ラウンド 2 藤田剛史 vs. 石田格

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 30日

By 能西圭一郎

2 ラウンド目にしていきなり東西の優勝候補の筆頭同士の激突である。

やはりこういうマッチングが早々に組まれることがあるのも招待トーナメントである日本選手権の醍醐味であろう。

藤田のデッキはサイカトグ、石田のデッキは青緑対立である。

Game 1

藤田の先手スタート。石田の 2 ターン目《野生の雑種犬/Wild Mongrel》 3 ターン目《獣群の呼び声/Call of the Herd》を藤田は連発で《魔力の乱れ/Force Spike》。

が、つづいて連発で石田がキャストした《リスの巣/Squirrel Nest》の 2 枚目が通ってしまい、一気に苦しくなる。

だがしかし、青マナがなかなか揃わない石田に対して藤田はバンバンドロー強化カードを通していき、《激動/Upheaval》を 8 ターン目に仕掛ける。

石田の場にある青マナは1枚の島と《さびれた寺院/Deserted Temple》であり、 2 体の《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》が並んでいる藤田にカウンター合戦で勝てるはずも無くそのまま《サイカトグ/Psychatog》までつながり石田投了。

わずか 5 分の勝負であった。

藤田 1 - 1 石田

Game 2

マナ加速を順調に引き《リスの巣》を 2 ターン目に張り、そのまま《さびれた寺院/Deserted Temple》をセットする石田。

対する藤田はランドが 3 枚で止まり、 5 ターン目に藤田投了。

藤田 1 - 1 石田

Game 3

藤田のランドが 2 枚で止まり、そのまま石田の《枯渇/Mana Short》から《リスの巣/Squirrel Nest》が決まる。 石田の場には既に《さびれた寺院/Deserted Temple》がセットされており 2 対ずつ増えていくトークン。 しかも藤田が黒マナを引いたのはトークンが 7 体並んでからという引きの悪さ。あっという間にライフが無くなり石田の勝利に終わった。 筆者的に今大会参加メンバー中でも最高のマッチアップだと思っていただけに、事故という結果に終わったのは残念でならない。

Final Result : 藤田 1 - 2 石田
石田 Wins

Itaru Ishida

Download Arena Decklist
クリーチャー (15)
4 Birds of Paradise 4 Llanowar Elves 4 Wild Mongrel 3 Kavu Titan
ソーサリー (4)
4 Call of the Herd
インスタント (10)
4 Counterspell 2 Circular Logic 4 Fact or Fiction
エンチャント (7)
4 Squirrel Nest 3 Opposition
他 (4)
4 Yaviyama Coast
60 カード

Tsuyoshi Fujita

Download Arena Decklist
クリーチャー (8)
4 Nightscape Familiar 4 Psychatog
ソーサリー (8)
2 Probe 2 Upheaval 1 Lobotomy 3 Deep Analysis
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る