ラウンド 4: 浅原 晃 vs. 黒田 正城

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 20日

By Kenji Matsui

毎度の事ながら、バイ明けの 4 回戦はフィーチャーマッチ決める側としても楽々。運営側としても強豪の群れからオイシイ組み合わせをピックアップすれば良い訳である。

そこへ引っかかったのがこの 2 人、黒田と浅原である。2 人とも現在マジック雑誌「マナバーン」のライターであるとともに、肩書きをいちいち説明しなくても済んでしまうようなビッグネーム。一流のマジックプレイヤーでもある。

黒田 正城は日本人唯一のプロツアー優勝経験を持ち、昨年度ファイナルズ王者である浅原 晃もプロツアーで数々のベスト 16 入りを果たしている。実力の程は互いに折り紙付き。

さあ、世界でも有数のプレイヤー達の贅沢な試合をお届けしよう。

Game 1

先手の黒田が《苦痛の神/Pain Kami》を出す頃には、既に浅原が《兜蛾/Kabuto Moth》を出しており、続けて《狐の癒し手/Kitsune Healer》を召喚。浅原はそのまま《兜蛾》へ《武野の大小、正守/Oathkeeper, Takeno's Daisho》を装着。

早くも結構なインパクトをもった盤面になってきた浅原陣営であるが、まずはその後続を封じよう、と黒田は《目覚めの悪夢/Waking Nightmare》で浅原の手札を攻める。そこで落ちたのは《不退転の意志/Indomitable Will》と《肉体の奪取/Rend Flesh》の大収穫だ。

見事な 2 対 1 交換を成功した黒田は、その勢いで《苔の神/Moss Kami》を出すが、これは浅原の手に残った《手の檻/Cage of Hands》によって軽くいなされてしまうことに。

Reverse the Sands

さて、一進一退の攻防を繰り広げているように見えるが、実際は《武野の大小、正守》 1 枚だけでも黒田のライフは確実に削られていっている。現在のところ、黒田 8 の浅原 18 。

《狐の癒し手》に《武野の大小、正守》が装備され、それを《兜蛾》が支援しつつ、攻撃を通すと言う光景だ。

さて、黒田の残りライフも少ないと、浅原は《灯籠の神/Lantern Kami》を出してそちらに《武野の大小、正守》を移動。あと2 ターンで勝負を決めようと言うハラだ。

もちろん、そんな事は言われなくても理解している黒田は《内臓捻りの鬼/Gutwrencher Oni》を出してターンを終え、そのまま浅原の攻撃をもらって残りライフが 4 。

返す黒田。

手には《貪る強欲/Devouring Greed》、《杉の力/Strength of Cedars》、沼とあり、土地は 7 枚。この手札のままでいけばきっちり浅原のライフを削りきれるのだが、まずは《内臓捻りの鬼/Gutwrencher Oni》の能力によって、 1 枚のディスカードを迫られる。

ここでもちろん捨てるのは沼。

この次のドローで土地を引けば黒田勝利かと言った所で、ドローは《鼠の浪人/Nezumi Ronin》。がっくり

だが、これで負けた訳ではない。
ともかく《内臓捻りの鬼/Gutwrencher Oni》などで攻撃を加えて浅原のライフを削る。続けて《貪欲の重責/Burden of Greed》でクリーチャーを 2 体生贄にして、安全圏までライフを確保。

さあ次のターンにトドメだと、勢いよくターンを返した黒田だったが、「次のターン」が訪れることはなかった。

Gutwrencher Oni

返す浅原のターン、彼は《砂の逆流/Reverse the Sands》をプレイ!

突然ライフが引っ繰り返り、黒田は安全圏から一気に引き摺り下ろされ、そのまま浅原の総攻撃を受けて 1 本目を落とすことになった。

黒田 0 – 1 浅原

Game 2

1 回のマリガンから 2 本目を開始した黒田。

《かまどの神/Hearth Kami》、《悪逆な大峨/Villainous Ogre》と展回し、浅原が出す《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》を《食い込む疫病/Swallowing Plague》で除去しつつ攻撃と、非常に流れの良い展回。

負けじと浅原も《霜投げ/Frostwielder》と《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》でブロック体制を敷き、黒田も《苦痛の神》を出して更なるビートで攻撃。

《かまどの神》は《霜投げ》によって除去されてしまうが、こちらも《苦痛の神》で《霜投げ》にダイブ。

ガンガン攻める黒田の猛攻を必死に押さえつける浅原だが、この耐える日々も黒田の息切れによって、浅原優性の場へと。

黒田の手には《山伏の炎/Yamabushi's Flame》があり、浅原のライフは 5 。
 
実質残りライフ 2 である浅原のライフをあと少し削りたい黒田だが、その隙を全く見せようとしない浅原だ。

黒田が土地を引いている間、浅原は有効牌を引いて場を強固な物とし、気が付けば黒田は耐えるしか出来ない情況まで追い込まれてしまう。とうとう虎の子の《山伏の炎》をクリーチャー除去として使用し、浅原が更なるクリーチャーを展回したところで、黒田は投了の意思を示したのだった。

Final Result :黒田 0 – 2 浅原

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る