ラウンド 5: Nagoyan vs. N.G.O.K

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 11日

By 松井健治

A : 小倉陵 (赤緑) vs. 長岡崇之(青緑タッチ白)
B : 塩津龍馬(黒青) vs. 藤田剛史(白赤タッチ青)
C : 野瀬恒二(白青) vs. 東野将幸(黒赤)

 ファーストシールドを無事 4 勝し、シールドは運もいるが、実力はもっと必要だと教えてくれるような、強豪同士のフィーチャーマッチが組まれた。

 Nagoyan と言えば名古屋のエースチームであり、 N.G.O.K と言う名前こそ新しいがに、藤田、東野と来て、今、波乗っているプレイヤーである長岡を加えた上で、大阪のエースチームと言っても過言では無いだろう。

 では、そのチーム内でブレインを勤める 2 人、塩津と藤田の対戦にスポットライトを当ててみよう。

B : 塩津 vs. 藤田

Game 1

 藤田のチームシールドにおける構築は非常に特殊である。
 東野の為に黒がらみ(黒青か黒赤)のデッキを構築し、長岡には青緑を渡す。
 すると残りの藤田のデッキはと言うと、白青でも白黒でも無く、白赤なのである。
 
 白で固め、赤でダメージを与えると言えば聞こえは良いが、パッと藤田のデッキを見て「これは強い」とは誰も言えないだろう。
 だが彼は彼なりにしっかりとした勝利の方程式を編み出し、それを実践し、ここまでやって来たのだ。
 
 では、 1 本目のゲームはと言うと、
 
 藤田の 4 ターン目に出した《厳格な裁き人/Stern Judge》と、塩津の《臓器をすり砕く者/Organ Grinder》がお互いのライフを削り出すが、《臓器をすり砕く者》の能力は有限な為、塩津はライフの削りあいに追いつかなくなって行く。

 場が固まって行き、塩津はなんとか藤田の牙城を崩そうと努力するのだが、あまりに固くて通らない上に、藤田の砲台が塩津のライフを毎ターン削って行く。
 結局、除去カードを引くことが出来なかった塩津は、総攻撃をかけてみるのだが、やはりしっかりブロックされてしまい、最後の 1 撃までしっかりと《厳格な裁き人》に、塩津はダメージを与えきられてしまった。

塩津 0 - 1 藤田

Game 2

 《厳格な裁き人》に裁ききられた塩津は 4 ターン目に《よろめく大群/Shambling Swarm》を出すが、これは藤田の《美徳の巡礼者/Pilgrim of Virtue》にガッチリ止められ、いきなり辛い雰囲気が漂い始める。
 
 この間に《投鎖獣/Chainflinger》、《土喰い豚/Petravark》を 2 枚出して塩津の足を絡め取る。
 動こうにも、満足に動かしてもらえないながらにも、塩津は黒いクリーチャーを細かく並べ、総攻撃を開始。

 ブロックするわけにもいかない藤田は攻撃を通すが、正直、ここで多くダメージを食らってしまうと、後々困った事になるのは目に見えている。
 
 そのままノンブロックの殴り合いが始まり、お互いのライフを眺めたところで、藤田のライフが 3 、塩津のライフが 4 で土地が 5 枚。
 塩津の手札には《病的な飢え/Morbid Hunger》。
 
 塩津が落ち着いてライブラリからカードを引くと、それは沼だった!
 そのまま《病的な飢え》を撃ち、何とか 2 本目を取り返す。

塩津 1 - 1 藤田

 塩津と藤田の試合が 1 - 1 に縺れ込んだ頃、東野は野瀬を 2 - 0 で破り、勝利にリーチをかけた N.G.O.K 。

Game 3

 3 本目の先手に藤田が放つのは、塩津のデッキのガンである《厳格な裁き人》。
 《厳格な裁き人》が序盤から細かくダメージを稼ぎ出し、赤のバーンスペルで塩津をどんどん追い込んで行く。

 ライフが 10 を切ろうとした頃、なんとか 6 マナ揃った塩津は《厳格な裁き人》に《病的な飢え》を撃ち、この状況を回避できるのだが、この後に藤田が放つのは《神秘の使い魔》と《美徳の巡礼者》と、のプロテクション黒部隊。

 《病的な飢え》のフラッシュバックまで持てばまだまだ挽回の目があったのだが、それは《美徳の巡礼者》によりシャットダウンされ、塩津は残りライフを彼の飛行によって削りきられるのを眺めるしかなかった。

塩津 1 - 2 藤田

 これで N.G.O.K が 5 勝となり、ほぼ 2 日目は確定となった。

Final Result : N.G.O.K Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る