ラウンド 3: 平林和哉 vs. 林智加良

更新日 Event Coverage on 2002年 3月 14日

By 藤田憲一

平林のデッキは、比較的スタンダードな《激動/Upheaval》《サイカトグ/Psychatog》デッキ。今日も各所で頻繁に見かける。

対する林のデッキは、同じ青黒ながらもややパーミッション色の強いデッキに。こちらは《激動》《ゾンビの横行/Zombie Infestation》がメイン。また、《チェイナーの布告/Chainer's Edict》に加えて《無垢の血/Innocent Blood》まで投入されており、クリーチャー対策は万全だ。

本人曰く、
「青黒サイカと青緑マッドネスをメタった。この 2 つにはまず負けない。」
とのこと。

果たして勝負の行方は如何。

Game 1

・・・と思ったら、平林が盛大な事故。8 ターン目まで《沼》二枚ではなにも出来ない。林のクリーチャーにボこられてオシマイ。

林 wins

Game 2

さすがにレポートにならないので、今度はちゃんと回って欲しい・・・という筆者の願いが通じたのか、今度は比較的まともな立ち上がり。
2 ターン目、平林が《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》で手札を確認すると、そこに除去は《チェイナーの布告》が一枚のみ。当然これを選択すると、返しの林のドローが《無垢の血/Innocent Blood》。

平林「せこーーーーーーーーー。」
「はい、確かにせこいです。」

さて場は淡々と進む。序盤は《よろめく大群/Shambling Swarm》を出すなど積極的に動いた林だが、それを除去されるとピタリと動かなくなる。
途中で《ゾンビの横行》をキャストするものの、ハンドが比較的充実していることと、平林のハンドに除去が固まっていることが予想されたので、ゾンビを出すわけにも行かない。

一方の平林も、林が大量の除去とカウンターを抱えているのを見ているため、やはり動けない。ときおり牽制の意味でキャストをしてみるも、林に的確に返されてしまう。

こうして、二人は「ドロー・ゴー」モードに入り、場にはランドだけがズラーーーッと並べられていった。

そんな局面が動いたのは、林の《消えないこだま/Haunting Echoes》からだった。なんとコレが通ってしまい、平林のライブラリーは 15 枚ほどがリムーブされ、さらに手札のカウンターが薄いことが林にバレてしまったのだ。

そしてこの時点で平林のライブラリーはあと 20 枚弱に。数ターン後、多少の攻防の末、平林のクリーチャーが数枚墓地に落ちたのを確認した林は、カウンターマナを大量に残しつつもう一度《消えないこだま》。

これによりライブラリーからすべての勝ち手段が失われた平林は、静かに投了した。

林 wins

Final Result:林智加良 2-0 平林和哉

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る