ラウンド 13: 志村一郎 vs. 藤田剛史

更新日 Event Coverage on 2002年 10月 13日

By 松井健治

ラウンド 13 で 2 敗同士でフィーチャーマッチに呼ばれた 2 人は、志村と藤田。

藤田は今大会初めてのフィーチャーで、このプレイヤーについては今さら何も語ることは無いが、なんとこの対戦相手である志村は、本日が初めてのロチェスタードラフトなのだそうだ。

だが、出来上がっているデッキはなかなかに良い白黒デッキで、これは面白い戦いを期待できそうである。

Game 1

志村と藤田志村先手でゲームが始まり、 2 ターン目に出した《戦場の衛生兵/Battlefield Medic》を攻撃した所で、藤田が《活力の魔除け/Vitality Charm》で昆虫トークンを発生させ、ブロックされたところから、志村のテンポが狂い始める。

返す藤田は《憑依された死者/Haunted Cadaver》を変異を呼び、次のターンにはこれを表て志村にディスカードを迫る。
そこで志村は不必要な土地とカードを捨てたのだが、なんとこれが命とり。

志村の残りの手札には《うろつくセンザンコウ/Prowling Pangolin》、《残酷な蘇生/Cruel Revival》、《平和な心/Pacifism》と残し、後の展開にしっかり耐える為のカードがしっかり用意されている。

だが、志村はいつまでたっても 5 枚目の土地を引けない。

藤田が軽快に攻め入ってくるのを、なんとか《平和な心/Pacifism》で耐えるのだが、 5 マナ揃った頃にはもう時既に遅し。
なんとか《残酷な蘇生/Cruel Revival》を打つも、残りのクリーチャーに蹂躙されてしまった。

志村 0 - 1 藤田

Game 2

今度はお互い十分に回り、志村が十分なカードパワーで藤田の懐に飛び込んでいく。
プレイも非常に真っ直ぐで、明らかに格上の藤田に対して丁寧にミスも無くプレイを続ける志村。

お互いこつこつとアドバンテージを積み、あと一歩で決着の所まで行ったのだが、ここでまたまた土地ゾーンに飛び込んでしまった志村。

その間に藤田はこつこつと場を固め、《幸運を祈る者/Wellwisher》が回りだした頃にはもう手の届かない所まで行ってしまい、そのままゲームは終了。

これで藤田のベスト 8 入りが確定した。

志村 0 - 2 藤田

Final Result : 藤田 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る