ラウンド 5: 石田格 vs. 中島主税

更新日 Event Coverage on 2002年 10月 12日

By 松井健治

 4 勝ラインで対峙するのは、今年のデュエリストインビテーショナル招待も決まった石田格と、八王子四天王の一人である中島主税の対戦。

石田はバイ 3 での参戦だが、先程の一戦を辛くも勝利し、なかなか自分のデッキに手ごたえを感じていないようだが、対する中嶋はバイ 2 で参戦し、デッキ的にもテンション的にも良い感じのようだ。

Game 1

石田格白赤デッキの中嶋が先手を取り、序盤からビートダウンを開始し、それを赤黒の石田が、がっちり耐えるところからゲームスタート。

クリーチャーをお互い並べ、石田が《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill》等でアドバンテージを取り、そろそろ攻勢に出るかと言った所で、中島の一枚の裏返しガードが、突然《賛美されし天使/Exalted Angel》に変身 !

クリーチャーサイズの大きさ、ライフ回復能力によって石田と中島のライフが大きく開き、巻き返し不能と感じた石田は即座に投了。

 この環境のレアの強さには恐れ入る。

石田 0 - 1 中島

Game 2

中島主税2 本目は、お互いのマリガンからゲームは開始。
中嶋が変異と《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》を出し、石田の変異を乗り越えて攻撃を開始。
そこへ石田は《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》を出し、場をがっちりと止めたと思ったのも束の間、中嶋が変異に《畏敬の冠/Crown of Awe》をつけて攻撃し、なんと表がえったのは《スカークの猛士/Skirk Commando》。

これによって石田のクリーチャーがばたばたと死んでゆき、なんとかブロッカーをと石田も変異を出すが、中島はこれを《平和な心/Pacifism》で除去。

これで完全に詰んでしまった石田は、ものの 15 分程で敗れ去った。

石田 0 - 2 中島

Final Result : 中島 Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る