ラウンド 5: 石田格 vs. Alan Comer

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 3日

By 松井健治

 セカンドドラフト 1 戦目。
 再びフィーチャーマッチに呼ばれた石田格と、日本人には「カマー先生」と呼ばれ親しまれる Alan Comer との対決。

 今回の石田のデッキは赤黒タッチ《シートンの願望/Seton's Desire》と、ドラフトに失敗したと本人は語る。
 対する Comer は《クロロファント/Chlorophant》、《取り憑かれたケンタウルス/Possessed Centaur》、《ナントゥーコの病木刈り/Nantuko Blightcutter》と、緑のレアカードが 3 枚入った黒緑のデッキをドラフトしている。

 さあ、どこまで石田は Comer に食らいつくことが出来るのか。

Game 1

 先手を取った Comer は森、森、森、沼とゆっくり並べ、一番始めにキャストしたのは《取り憑かれたケンタウルス》。
 
 Comer のゆったりとした立ちあがりに、石田は《蛮族ののけ者/Barbarian Outcast》、《蛮族の狂人/Barbarian Lunatic》、《薄暗がりを漂うもの/Gloomdrifter》と展開して細かくライフを削って行くが、 Comer も落ち着いて《クロロファント》、
《クローサの射手/Krosan Archer》と並べ、守りを固めたところで、《クロロファント》の育成を開始。

 石田はなんとか《クローサの射手》を乗り越える手段を探すが、引いてくるのはデッキの弱い部分ばかり。
 その間にも《クロロファント》は大きく育ち、これが 6/6 に育ったところで Comer は攻撃を開始。

 これを止める手段を持たない石田は攻撃を通すが、普通に考えてこの環境でこの生物を葬るのはかなり難しい。
 ましてや、石田のデッキでは本当に不可能だろう。

 ターンが 1 周し、再び Comer が全員で攻撃をしてくると、石田も全員でブロックし、《入門の儀式/Rites of Initiation》で 3 枚ディスカードして、全て相打ちにしてしまおうと言う算段だったのだが、 Comer が《リフレッシュ/Refresh》で《クロロファント》を再生させたところで、最後の望みが断たれた石田は投了。

石田 0 - 1 Comer

Game 2

 先手を選んだ石田は 1 ターン目から《朽ちゆくインプ/Putrid Imp》、《狂犬/Mad Dog》、《墓をこじ開けるもの/Gravegouger》と並べるが、 Comer はこれを《無垢の血/Innocent Blood》、《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》、《総帥の願望/Patriarch's Desire》と石田より 1 ランク上のカードで全てを対処してくる。

 そこに続けて《クローサの報復者/Krosan Avenger》、《クローサの射手》、《苦痛をもたらす者/Painbringer》と並べ、 Comer の場は万全。

 さて、 Comer も動ききり、手札は残り 1 枚。
 対する石田は手札が 4 枚あり、先程の《催眠の悪鬼》で確認済みの《癇しゃく/Fiery Temper》も手札にある。
 さあ、反撃かと言う所で、石田のキャストするのは《ゾンビの先駆者/Zombie Trailblazer》。
 
 この場に対抗する手段としてはあまりに不適格なこのクリーチャーを出すのが石田のデッキの限界であった。
 手札に残るのは《癇しゃく》と、 2 枚の土地。

 そう、石田の手には何も無く、そのまま手を差し出して負けを認めた。

石田 0 - 2 Comer

Final Result : Comer Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る