ラウンド 3:大礒 正嗣 vs. Ben Rubin

更新日 Event Coverage on 2004年 5月 14日

By 森 慶太

Masashi Ooiso

インビテーショナルからの連戦となった大礒正嗣がご当地アメリカのBen Rubinとのマッチアップで特別席に招待された。両者ともにここまで2連勝である。

Game 1

《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》、《ヴィダルケンの技術者/Vedalken Engineer》と親和色漂う立ちあがりのRubin。対する大礒は2枚の《森/Forest》から《電結のとげ刺し/Arcbound Stinger》。

《ニューロックのスパイ/Neurok Spy》、《銀のマイア/Silver Myr》とRubinが続け、大礒は《スパイ》に《拘引/Arrest》。続いてRubinは《電結のとげ刺し/Arcbound Stinger》を召喚し、大礒は《穴掘り掬い/Drill-Skimmer》で対抗した。

ハンドをダンプしてしまったRubinはここで《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》をコストに《秘儀の遠眼鏡/Arcane Spyglass》を起動し、ハンドを補充。

対する大礒は《テル=ジラードの狼/Tel-Jilad Wolf》をプレイグラウンドに追加し、アーティファクトがデッキのコアとなるRubinはこれをノータイムで《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》のターゲットとした。

両者ともアタック宣言を行えない膠着状態が続く中、Ben Rubinはここで《ルーメングリッドの占い師/Lumengrid Augur》をトップデッキ。

大礒は《秘儀の遠眼鏡/Arcane Spyglass》を《解体/Deconstruct》し、そのまま生成されたマナを活用して《十二の瞳/One Dozen Eyes》。ここでは1体の5/5クリーチャートークンを作り出すことを選択した。

Rubinは《物読み/Thoughtcast》から《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》プレイ。すると大礒は5/5トークンのみでアタック宣言し、Rubinはこれをスルー。ライフは13対18で大礒リードに。

続くターン。Rubinは《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》でアタック。これを大礒の《電結のとげ刺し/Arcbound Stinger》がブロックし、+1/+1カウンターが《穴掘り掬い/Drill-Skimmer》へと移動された。

戦闘終了後にRubinは《ルーメングリッドの占い師/Lumengrid Augur》を起動。《チス=ゴリアの鱗/Scale of Chiss-Goria》をディスカードして、再起動。ここでめぐりあった《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》をプレイグラウンドへと送り出した。

返すターン、大礒は5/5トークンでアタック。Rubinも今度はこれを《電結のとげ刺し/Arcbound Stinger》でブロックし、《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》に+1/+1カウンターを移す。この攻防の後に大礒は《テル=ジラードの狼/Tel-Jilad Wolf》2体目を召喚してターンを終えた。

返すターン、Rubinは3体でアタック宣言。《空護りの観察者/Hoverguard Observer》と3/2の《穴掘り掬い/Drill-Skimmer》が、《テル=ジラードの狼/Tel-Jilad Wolf》が《ルーメングリッドの占い師/Lumengrid Augur》と相打ちする。スルーされた《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》は1回パンプアップして4点。戦闘終了後に《金属ガエル/Frogmite》を戦線に加え、Rubinはターンエンドとなった。

大礒は《ファングレンの狩人/Fangren Hunter》を召喚し、次なる《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》のアタックは5/5トークンで相打ちとする。

大礒は4/4《ファングレン》でアタック宣言。これがスルーされてライフは9対14とリード。しかし、この大礒のエンドステップにRubinはなんと・・・

《溶鉱炉の脈動/Pulse of the Forge》!
大礒は目をパチクリしながら必死に計算をはじめる。
ともあれ、これが解決されてライフは9対10に。

そしてRubinは《カエル》と《マイア》でアタック宣言。ライフは9対7。
ここで大礒は《テル=ジラードに選ばれし者/Tel-Jilad Chosen》を召喚してエンド。
Rubinも2匹目の《銀のマイア/Silver Myr》を召喚のみで続くターンを終了。

そして大礒が《絡み森のゴーレム/Tangle Golem》を展開すれば、対するRubinが《ジャガーノート/Juggernaut》展開。

大礒は続くターンをドロー・ゴー。
Rubinは《ジャガーノート》アタック。もちろん、これはプロテクション・アーティファクトにて一件落着。

そして、運命のターン。
大礒にいわせると「・・・これが最後のターンだったんですよ」ということになる。

大礒正嗣はここでノータイムの全軍突撃し、Rubinは1/1クリーチャーたちをブロックにわりふる。

そして、「これしかない」というタイミングで引き当てた《捕食者の一撃/Predator's Strike》がBen Rubinを介錯したのだった。

大礒-1 , Rubin-0

Game 2

後手大礒が《レオニンの円月刀/Leonin Scimitar》をプレイし、これがこのゲームで最初のノンランド・パーマネントとなった。

一方の先手Rubinが起こしたファーストアクションはと言うと、大礒の《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot》を《無効/Annul》することだった。そこから返す自ターンに《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》を展開し、攻勢に転じた。

しかし、好調の大礒はここで《森/Forest》4枚から《絡み森のゴーレム/Tangle Golem》を展開し《レオニンの円月刀/Leonin Scimitar》をまとわせるという軽快な動き。

ここでRubinは《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》でアタック宣言。これがパンプアップされて大礒17。さらに戦闘終了後に《電結のとげ刺し/Arcbound Stinger》を召喚して《絡み森のゴーレム/Tangle Golem》のチャンプブロックをもくろんだのだった。

Rubinの想定どおり、大礒は《ゴーレム》アタックで《とげ刺し》を葬り、《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》が+1/+1された。戦闘終了後に大礒は《テル=ジラードに選ばれし者/Tel-Jilad Chosen》を続け、Rubinは《ヴィダルケンの技術者/Vedalken Engineer》召喚してターンを返してきたのだった。

そして、ここで大礒は動きを見せた。
《解体/Deconstruct》で2/5となった《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》を破壊し、2体目の《絡み森のゴーレム/Tangle Golem》を召喚。戦況に大きなインパクトをもたらしたのちに《ゴーレム》1号機でアタックを行った。

Ben Rubin

そんなこんなで戦線をズタズタにされてしまったRubinも、なんとか《厳粛な空護り/Somber Hoverguard》や《チス=ゴリアの鱗/Scale of Chiss-Goria》を展開して抵抗を試みた。

しかし・・・またしても大礒の《捕食者の一撃/Predator's Strike》がRubinの望みを絶ちきったのだった。

大礒-2, Rubin-0

Masashi Ooiso

Download Arena Decklist

Ben Rubin

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る