ラウンド 3: 平林和哉 vs.谷口智也

更新日 Event Coverage on 2003年 8月 22日

By 能西圭一郎

SBJでのライター、デッキビルダーとしても有名な平林と谷口の対戦である。

谷口はゴブリンデッキに黒を足し《燻し/Smother》と《総帥の召集/Patriarch's Bidding》を足したデッキ、対する平林は赤緑黒のサイクリングコントロールデッキという珍しい選択をしている。

Game 1

お互いマリガン無しでゲーム開始。

後手谷口が《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》、《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》、《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》&《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》という3ターン目には4対のゴブリン
が並んでいるというすばらしいロケットスタートを展開。

Silvos, Rogue Elemental
対する平林は3ターン目に《稲妻の裂け目/Lightning Rift》を出して迎撃の構え。

そして4ターン目、平林は2度のサイクリングにより《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》と《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》を除去、しかし平林のライフははやくも11となる。そして谷口はさらに《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》を呼び出してターンをかえす。

5ターン目に平林は《絹鎖の蜘蛛/Silklash Spider》を召還しなんとかゴブリンの突進を止めようとする。

これに対して谷口は《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》を生贄にささげて《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》と《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》を召還しターンを返すものの平林はその2体を《稲妻の裂け目/Lightning Rift》で除去し、《絹鎖の蜘蛛/Silklash Spider》と《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》の相打ちは仕方ないという感じでターンを返す。

しかし、ここで谷口は3体目の《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》をトップデック。これを召還した後に《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》とトークンたちをレッドゾーンに送り出す。

仕方なく《絹鎖の蜘蛛/Silklash Spider》で《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》を止めるのだが、当然これに対して谷口は《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》の能力を使用して《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver
を生き残らせた。

苦しい平林はしかたなく《悪辣な精霊シルヴォス/Silvos, Rogue Elemental》をフルタップで召還し次ターン《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》相打ちに持ち込むことを選択、平林のライフも4まで追い詰められる。

しかし平林の引きも粘り強く、サイクリングカードを引き続けている。
これによりついに谷口の場からゴブリンの姿が消える。

ここで平林は2体目の《悪辣な精霊シルヴォス/Silvos, Rogue Elemental》を召還し、弾切れ状態の谷口のライフは一瞬にして0に。

平林が見事逆転勝利を収めた。

平林 1 - 0 谷口

Game 2

先手をとった谷口は微妙に重い土地2枚の初手をキープすることを選択する。しかしこれが裏目に出てしまった。

2ターン目《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》3ターン目《スカークの探鉱者/Skirk Prospector》4ターン目《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》と出すものの、それを《星の嵐/Starstorm》で一掃されてしまった後に、土地がが3枚でとまっている谷口は何もプレイすることが出来ない。

そんな谷口を尻目に平林は6ターン目に《悪辣な精霊シルヴォス/Silvos, Rogue Elemental》。あっという間に谷口の息の根を止めることとなった。

Final Result:平林 2 - 0 谷口

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る