ラウンド 4: 小倉 陵 vs. 大礒 正嗣

更新日 Event Coverage on 2004年 6月 11日

By 松井 健治

 本日はラウンド 4 からブースタードラフトにレギュレーションが変わり、前ラウンドのスタンダードで 3 - 0 を収めた 2 人、小倉と大礒がフィーチャーマッチに招待された。

 名古屋を中心に活動する小倉は、赤青の《思考の急使/Thought Courier》が 2 枚はいった飛行戦力のデッキになっている。

 一方、この一年間で 3 回のプロツアーベスト 8 経験がある大礒はドラフトのお手本のような赤黒デッキに仕上がっている。

Game 1

 先手大礒。

 まずは山、沼から《頭蓋囲い/Cranial Plating》を出し、続けて沼セットから《ドロスのゴーレム/Dross Golem》を場へ。

 対する小倉は山、島から《金のマイア/Gold Myr》を出し、続けて《太陽に触れたマイア/Suntouched Myr》を 3/3 でキャスト。

 そこに大礒が《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》を出せば、小倉は《マグマの噴流/Magma Jet》でもって除去と、序盤は一進一退の攻防が繰り広げられる。

 さて、どちらが先にアドバンテージ差をつけるのかと見ていたら、先にこれを成し遂げたのが大礒だった。《モリオックのゴミあさり/Moriok Scavenger》で先程の《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》を回収し、これを場へ。

 大礒がこうしてカード 1 枚分得したところで、その間に小倉はダメージクロック源を配備。《ニューロックのスパイ/Neurok Spy》、3/3 の《空に届くマンタ/Skyreach Manta》と出して、コツコツと攻撃を開始した。

 小倉は地上にも《電結の暴れ者/Arcbound Bruiser》を配備しており、大礒が攻撃を加えると、これがブロックして「接合」によってマイアが大きくなる再利用の危険性を孕んでいたりする。

 ここで総攻撃をかけてきた小倉に対して大礒はこれらをブロックするしかなく、《ドロスのゴーレム》に《頭蓋囲い》を装着させてブロック。すると、そこへ小倉の初手からあった《鋳潰し/Unforge》が突き刺さる。

 泣きっ面に蜂。劣勢に追い討ちをかけられ、そのまま小倉の攻撃で大礒は 1 本目を落とす事となった。

小倉 1 - 0 大礒

Game 2

 先手は再び大礒。

 3 ターン目から《ゴブリンの模造品》、《騒がしいネズミ/Chittering Rats》と続けて攻撃に入る。

 小倉は《思考の急使》を出してデッキを回転させ、《ヴィダルケンの大魔道士/Vedalken Archmage》を出して、ドローを強めようとするが、これは大礒の《とげの稲妻/Barbed Lightning》で除去される。

 テンポを取りつつある大礒。

 勢いよく、この場に続けて《ドロスのゴーレム》、《モリオックのゴミあさり/Moriok Scavenger》と並べて前を見る。

 小倉側としては《思考の急使》を使ってライブラリを掘り進み、強いカードを引き当てて、この劣勢の場をひっくり返さなければいけないのだが、掘れども掘れども有効牌がなかなか入らない。

 なんとか 7 マナ貯まった時点で《手綱取り/Grab the Reins》を使用して《ゴブリンの模造品》と《ドロスのゴーレム》の 2 枚を除去してみせるが、残り 2 枚のクリーチャーに対して対抗策を見出せず、そのまま小倉のライフは 0 へ。

小倉 1 - 1 大礒

Game 3

 変わって先手は小倉。

 土地を順調に並べるも少々重めの手札で、3 ターン目に引いた《思考の急使》を場に出し、続けて引いた《ヴィダルケンの大魔道士》をキャスト。

 大礒も2 ターン目に《騒がしいネズミ》から入り、《思考の急使》を《希望の喪失/Lose Hope》で除去し、続けて《とげの稲妻》で《ヴィダルケンの大魔道士》も墓地へ。

 「除去して殴る」と言った赤黒の黄金パターンを忠実に再現しつつ攻勢の姿勢を崩さない大礒。

 《騒がしいネズミ》こそ小倉の後に出した《金属ガエル》と相打ちだが、続いて出す大礒の《大笑いのインプ/Cackling Imp》と《ゴブリンの模造品》が全く止めれない小倉は、そのまま金星を逃してしまうことになった。

Final Result : 小倉 1 - 2 大礒

Ryo Ogura

Download Arena Decklist

Oiso Masashi

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る