ラウンド 15: 古川 健一 vs. 須藤 琢夫

更新日 Event Coverage on 2004年 8月 29日

By 松井 健治

激闘の予選ラウンドもこれでおわり。

最後のフィーチャーマッチ席に招待されたのは、互いに 11 勝 2 敗 1 分けの二人。勝っても 100 % べスト 8 に入れる訳ではないのだが、既に射場本正巳がベスト 8 入りを決めており、彼が既にプロツアーコロンバスの権利をもっている事によっての「繰り下がり」が発生する事が確定している。

と言う事は、ここで勝つとベスト 8 はなくともプロツアーへの参加権を手に入れることが出来るのだ。

そんな大事な一戦を古川と須藤で争う事となる。

Game 1

後手須藤の 1 回のマリガンを経て、 1 本目が開始。

まずは白青の古川に対して須藤は、《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》を出し、続けて 2 ターン目《火花鍛冶/Sparksmith》、 3 ターン目《火花鍛冶》と続けて展開。

Sparksmith

これは直ぐに《神の怒り/Wrath of God》が飛んで来るものとおもいきや、《正義の命令/Decree of Justice》を 3 ターン目にすぐさまサイクリングするなど、彼の状況は火の車なのであろうか。

ここに《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》を重ねた須藤は、状況を打破できない古川の背景を読んでコツコツと攻撃を加える。

そのコツコツも実を結び、このままだとなにもせぬまま敗北しそうな古川。やっと引き当てたのか、《神の怒り》をここでキャスト。

なんとその時には既にライフ 2 まで陥り、なにをされても負けるような状況である。

その場におちついて須藤は《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator》をキャストし、これを古川は 2 枚目の《神の怒り》で処理し。しかし、続けて須藤が出してきた《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》をカウンターできずに、そのまま古川は 1 本目を落とす。

古川 0 - 1 須藤

Game 2

再び先手は古川。

1 ターン目に《旅人のガラクタ/Wayfarer's Bauble》から入って、そのまま 3 ターン目に 4 マナを揃える事が出来たが、島が 3 枚に平地が 1 枚。
 
その間に須藤は《スカークの探鉱者》、《ゴブリンのそり乗り》、《宝石の手の焼却者》などを展開し、《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》は出そうとしたがこれは《マナ漏出/Mana Leak》によって妨害される事となる。

先ほどと同じく、《神の怒り》を引いていない様子の古川をコツコツ須藤がダメージを与え始め、たまに《正義の命令》のサイクリングでブロッカーを用意するなどの場面も見られたが、たいした解決にはならずにひたすらライフは減って行く。

傍目に見て、ただやられたい放題に見える古川だが、須藤が出した《包囲攻撃の司令官》を《巻き直し/Rewind》した所で古川は動く。

《正義の命令》をサイクリングして 8 体の兵士トークンを生み出し、メインのターンに 7 体で攻撃。そのまま《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》を場へ放って突然の立場逆転。

ここで、今自分の置かれている状況を確認しなおす須藤。

マナは足りるがカードはたりずと、見たままの盤面を解決できない事を認識した須藤はそのまま投了を宣言。

古川 1 - 1 須藤

Game 3

泣いても笑ってもこれが予選ラウンドの最後のゲーム。
その 3 本目を先手で動いたのが須藤。

Cabal Interrogator

1 ターン目《ゴブリンのそり乗り》、 2 ターン目《陰謀団の取調官/Cabal Interrogator》と白青に対して強烈なカードを通して早々にゲームが決まったかと思ったその返す古川のターン。

彼は変異クリーチャーを場に放った。

確実に《賛美されし天使/Exalted Angel》であろうあの変異を除去したい須藤。
すでにゴブリンは一枚場に出しており、手札には《宝石の手の焼却者/Gempalm Incinerator》。

そこへ 1 マナのゴブリンを引き当てる事さえできれば、即座にこの変異を除去できるのだが、残念にもそれは叶わず、とりあえず《ゴブリンの戦長/Goblin Warchief》を出して総攻撃を加えてみる。

さて、古川の 4 ターン目が訪れる。

白白青青とマナをそろえた古川はそのまま変異のコストを支払って《賛美されし天使》の姿を現して攻撃を始める。

だが、まだまだ目がなくなった訳ではない。

場に配置済みである《ゴブリンの戦長》が希望をもたらしてくれるに違いないと、まず 1 マナで《ゴブリンの群衆追い》を須藤がキャストすれば、それは古川の《巻き直し/Rewind》によってカウンター。

続いてもう 1 枚《ゴブリンの群衆追い》を重ねれば、これは《まごつき/Discombobulate》で成就ならず。

ではでは、と、なんと須藤は手札から 3 枚目の《ゴブリンの群衆追い》を出し、攻撃を開始。

回復の追いつかない攻撃を開始し、このままの殴り合いがそのまま行われると古川は試合に敗北してしまうわけだが、そこは今までと同じく《正義の命令》のトークン群によって須藤の攻撃を防ぎつつ、天使で殴りきったのだった。

Final Result : 古川 2 - 1 須藤

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る