《レオニンの円月刀》《骨断ちの矛槍》とつくと大量のマナとなる《ヴィリジアンの社交家》を《恐怖/Terror》で沈めておく。

塩津は《銀のマイア/Silver Myr》《屍賊の金切り魔/Nim Shrieker》と並べるのに対し青マナのない射場本は《忍び寄るカビ/Creeping Mold》で《銀のマイア/Silver Myr》を始末するぐらいしかできることがなく、塩津のほうが《機械仕掛けのヴォラック/Clockwork Vorrac》を追加すると、クリーチャーのいない射場本のライフをあっという間に0にしてしまった。

射場本 0-1 塩津

Game 2

射場本は《骨断ちの矛槍》《ニューロックの使い魔》《レオニンの円月刀》2体目の《ニューロックの使い魔》と素早く並べるのに対し塩津は《ドラゴンの血/Dragon Blood》《秘宝の破滅/Relic Bane》ぐらいしか唱えられないのだが、射場本の土地は2で止まってしまっている。

そうするうちに塩津から《トリスケリオン/Triskelion》が登場して2体の《ニューロックの使い魔》を除去されてしまいさらに《ドラゴンの血》《トリスケリオン》のコンボが決まってしまい、土地が3枚しかない射場本はそのまま押し切られてしまった。

射場本 0-2 塩津

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る