ラウンド 3: 藤田剛史 vs Frederico Bastos

更新日 Event Coverage on 2002年 3月 14日

By Wizards of the Coast

 この大会に向け、この大阪の地で並々ならぬ努力と精進を重ねた藤田が選択したのは青緑。対しては昨年の東京そして San Diego におけるベスト 8 を始め安定した成績を残す Bastos。使用するのは黒青《 Upheaval / 激動 》。

Game 1

 互いに初手をキープ。
 先手の藤田が《 Wild Mongrel / 野生の雑種犬 》を召喚すれば、Bastosがこれを《チェイナーの布告/Chainer's Edict(TO)》。藤田はレスポンスで《ワームの咆哮/Roar of the Wurm(OD)》を墓地へ。

 続いて藤田が召喚した生物が、メインに仕込まれた青に対する最終兵器《呪文散らしのケンタウルス/Spellbane Centaur(OD)》。フルマナをタップしているBastosには対抗手段が無く、仕方なくその登場を見やる。

 Bastosもなんとか自分の形に持ち込むべく《強制/Compulsion(TO)》を場に設置。勿論藤田は先ほどの仕込みを使用。咆哮と共にワームが墓地からその姿を現す。そのまま何も出来ない Bastos を尻目に、二体目となる《呪文散らし》。

 《強迫的な捜索/Obsessive Search(TO)》を強制に使ってのマッドネスと細かいアドバンテージを取る Bastos であるが、こうも野蛮に殴られては続かない。

 最後は《ゾンビの横行/Zombie Infestation(OD)》で出したブロッカーを《霊気の噴出/AEther Burst(OD)》で戻されて投了。なんとか6マナまで繋がれば《激動/Upheaval(OD)》の夢も見れたのだが...。

 藤田 1 - Bastos 0

Game 2

 マリガンを選択した後手の藤田、まず《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla(TO)》を召喚し戦いのイニシアチブを取る。対して Bastos はデッキのエンジンである《強制》を再び場に。

 藤田は攻撃後に《雑種犬》を召喚とマリガンを思わせない順調な展開。逆に勝たなければならない Bastos に異常発生。土地の供給が止まってしまったのである。これではせっかくの強制も意味が無いというか、死ぬ。

 仕方無しに、Bastos は《集中/Concentrate(OD)》を捨て去りカードを引く。未来の3枚よりも今使える一枚だ。

 勿論土地じゃないわけで。寂しげに終了する Bastos。藤田はそこに《呪文散らし》を追加攻撃の手を全く緩めない。緩めるわけが無い。

 ここでようやく Bastos が土地をドロー。はたして間に合うのか。

 藤田は更に《ナントゥーコの病木刈り/Nantuko Blightcutter(TO)》を追加召喚。その間に Bastos は《激動/Upheaval(OD)》を捨て新たなカードを求める。

 アンタップ。再び強制からの捜索マッドネス。ようやくみつけた《チェイナー》でまずは一体を処理する。藤田が選択したのは《病木刈り》。

 更なる一撃。

 今度は《無垢の血/Innocent Blood(OD)》を使用する Bastos。必死の抵抗。だが藤田が動いた。まずは《霊気の噴出》を《雑種犬》のパンプアップに使用。4マナを残す Bastos 側の状況を見ながら墓地を5枚に整えた上で《堂々巡り/Circular Logic(TO)》。と、これを Bastos が《堂々巡り》。更にそれを藤田が《堂々巡り》

 堂堂巡りのメリーゴーラウンド。

 Bastosは仕方なしに《ゾンビの横行/(plz insert the image of Pyroblast with caption "Zombie Infestation")(OD)》を張り、攻撃してきた《雑種犬》と《呪文散らし》のうち後者を手札全てと交換に相打ちを行う。藤田は再び《病木刈り》を召喚。

 Bastosのターン。手札は今引いた一枚のみ。相手の場には2体のクリーチャー。悩んだBastosはまず強制を犠牲に一枚の手札を入手する。これで手札が二枚。まずは、手札の無い藤田の《雑種犬》に対して《 Ghastly Demise / 恐ろしい死 》。

 これで藤田の場には《病木刈り》一体が残るのみであるが、スレッショルドしているそのサイズは3。そして Bastos の残りライフも3。

 Bastosに残された手札は一枚。

 藤田が《病木刈り》で攻撃...。最後の一枚がめくられる。それは《霊気の噴出》。仕留め損なった、一瞬そんな顔を浮かべた藤田だが、すぐさま再召喚を行いターンを返す。

 再び Bastos が手札を一枚抱えて終了。藤田が攻撃。再びめくられる《霊気の噴出》。
さらには再召喚されたそれを、フラッシュバック《チェイナーの布告/Chainer's Edict(TO)》でようやく仕留める。

 だが、そこに再び尋常ならざる物の咆哮が。

 がぶり。

 藤田 2 - Bastos 0

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る