ラウンド 3 岡本 尋 vs. 熱田 直央

更新日 Event Coverage on 2004年 6月 11日

By 松井 健治

ラウンド 3
岡本 尋 vs. 熱田 直央
by 松井 健治

 本日のスタンダード部門の最終戦。ジグザグ形式のフォーマットが採用されているため、本日の残るラウンドはブースタードラフトということになる。

 ここで対戦するのが名古屋の重鎮である岡本と、最近の成長目覚しい熱田だ。岡本はマジック・インビテーショナルに人気投票で選出されるほどの国際派。対する熱田は現役高校生にして、昨年度日本選手権ベスト8だ。

 岡本はいつもの仲間と組み上げた、親和をメタの中心に据えた白青コントロール。普段では見かけないような仕掛けが施されているらしく、まだラウンド 3 と言うのに会場ではこのデッキが話題になっている。対する熱田は大本命の親和だ。

Game 1

 先手岡本。

Chrome Mox

 熱田の 1 ターン目の《囁きの大霊堂/Vault of Whispers》から《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》という動きを見て、2 ターン目に平地 2 枚の場から《金属モックス/Chrome Mox》を出し、早々に《減衰のマトリックス/Damping Matrix》を場へ展開する。

 親和デッキに強烈に効く 1 枚を放った岡本は、そのまま落ち着いて土地を並べはじめる。仕方が無くクリーチャーを並べつづける熱田に対し、ここで満を持して《神の怒り/Wrath of God》をキャスト。

 もう動く事のない熱田の《頭蓋骨絞め/Skullclamp》や《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》などを眺めつつ、 6 マナ揃った所で岡本は《清純な天使/Pristine Angel》を放ち、続けて《賛美されし天使/Exalted Angel》を。ここで熱田投了。

岡本 1 - 0 熱田

Game 2

 変わって熱田が先手。

 《囁きの大霊堂》、《大焼炉/Great Furnace》と並べて《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》を場へ。これは岡本にあっさり《粛清/Purge》されてしまうが、まけずに熱田は《物読み/Thoughtcast》でドローの先を見る。

 まだ熱田の場にはダメージ源となるアーティファクトが場になく、ドローとマナを貯めている段階。ここで岡本はとどめとなる《機械の行進/March of the Machines》で熱田の土地を吹き飛ばした。

 これにより熱田の場に残るのは《彩色の宝球/Chromatic Sphere》と《空僻地/Glimmervoid》の 2 枚。

 岡本はここで更に《減衰のマトリックス》、《清純な天使》、《賛美されし天使》と並べて熱田を下し、本日のスタンダードを無傷の 3 - 0 で終える事となった。

 ちなみに、池田剛と小倉陵の二人も3連勝を飾ったということであり、つまるところFireballの青白デッキは9-0という驚異的なパフォーマンスを残したのだ!

Final Result : 岡本 2 - 0 熱田

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る