ラウンド 5: 中野圭貴 vs 久保田雄飛

更新日 Event Coverage on 2003年 1月 9日

By 平林和哉

初日全勝がかかったフィーチャーマッチ。
もう一つのマッチアップは和やかな雰囲気の中、こちらのテーブルは無言のまま始まった。

Game 1

非常に少数派のゴブリンスライを繰る中野の先攻。
久保田は 1 マリガン。

中野《ゴブリンの監督官/Goblin Taskmaster》、続けて《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》に《無謀なる突進/Reckless Charge》と快調な滑り出し。
久保田はスライに対する最高のクリーチャー《野生の雑種犬/Wild Mongrel》を 2 ターン目にプレイしてゴブリンの行く手を阻む。

中野が変異クリーチャー、久保田《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》と戦線に追加した後に、中野が《無謀なる突進》を変異クリーチャーに使って変異解除(もちろん《焦熱の火猫/Blistering Firecat》)して総突撃。

ここでの久保田の残りマナは《真鍮の都/City of Brass》のみ。
しかし中野が予想もしていなかった事態が起こる。

《送還/Unsummon》!

これによりテンポを著しく失った中野。
《マーフォークの物あさり》は《溶岩の投げ矢/Lava Dart》で除去するが、失われたアドバンテージはきつすぎる。

唯一残った《ゴブリンのそり乗り》が《無謀なる突進》フラッシュバック-これは《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》マッドネスで潰され、意を決してプレイした《焦熱の火猫》は《対抗呪文/Counterspell》・・・・

2 体目の《焦熱の火猫》も同様に《対抗呪文》されてしまい、肝心の《野生の雑種犬》はやっとこさ《蛮族のリング/Barbarian Ring》 2 枚で除去するが最後に出てきた《日を浴びるルートワラ》に圧倒される中野。

頑張って《火山の鎚/Volcanic Hammer》トップデッキで凌いだ次は《尊大なワーム/Arrogant Wurm》。
《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》を引いてくるも、ワームの巨大さに押しつぶされた中野だった。

中野 0-1 久保田

《対抗呪文》のように受身のカードを全て切って《一瞬の平和/Moment's Peace》を投入した久保田。
対して中野は攻撃的な《焦熱の火猫》《無謀なる突進》を全て抜いて、《罠の橋/Ensnaring Bridge》《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》と方向性を変更する。

Game 2

気を取り直して中野《渋面の溶岩使い》、《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver》での スタート。

一方の久保田はそもそも 2 ターン目にクリーチャーが出ない。
一応共鳴者を持っているものの頼りない《マーフォークの物あさり》が 2 体のため《対抗呪文》で待ってみるのだが、結局《渋面の溶岩使い》 2 体目しか出ずに結局待つ意味が薄かった。

《マーフォークの物あさり》は《溶岩の投げ矢》され、温存しておいた《対抗呪文》は結局《ゴブリンのそり乗り》に使うはめになったところで中野《罠の橋》をセット。

ここでようやく久保田が《野生の雑種犬》を場に展開する。

中野は構わず突撃して、《真鍮の都》などで残り少なくなった久保田のライフを《渋面の溶岩使い》の射程圏内に。

後は《溶岩の投げ矢》《火山の鎚》などを駆使すると久保田は丸焦げで終了。

中野 1-1 久保田

Game 3

《野生の雑種犬》《日を浴びるルートワラ》《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》と絶好の手札でスタートした久保田。
中野は《渋面の溶岩使い》 2 体、《ゴブリンのそり乗り》と並べるが久保田は《野生の雑種犬》 2 体目。

まさに完璧な展開の久保田だが土地が無いため《綿密な分析/Deep Analysis》をディスカードからフラッシュバック、それで何とか土地をセットすることに成功する。
だが中野が《ゴブリンの名手》をプレイして、変異(実は《ゴブリンの監督官》)に《対抗呪文》を使わされることによって幾分状況は怪しくなってきてしまう。

アタックした《野生の雑種犬》の片割れを《渋面の溶岩使い》《ゴブリンのそり乗り》でダブルブロック-スタック後に《ゴブリンのそり乗り》パンプだの《渋面の溶岩使い》が死んだり《野生の雑種犬》の 1 体が死んだりで《ゴブリンの名手》が大暴れ。
もう 1 体の《渋面の溶岩使い》との合わせ技で《野生の雑種犬》が 2 体とも墓地に送られて、久保田の場に残ったのはワームトークンだけに。

ワームトークンのみ孤立しているため、全く殴れなくなった久保田。
対照的に《ゴブリンの群衆追い》を 2 体並べ、《渋面の溶岩使い》と《ゴブリンの名手》のバックアップで攻めてくる中野の攻撃を《一瞬の平和》でぎりぎり凌ぐことしかできない。

《ゴブリンの群衆追い》がアタックしたところで久保田はワームトークンで殴り返すが、《渋面の溶岩使い》でブロック-《渋面の溶岩使い》の能力-《溶岩の投げ矢》《ゴブリンの名手》でワームトークンを失い、トップデッキしてきた《野生の雑種犬》だけになったところで追加 5 ターンに突入。

残り時間の少なくなったところで《ゴブリンの名手》も《ゴブリンの群衆追い》とともに中野が突撃。
《ゴブリンの名手》《ゴブリンの群衆追い》 2 体で《ゴブリンの群衆追い》は 5/2 になっているのだが、久保田は《ゴブリンの群衆追い》の能力を理解していなかったらしく《ゴブリンの名手》をブロックして《ゴブリンの群衆追い》を通してしまう。

残ライフは 11 。
2 体の《ゴブリンの群衆追い》と《溶岩の投げ矢》フラッシュバックでピタリ。

中野 2-1 久保田

Final Result:中野圭貴 2-1 久保田雄飛
中野圭貴 Wins!

Nakano Yoshitaka

Download Arena Decklist
ソーサリー (11)
4 Reckless Charge 4 Firebolt 3 Volcanic Hammer
インスタント (3)
3 Lava Dart
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る