ラウンド 14: Jeroen Remie vs. Zev Gurwitz

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 4日

By 松井健治

 本日の最終戦。
 日本の森勝洋と同じ卓にいた 2 人、 Jeroen Remie と Zev Gurwitz が フィーチャーマッチで対峙する。
 Remie は、まだプロツアーではあまり知られていない Netherlands 出身のプレイヤーで、今回のプロツアーには同郷の Tom Van de Logt や Kamiel Cornelissen らと登場した。
 対する Zev に関してのプロフィールとしては、 US Regionals で席巻した「Zevatog」をデザインしたプレイヤーと言ったほうが解り易いだろうか。

 Zevatog とは、 Sideboard Japan Online の Big Cup のデッキ分析記事の中で、藤田剛史が使用していたデッキを見てもらえば大体の雛型が解っていただけるだろうが、基本的な形としては《排撃/Repulse》と《霊気の噴出/AEther Burst》を 4 枚ずつ搭載し、《行き詰まり/Standstill》をうまく使った、Psycha-heaval デッキである。

Game 1

 先手の Remie は 1 ターン目に《入念な研究/Careful Study》を撃ち、《熊人間/Werebear》、《野生の雑種犬/Wild Mongrel》と、まるでスタンダードをプレイしているかのような動き。

 対する Zev は 3 ターン目に《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》を呼び、デッキを回転させるが、それ以上に何も展開できないでいる。

 そこへ更に攻撃を掛け、 突然《野生の雑種犬》をパンプアップし始める Remie 。
 それにはしっかりとした理由があり、捨てていたのは《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》。
 メインに戻り、これをフラッシュバックと、まるでスタンダードの試合を見ている様である。

 呆然と並ぶクリーチャーを見る Zev 。
 とにかく《セファリッドの物あさり》を使い、この事態をどうにかするカードを引きたいのだが、何も引かない。

 次の Remie のターン。
 Remie は 3 体で攻撃を始め、《野生の雑種犬》を 2 パンプすると、丁度墓地が 7 枚に。
 《熊人間》が 4/4 、《野生の雑種犬》 4/4 、ワームが 6/6 と一気に 14 点叩き込むと、 Zev はカードを片付け始めた。

Remie 1 - 0 Zev

Game 2

 先手を取った Zev は 3 ターン目に《セファリッドの物あさり》、 Remie は 2 ターン目に《野生の雑種犬》と、環境最強コモンの双頭を並べ合うところから 2 本目は開始される。

 Remie はここから、《地図作り/Cartographer》を出し、またまた《野生の雑種犬/Wild Mongrel》の能力から《ワームの咆哮》と、非情なまでのデッキの展開を見せ、このまま押しきりそうな勢いで攻め、 Zev は 4 マナタップし、ワームをバウンスするかと思えば、そこでキャストするのは《パーディック山の火猫/Pardic Firecat》...

 この場にはあまりに地味なクリーチャーの登場に Remie も驚きながら、これをワームトークンで踏み潰して行く。

 更に《セファリッドの物あさり》を回す Zev 。
 だがその中に解決策は含まれておらず、最後の最後まで強がって見るが、 Remie が攻撃宣言をしたところで、右手を差し出し、投了した。

Remie 2 - 0 Zev

Final Result : Remie Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る