ラウンド 4: Mammoth Teikoku vs. Yoichi Club

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 11日

By 松井健治

A : 松尾悟郎(黒緑) vs. 中村正哉(青黒)
B : 中村陽一(白黒) vs. 石井泰介(白青タッチ黒)
C : 山岸裕一(青赤) vs. 本波友行(赤緑)

 「俺、大会出るの 1 年ぶりなんだよね」と、去年の日本選手権にこんな事を言いながら現れた松尾が軽く優勝をさらっていった事は皆さんも良く知っている事だろう。

 今回も、大会に出るのは世界選手権以来だと言う松尾。
 では、いつも楽しそうにプレイしている彼の試合を追っていこう。

A : 松尾 vs. 中村正哉

Game 1

 早速《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》でお得意のビートダウンから開始する松尾。
 2 ターン目から 3 点、 3 点と激しくダメージを叩き出している間、中村は《異形の這うもの/Frightcrawler》しか置けずに厳しい表情。

 そのまま調子よく《象の待ち伏せ/Elephant Ambush》、《凶暴象/Rabid Elephant》と並べ、《凶暴象》に《シートンの願望/Seton's Desire》を装着させると、中村が何も抵抗出来ない間に松尾は殴りきってしまった。

 あまりに一方的な試合展開であった。

中村 0 - 1 松尾

Game 2

 素早いデッキの松尾に対し、先手を取って中村はゲームを始めるが、今回も 1 ターン目に松尾は《日を浴びるルートワラ》をキャスト。
 先程の様にビートダウンを続け、《象の待ち伏せ》から《凶暴象》と、正に先程の再現である。

 だが、今回は《日を浴びるルートワラ》を《顔なしの解体者》し、象トークンを《病的な飢え/Morbid Hunger》で除去と場を何とか立てなおして行くが、《凶暴象》が止まらずにあえいでいる所で、松尾は悠然と《ナルシシズム/Narcissism》をキャスト。

 更に松尾は攻撃を続け、この攻撃を通してしまうと敗北が待っている中村は、渋々《顔なしの解体者》でチャンプブロックし、

中村 0 - 2 松尾

 松尾の試合が一番早く終わり、横で行われている試合を眺めていると、山岸が本波の《尊大なワーム/Arrogant Wurm》に敗北を喫し、中村陽一が石井と熱戦を繰り広げる中、中村陽一が 1 本取っている取っているところで試合時間が終了。

 この時点で Yoichi Club の勝利が確定し、ファーストシールドを見事 4 勝でくぐり抜ける事となった。

Final Result : Yoichi Club Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る