ラウンド 5: 藤田 憲一 vs. 森 勝洋

更新日 Event Coverage on 2004年 6月 11日

By 藤枝 勇

 「練習しなければしないほど強い」という謎のアビリティを持っている「レミィのお兄さん」藤田憲一。今大会に関しては自身が多忙な事も有ってまさに正真正銘の練習量ゼロ。まさに最強状態とも言える藤田は、フィフスドーンのカード現物を見るのも初めてというから驚きだ。

 対する今季の森勝洋は大会会場でのアンケート結果からも分かるように、久々に好調の波をつかみかけている。そんなわけで今大会でも注目株だったのだが、実は 1st ドラフトのデッキがちょっと弱い…。

去年の選手権では最後のラウンド勝っての 9 位というかなり泣ける状態になった藤田、今年は雪辱なるだろうか? はたまた、森が再び日本のトップに躍り出るきっかけをつかむだろうか?

Game 1

 試合は 3 ターン目に森が出そうとした《ゴブリンの喧嘩屋/Goblin Brawler》を藤田が《卑下/Condescend》したところからスタート。藤田が《炎歩スリス/Slith Firewalker》を出してこれを 2 / 2 にすれば、森も《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》を出して対抗。

さらに藤田が《ゴブリンの喧嘩屋/Goblin Brawler》を追加すると森も《盲目の忍び寄るもの/Blind Creeper》を。若干膠着状態になるが、藤田が《接収/Acquire》をキャストして森のデッキを確認。《機械仕掛けのヴォラック/Clockwork Vorrac》を《袖の下/Bribery》してやると、次のターンにも森が出した《オーリオックの包囲そり/Auriok Siege Sled》を《横暴/Domineer》。森投了。

藤田 1 – 0 森

Game 2

森はマリガンの上に 4 ターン目までクリーチャーが 0。 《襲い掛かる恐怖/Fill with Fright》で藤田の濃い手札を落としたが、いかんせんクリーチャーを引かない。

それに対して藤田は 1 ターン目から《血清の幻視/Serum Visions》、 3 ターン目《ゴブリンの喧嘩屋/Goblin Brawler》とキャストし・・・森の《襲い掛かる恐怖/Fill with Fright》で《物読み/Thoughtcast》《解体作業/Dismantle》と落とされるものの、 5 ターン目には《弧炎撒き/Arc-Slogger》御大。 さらに6 ターン目《立ちはだかる空護り/Looming Hoverguard》と展開し、一気に勝負を決めにかかる。

占術によって自分の山の上が《力の確約/Promise of Power》 ( その上場には 4 マナしかない )である事を知っている森は、ターゲットにされた《ヴァルショクの鉄球/Vulshok Morningstar》を《クラーク族の火焚き/Krark-Clan Stoker》でサクリファイスする事しか出来ず、まさにどうしようもない。

結局、藤田の軍勢をどうにも出来ないために森敗北。
引いたカードにいくらなんでも差が有りすぎた。

Final Results : 藤田憲一 Win

Fujita Ken’ichi

Download Arena Decklist
ソーサリー (4)
1 Thoughtcast 1 Dismantle 1 Echoing Ruin 1 Acquire
インスタント (4)
1 Echoing Truth 1 Pulse of the Grid 2 Condescend
アーティファクト (1)
1 Wayfarer's Bauble
エンチャント (1)
1 Domineer
土地 (17)
9 Island 8 Mountain
40 カード

Mori Katsuhiro

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る