ラウンド 4: 浅原 晃 vs. 大塚 高太郎

更新日 Event Coverage on 2004年 6月 11日

By 藤枝 勇

前年度日本チャンピオン大塚高太郎。彼はかつての Big Magic 杯や昨年度の日本選手権で優勝を飾った名古屋の強豪だ。どういうわけか賞金の高いトーナメントで実力を発揮するタイプであるようで今大会も活躍が期待されたが、ここまでで既に 2 敗してしまい、 2 年連続の決勝ラウンド進出にはこの 1st ドラフトを確実に 4 連勝しないとまずい。

しかし、大塚は 1 戦目からいきなり強豪の浅原晃との対戦ということになってしまう。そして、大塚のデッキを見せて貰ったのだが、これが相当に弱い。かなり絶望的だと思われる決勝ラウンドへの道を、はたして大塚は切り開けるだろうか?

Game 1

《レオニンのボーラ/Leonin Bola》を出したきりでクリーチャーが出てこない大塚に対して、 3 ターン目から《ドロスのゴーレム/Dross Golem》、4ターンに《大笑いのインプ/Cackling Imp》、5ターンにも《ピューターのゴーレム/Pewter Golem》と綺麗に展開する浅原。

大塚が 1 体目のクリーチャーである《ファングレンの狩人/Fangren Hunter》を出して、さぁブロック!だと思ったら…ブロック出来るのが《ピューターのゴーレム/Pewter Golem》だけ。かつ、再生されるというおまけ付きで・・・すべてスルー。

この応酬までですでに残りライフが 3にまでおちこんでしまった大塚に対し 、浅原が《とげの稲妻/Barbed Lightning》をキャストしてゲームセット。

浅原 1 – 0 大塚

Game 2

あっさりという言葉が凄く似合ってしまう負け方をしてしまった大塚、 Game 2 も初手をみながら苦笑いをして目を押さえている。

それもそのはず、初手にあるランドが《雲上の座/Cloudpost》 2 枚で色マナが全く出ない状況からのスタート。無事土地を引くものの初めにキャストしたスペルが 4 ターン目の《シルヴォクの開拓者/Sylvok Explorer》と全く噛み合っていない。

 その間に浅原は《屍賊の嫌悪者/Nim Abomination》《ドロスのゴーレム/Dross Golem》2体と展開してまたも圧勝ムード。クリーチャーの展開できない大塚は悲しげに《襲い掛かる恐怖/Fill with Fright》をキャスト……。

 浅原も 2 枚捨てさせられたが、場に出すのは超攻撃力装備品である《頭蓋囲い/Cranial Plating》。 5 ターン目のアタックで11 点を叩き出して勝負を一気に決めた。

Final Results : 浅原 晃 Win

Asahara Akira

Download Arena Decklist

Otsuka Kotarou

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る