ラウンド 5: 吉川 祐輔 vs. 荒堀 和明

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 20日

By Yukio Kozakai

荒堀「もう、古の栄光ですよ」

Cage of Hands

と、自嘲気味に話す荒堀。GP仙台でのブレイクから丸4年近くになるが、それでもGPチャンプという栄光が色褪せる事は無い。Bye 0から4連勝のテーブルに着くには、相応の運と実力を兼ね備えていなければ、やはり出来ない事なのだから。しかも、その目には力が失われていない。相当に今日のシールドデッキに自信を持っている証拠だろう。

対する吉川。本来はジャッジ・ライターという立場であるが、リミテッドのGPやPTQには積極的に参加する生粋のリミテッダーだ。PT横浜、PTアムステルダム出場が裏付けるように、本業(?)を投げ打っての戦いに、意気込みは充分過ぎるほど感じる。

しかし。

吉川「……デッキ晒されるの、マジ恥ずかしいんですけど」
荒堀「もう帰りたいですよ、ツライですよー、体力的に。まだ半分ですよー」

両者、すごい勢いでグチのこぼし合い。

デッキは吉川が黒緑+《手の檻/Cage of Hands》、荒堀が白黒のビートダウンだが、話を聞くと吉川はデッキ構築に失敗したとの事で、サイドボードで青に変わる事を既に公言している。荒堀の方は、2マナ圏からマナカーブを描いて展開した上での《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》《武野の大小、正守/Oathkeeper, Takeno's Daisho》が強烈だ。

Game 1

先攻は荒堀。両者キープの宣言から、吉川の《泥穿ち/Soilshaper》がゲームの初動。荒堀の《鼠の浪人/Nezumi Ronin》がまずは序盤戦の主となり、《狐の癒し手/Kitsune Healer》がさらに強固にする。これに対して吉川も《汚れ/Befoul》で《狐の癒し手/Kitsune Healer》を除去し、返しで荒堀が《つぶやく神/Gibbering Kami》を召喚すれば、返す刀で《刻みを継ぐもの/Burr Grafter》のプレイでクリーチャー化した《森/Forest》が走り出す。

ノーガード戦法で殴りあう両者。非常に速い展開でゲームは流れていくが、荒堀が《侍の処罰者/Samurai Enforcers》を召喚すると均衡は一気に崩れ始める。吉川の手札には《貪る強欲/Devouring Greed》《木霊の力/Kodama's Might》《生網明神/Myojin of Life's Web》。土地は6枚。

荒堀の全軍攻撃に対して、《木霊の力/Kodama's Might》付きの《泥穿ち/Soilshaper》とクリーチャー化した土地、そして《刻みを継ぐもの/Burr Grafter》が《鼠の浪人/Nezumi Ronin》《侍の処罰者/Samurai Enforcers》を退けるが、テンポ良く《希望の盗人/Thief of Hope》《古の法の神/Kami of Ancient Law》と攻撃要員を追加し、対する吉川のクリーチャーが《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》《悪逆な大峨/Villainous Ogre》と相打ち要員にすらならない状況。

素早い攻めで、あっという間に荒堀が先勝して見せた。

吉川 0-1 荒堀

Game 2

Rend Flesh

再び両者キープを宣言。緑から青にシェイプチェンジした吉川が《川の海神/River Kaijin》をプレイすれば、荒堀は《手かせ/Shackles》をそれに。負けじと吉川が《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》を戦線に送り込んだら、返しの荒堀のクリーチャーは、環境最強クラスの呼び声高い《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》。

吉川の考えとすれば「今のところ荒堀の陣営に取り巻きの侍はいない。《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》が単騎のうちに押し切ろう」というところか。《百爪の神/Hundred-Talon Kami》《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》で攻め立て、《空民の学者/Soratami Savant》を追加する。

しかし、《空民の学者/Soratami Savant》は速やかに《肉体の奪取/Rend Flesh》で葬られ、制空権を独占していた《百爪の神/Hundred-Talon Kami》は、《つぶやく神/Gibbering Kami》+《不退転の意志/Indomitable Will》で除去されようかという所、《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》で自分の《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》ごと《つぶやく神/Gibbering Kami》を除去する。

が、残った《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》はやっぱり強かった。

吉川 0-2 荒堀

Results : Winner is GP Sendai Champion !!!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る