ラウンド 6: 森田雅彦 vs 八朔人平

更新日 Event Coverage on 2003年 1月 9日

By 平林和哉

初日 4-1 同士。
ベスト 8 のボーダーが 2 敗 1 分と予想される今回、初戦を勝ち上がれるのはどちらだろうか。

Game 1

後手の森田が《極楽鳥/Birds of Paradise》、八朔がそれを《燻し/Smother》する立ち上がり。

《ヤヴィマヤの古老/Yavimaya Elder》が《堂々巡り/Circular Logic》され、攻め手の少ない森田が《樹上の村/Treetop Village》で殴り始めると八朔はそこで《嘘か真か/Fact or Fiction》。

《孤立した砂州/Lonely Sandbar》《島》-《対抗呪文/Counterspell》《燻し》《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》のパイルに森田は分け、八朔は潤沢なスペルの方を手札に加える。

八朔が《孤立した砂州》をサイクリング、《夜景学院の使い魔》を並べて《綿密な分析/Deep Analysis》などして手札を蓄えていく一方、森田は《ヤヴィマヤの古老》がカウンターされたことで緑単状態。

しかも《燻し》を持たれていることで《樹上の村》もアタックに行けず、《強迫/Duress》《破滅的な行為/Pernicious Deed》が手札で腐っていて何もできない森田。

八朔の黒マナが寝たところでアタックした《樹上の村》は《排撃/Repulse》され、《狡猾な願い/Cunning Wish》から《水没/Submerge》まで持ってこられるに至って森田は投了した。

森田 0-1 八朔

森田は追加の《陰謀団式療法/Cabal Therapy》、《消えないこだま/Haunting Echoes》と対コントロールにサイドボード。
八朔はそもそもサイドボードが《狡猾な願い》によって少ない上に、相性の良い Malka-Death ということでサイドボーディングをせず。

Game 2

初手に《陰謀団式療法》《吸血の教示者/Vampiric Tutor》と持っているが 1 戦目と同様に黒マナが無い。
とはいえ《陰謀団式療法》と相性のいい《花の壁/Wall of Blossoms》もあるということでキープ。

しかし実際問題《花の壁》でドローしても黒マナが引けない森田。
《樹上の村》は《燻し》を警戒してアタックせず、《黄塵地帯/Dust Bowl》で八朔の土地を締め上げることに。

だが 2 枚の土地を壊したところで森田の土地も止まってしまう。
しかも八朔は土地が止まりながらも《夜景学院の使い魔》《嘘か真か》とつなげ、前のターンに貴重な黒マナ供給源である《極楽鳥》を出した森田は不利を承知で《嘘か真か》を分けざるをえない。

そのことによって《燻し》が《極楽鳥》に使われることは防いだものの、《サイカトグ/Psychatog》と同時に八朔がプレイしたのは《狡猾な願い》。
もちろん《水没》が《極楽鳥》に使われて大きくテンポを後退させてしまう。

《嘘か真か》で墓地に落ちた《綿密な分析》、手札から使われた《綿密な分析》で致死量に達しつつある《サイカトグ》。
とりあえずは《花の壁》でチャンプするも、その過程でゲームから取り除かれた《水没》が再び《狡猾な願い》で《極楽鳥》に襲いかかり森田は虫の息。

まあこの時点で黒マナが使えない Malka-Death にできる事はほとんど無いわけで、そのまま《サイカトグ》が森田にとどめを刺したのだった。

森田 0-2 八朔

Final Result:森田雅彦 0-2 八朔人平
八朔人平 Wins!

Morita Masahiko

Download Arena Decklist
ソーサリー (11)
4 Duress 3 Living Wish 2 Cabal Therapy 1 Living Death 1 Buried Alive
他 (6)
4 Percicious Deed 2 Vampric Tutor
60 カード

Hassaku Jinpe

Download Arena Decklist
クリーチャー (8)
4 Psychatog 4 Nightscape Familiar
ソーサリー (5)
2 Upheaval 3 Deep Analysis
エンチャント (2)
2 Treachery
他 (7)
4 Lonelysandbar 3 Undergrond River
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る