ラウンド 2: 平林 和哉 vs. 池田 啓

更新日 Event Coverage on 2004年 6月 10日

By 藤枝 勇

GP岡山 Best 8、 GP 仙台 Top 16、 そして PT サンディエゴで 9 位と好調を維持し続ける「孤高のデッキビルダー」平林和哉。 
元々は構築のスペシャリストとして有名だった彼だが最近ではリミテッドでも成績を残して名実共に日本のトップレベルにあると言って良いだろう。

対して池田啓も数々のPTQを抜けてプロツアーに参加している知る人ぞ知る実力者で最近では GP 静岡で Best 8 入りしている。
2 人は友人同士であり、雑談を交わしながらのデュエルとなった。一見単純に見えて非常に複雑な親和同士のマッチアップだ。

Game 1

Arcbound Ravager

1 ターン目から平林はミラーマッチでのキーカードとなる《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》をキャスト。 2 ターン目は 2 マナで《金属ガエル/Frogmite》を出す今一な展開かと思われたが、次のターンにはセットと言っても良い《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》をキャストしてとりあえず一安心。

だが展開に関しては池田も負けてはいない。1ターン目《電結の働き手/Arcbound Worker》、2ターン目《頭蓋骨絞め/Skullclamp》《金属ガエル/Frogmite》更に3ターン目《物読み/Thoughtcast》《マイアの処罰者/Myr Enforcer》2体に《溶接の壺/Welding Jar》と一気に展開。

場のパーマネントの数では圧倒的に池田なのだが《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》のせいでダメージを受けているのは池田という展開。で、池田の手には《爆片破/Shrapnel Blast》。更に《溶接の壺/Welding Jar》《頭蓋骨絞め/Skullclamp》と追加して磐石となったところで《爆片破/Shrapnel Blast》を《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》に撃って決めにかかるかと思われた。
しかし、まだ大丈夫だろうと判断してか《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》をキャストしてここでターンエンド。

が、その返しのターンで残り 15 点となっていた池田のライフは《爆片破/Shrapnel Blast》 2 枚と 5 枚のアーティファクトによって削りきられてしまった。この爆発力が怖い。

平林 1 – 0 池田

Game 2

池田は土地が 1 枚だが《彩色の宝球/Chromatic Sphere》に《金属ガエル/Frogmite》《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と居るためにスタート。これが致命傷となる。

3 ターン目までにキャストしたスペルが《電結の働き手/Arcbound Worker》と《彩色の宝球/Chromatic Sphere》《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》と全く回っていない上に、平林側は 1 ターン目《電結の働き手/Arcbound Worker》 2 ターン目《頭蓋骨絞め/Skullclamp》《金属ガエル/Frogmite》《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》と最高ともいえる展開。さらに平林の3 ターン目には《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》・・・・・・どうしようもない池田は苦笑いすら浮かべていた。

だが、ここで池田が待望の 2 枚目の土地を引いて《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と 3 体の《金属ガエル/Frogmite》を一気に展開。余裕綽々だった平林の顔が一瞬曇る。

ここで平林が 0 マナアーティファクトか土地を引けば《炉のドラゴン/Furnace Dragon》をキャストでほぼ勝利となったのだが、引かずに《頭蓋骨絞め/Skullclamp》をつけるだけでターンエンド。この時点でも《爆片破/Shrapnel Blast》が手札に有るためにまだ大丈夫だろうとふんでいた平林だったが、池田がキャストした 2 体目の《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》に顔を歪める。

一応対応して 1 体は焼いてみたものの、平林のブロッカー 3 に対してアタッカーは 5 体。どうブロックしても《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》で死んでしまう状態となり、池田勝利。

平林 1 – 1 池田

Game 3

自分の油断で両者とも1本ずつ落としての 3 本目、序盤からとばすのは池田。

《電結の働き手/Arcbound Worker》、《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》、《頭蓋骨絞め/Skullclamp》《金属ガエル/Frogmite》と展開。それに対して平林が出来た事は《電結の働き手/Arcbound Worker》《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》と出すだけで、《物読み/Thoughtcast》を連打するが 3 枚目の土地を置く事も出来ずに池田の前に圧敗してしまう。

Final Results : 池田啓 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る