ラウンド 3: 熊谷 真一 vs. 宮森 正栄

更新日 Event Coverage on 2003年 8月 21日

By 松井健治

バイ 2 明けのラウンド 3 。
GP 札幌チャンピオン熊谷と、日本ジュニアではトップと名高い宮森との対戦だ。

宮森vs.熊谷去年の札幌のレギュレーションと言えば、今回と同じの限定構築。2 連覇の夢も含め、熊谷のテンションも上がっているようである。

双方とも、デッキの内容は Zombie Bidding 。腕と運がゲームを左右する。

Game 1

 熊谷、先手を取るもダブルマリガンスタート。

 苦笑いしながら 2 ターン目に《萎縮した卑劣漢/Withered Wretch》を出すと、返す宮森も同じく《萎縮した卑劣漢》。

 そのまま熊谷が《萎縮した卑劣漢》攻撃すると、互いにニヤリと相打ち。
 
 返す宮森のターン、更なる展開として変異クリーチャーを用意し、《有毒グール/Noxious Ghoul》を捨てて表がえるは《朽ちゆく猛禽/Putrid Raptor》。

 これに対して対抗できる手段と言えば相打ちがいいところだが、マリガンをして大幅に手札差があるこの状況ではダメージを通すしかなく、熊谷のライフは残り 16 。

 ここで熊谷は《ルーンの解読/Read the Runes》をキャスト。

 次の展開に向けての希望を探るが、初手から腐っていた《総帥の召集/Patriarch's Bidding》が更に増えるのみとの悲しいドロー。

 なんとか引いた《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》で《朽ちゆく猛禽》を一時的に返すも、後のターンに宮森が変異クリーチャーを 2 連打し、さらに攻撃をすると、なんと 2 枚とも《朽ちゆく猛禽》。

 《朽ちゆく猛禽》の表がえる能力によって、対《総帥の召集》も万全の場を、熊谷は覆すことができぬまま、殴られきる事となった。

熊谷 0 - 1 宮森

Game 2

 再び先手から開始の熊谷は、 3 , 4 ターン目に《腐れ肺の再生術師/Rotlung Reanimator》を 2 連打し、《萎縮した卑劣漢》を出している宮森は少し閉口。

 それに対抗せよと、《魂無き者/Soulless One》を配備する宮森だが、お構いなしに攻撃を繰り返す熊谷は、更なる《腐れ肺の再生術師》を配備。

  3 枚の《腐れ肺の再生術師》の後押しを受け、死んでは生き返る、まさにゾンビアタックモードで熊谷は攻め続け、とうとう焦れた宮森は総攻撃を開始するが、ブロックされることによって、熊谷のクリーチャーが死んでゾンビトークンが増える。
 だがそれも宮森は計算済みの事ではあったが、熊谷は宮森のターンエンドに、自分の《腐れ肺の再生術師》に《燻し/Smother》を撃つことによって更にゾンビトークンを増やして来たのだ!

 熊谷の場のクリーチャーと数と、自分のライフを数える宮森。

 圧倒的なゾンビトークンの前に、宮森は屈した。

熊谷 1 - 1 宮森

Game 3

 またも熊谷のマリガンからゲーム 3 が開始。
 熊谷の序盤の土地が止まってしまったかと思いきや、対する宮森が 2 枚でストップ。

 これはチャンスと熊谷は《朽ちゆく猛禽》を変異で出してから攻撃を開始し、《腐れ肺の再生術師》などのクリーチャーも並べてゆく。

  2 ターン遅れでやっと 3 枚目の土地を引いた宮森は、こちらもと《朽ちゆく猛禽》を変異で。

 そんな事は解っている熊谷も、そんな事ではひるまぬぞと総攻撃し、宮森のライフは危険なレベルまで落ちてきている。

 願いを込めて、必死にドローする宮森はやっと 4 枚目の土地を手に入れ、同デッキ対戦では強大な強さを誇る《魂無き者》を強固な壁として場に放つ。

 流石の熊谷も、現在 11/11 の大きさとなっている《魂無き者》に対して特攻する事は出来ず、そんな場に更に《魂無き者》を配備する宮森。

 勝ち目が見えてきたと所で、宮森がゆっくりと攻撃を開始するが、熊谷がとうとう《宝石の手の汚染者/Gempalm Polluter》を引き当て、サイクリングする事によってゲーム終了。

Final Result : 熊谷 2 - 1 宮森

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る