ラウンド 14: 覚前 輝也 vs. 高桑 祥広

更新日 Event Coverage on 2004年 6月 12日

By 松井 健治

 日本選手権最終ラウンド。

 スタンダードとブースタードラフトが交互に行われる変則マッチを勝ち抜き、あと 1 歩で日曜日だ。栄光を賭けて、覚前と高桑の戦いがこれから始まろうとしている。

 覚前はこの試合に勝った上で、他のプレイヤーが敗北しないといけない確定ラインではないが、高桑はここを勝利すれば明日が確定する。

 意地をかけた正念場の一戦、勝つのはどちらか。

Game 1

 先手覚前。

 2 ターン目に《衝動のタリスマン/Talisman of Impulse》を出せば、返す高桑のターンに彼は《貪欲なるネズミ/Ravenous Rats》を出して、覚前にディスカードを迫る。

 まずは軽く牽制と言ったところで、高桑の行動が終わると、覚前は早々に《衝動のタリスマン》から色マナを出し 1 点食らい、マナバーンで 1 点食らいと、着々と《溶鉱炉の脈動/Pulse of the Forge》の準備を始める。

 高桑のデッキは赤黒緑のコントロールデッキで、クリーチャーや親和に対しては非常に猛威を振るうデッキであるのだが、バーンデッキ・・・特に《溶鉱炉の脈動》は天敵ではないだろうか。

 緩慢に《貪欲なるネズミ》で攻撃を繰り返す高桑に対し、覚前はマナバーンなどでライフを調整して高桑に一発ずつ打ち込んでいく。

 だが、惜しくも序盤の《貪欲なるネズミ》で捨てたカードが《大焼炉/Great Furnace》であり、覚前の場にある赤マナは 6 枚中 3 枚と、1 ターンに《溶鉱炉の脈動》を 2 度撃つマナがない。

 それのおかげで高桑は覚前に焼き尽くされる前にと《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》をキャスト。

 このままで行くと、マナバーンでダメージを食らい過ぎてライフが残り少ない上に、マナが足りない覚前は次のターンの高桑の攻撃できっちり敗北してしまう。

 だがそこは初手からあった《紅蓮地獄/Pyroclasm》で一掃する覚前。

 これにより、覚前が《溶鉱炉の脈動》を打ち切る事の出来る時間が確保され、そのまま高桑のライフは 0 に。

覚前 1 - 0 高桑

Game 2

 高桑に先手が移る。

 2 ターン目に《衝動のタリスマン》から入り、 3 ターン目に変異を出すが、これは即座に《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》で処理され、その正体は《ナントゥーコ自警団/Nantuko Vigilante》。

 その間覚前は、ゆっくりと土地を並べ、《溶鉄の雨/Molten Rain》で高桑の土地を壊しつつ、《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を出してマナを伸ばして高桑に攻撃を加える。

 そこから続けて高桑。
 《貪欲なるネズミ》を出し、そこへ《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を。

 更にこのドローで手にいれた《包囲攻撃の司令官》をフェッチランドやタリスマンを経由して場に放ち、その子であるトークンを更にドローへと変換していく。

 だが、幾ら手札を伸ばせど全てを無視して本体に飛んでくるバーンスペルを完全に回避する方法は高桑のデッキには用意されておらず、サイドボードから投入した《迫害/Persecute》を打ち、これで無理矢理墓地へ叩き落すぐらいしか手段として用意されてない。

 まだまだ攻撃の手を止めない覚前。

 相手からのダメージを 1 点でも多く回避しなければいけない高桑は、《真面目な身代わり》を《包囲攻撃の司令官》でブロック。

 さて、この時点で高桑のライフは 14 で、覚前の手札には 2 枚の《爆片破/Shrapnel Blast》。

 既にほぼ射程圏内に捉えた状態の覚前に対し、高桑は必死にドローを伸ばしてダメージ源の確保に回る。

 だがその甲斐虚しく、覚前が《溶鉱炉の脈動》を引き当て、計 14 点のダメージが高桑を焼き尽くした。

Final Result : 覚前 2 - 0 高桑

Kakumae Teruya

Download Arena Decklist

Akihiro Takakuwa

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る