ラウンド 6: 岡本尋 vs. Jonathan Sonne

更新日 Event Coverage on 2003年 8月 6日

By Keita Mori

「初日最後のフューチャーマッチに選ばれたのは、現時点で無敗のプレイヤーたちです」

そんなわけで、Mark Rosewaterに先導されて岡本は再度フューチャーマッチエリアへと呼び出された。対戦相手はチーム戦の雄として知られるSlay-Pillage-GerardのJonathan Sonne。岡本は本日すでにJustin Gary、Jon Finkelとアメリカンビッグネームを立て続けに食い物にしてきているわけだが...はたして、「二度あることは三度ある」だろうか? 

岡本がいわゆる「Justice Wake」、対するSonneは現代版「青白コントロール」である。

Game 1

《クローサの境界/Krosan Verge》からはじまった先行岡本が第2ターンに《強制/Compulsion》をエンチャントしてSonneはかなり嫌そうな表情。そのSonneがやはり2ターン目に《行き詰まり/Standstill》をエンチャントして、岡本も驚きの表情。

しかし、このまま膠着してしまった段階で...岡本尋の優勢は確固たるものだったのかもしれない。たしかに岡本もSonneも対戦相手のターンエンドにひたすらサイクリングを繰り返して自ターンはドロー・ゴーという作業を繰り返しているだけなのだが、ともかく作業効率がまったく違うのである。すなわち、Sonneはサイクリング専用カードしか使用できないのに対して、岡本の側は不要牌すべてをすきなように交換できるのだから。

《行き詰まり/Standstill》状況下でX=4の《正義の命令/Decree of Justice》サイクリングでダメージクロックを作り出そうとSonneが動きを見せた瞬間に、岡本は3枚のカードを引かれてしまうことも厭わず《狡猾な願い/Cunning Wish》でサイドボードから《堂々巡り/Circular Logic》を調達。そして、《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》が二回の《マナ漏出/Mana Leak》で阻害されたものの...6マナを支払ったことでこれがあっさりと通ってしまい、実質的なマナの絶対量に大きな差が開いてしまったのだった。

結局、《神の怒り/Wrath of God》で小うるさいアタッカーを排除した上で《ミラーリ/Mirari》を設置。そして岡本が《綿密な分析/Deep Analysis》をコピーしはじめた段階で、Sonneは敗北を認めたのだった。

岡本-1 Sonne-0

Game 2

2戦目のSonneは一戦目が嘘のように手ごわかった。というのも、先手2ターン目に彼がプレイした《石臼/Millstone》がなかなかに対処できなかったからである。それでも、2ターン目に素直に《強制/Compulsion》を張らせてもらえたことは大きな助けとなった。

Sonneのすることといったら、ターン終了ステップの《石臼/Millstone》起動くらいのもので、《ミラーリ/Mirari》を《マナ漏出/Mana Leak》のおとりに使ったつかったことで《ねじれの光/Ray of Distortion》を通すこともかなった。タイミングをまったために岡本のライブラリーは相当に磨耗してしまったが...実のところ《狡猾な願い/Cunning Wish》から《クローサ流再利用/Krosan Reclamation》という手段もオプションとして存在しているわけだ。

結局、Sonneのメイン勝ち手段である《正義の命令/Decree of Justice》を一度は《もみ消し/Stifle》で対抗し、次は《行き詰まり/Standstill》をものともせず《神の怒り/Wrath of God》で強引に一掃してみせた。とにもかくにも...延々と《強制/Compulsion》が回り続けたのだ。

結局、Sonneが苦し紛れにプレイした《行き詰まり/Standstill》の上を悠々と岡本のSoldier Token 12体が駆け抜けていったのだった。

岡本尋、堂々の5勝1分け。
なんと暫定5位というポジションでの折り返しとなった。

Final Result:岡本-2 Sonne-0

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る