ラウンド 6: 藤田 剛史 vs. 鍛冶 友浩

更新日 Event Coverage on 2004年 6月 11日

By 藤枝 勇

自身でも日本選手権には縁が無いと言う藤田剛史。実際選手権は昔に1度代表にはなったがそれ以降はイマイチな成績続きでぱっとしない。だが実力は PT 東京、 GP 京都でも証明されており、 PT 神戸で戴冠した黒田正城のデッキも藤田作製のものだ。

対して鍛冶友浩は現在プロツアーポイント 19 点で今季の Rookie of the Year 候補として志岐和政と激しいデッドヒートを繰り広げており、シアトルにさえ行ければグレーヴィートレインにも乗れて追撃体制となるのだが……現在チームメイト募集中らしい。

ドラフトで上下となった両者、青白でテンポとアドバンテージを武器とした藤田が勝つか? それとも赤黒で 2 枚の《ヴァルショクの魔術師/Vulshok Sorcerer》や豊富なアーティファクト除去と火力を持つ鍛冶が勝つか? 注目したい。

Game 1

初手の 7 枚が二人とも、スペル 3 の土地 4 なのだが鍛冶の方は山 4 枚に黒いスペル 3 枚とどうやっても始められないためマリガンを宣言した。

1 ターン目から《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》、使ってドローした後に 3 ターン目《レオニンの従者/Leonin Squire》、《オーリオックの風歩き/Auriok Windwalker》と好調な藤田に対して《ゴブリンの喧嘩屋/Goblin Brawler》《四足マイア/Myr Quadropod》と今一な展開となった鍛冶。

 さらに藤田は《粗石の魔道士/Trinket Mage》から《ゴーレム皮の篭手/Golem-Skin Gauntlets》とアドバンテージを稼ぎつつ《オーリオックの風歩き/Auriok Windwalker》がアタックと順調。対して鍛冶の方は地上クリーチャーを追加するのみとなり、ほぼサンドバック状態となってしまう。

 追加しようとした《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》を《卑下/Condescend》、 1 : 2 交換が取れると思ったアタックも《信仰の試練/Test of Faith》で防がれた上・・・に藤田の場に 5 / 5 が登場。《癒し手の頭飾り/Healer's Headdress》が付いた《電結の暴れ者/Arcbound Bruiser》で 5 / 5 をブロックしてプリベントしようとしたところで《癒し手の頭飾り/Healer's Headdress》に《残響する真実/Echoing Truth》と、どうしようもない鍛冶。

最後に出そうとした《モリオックのゴミあさり/Moriok Scavenger》すら《卑下/Condescend》を食らってゲームセット。

藤田 1 – 0 鍛冶

Game 2

今度も土地とスペルの全く噛み合わないハンドで鍛冶マリガン。 2 ターン目から《薄黒爪のコウモリ/Grimclaw Bats》《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》と順調に見えたが、その後土地を引かずに場には沼沼沼。……次のターンには《妖術師のガラクタ/Conjurer's Bauble》のドローから山を調達するがかなりの遅れとなった事は否めない。

それに対して藤田は好調。《レオニンの従者/Leonin Squire》《太陽に触れたマイア/Suntouched Myr》から、 4 ターン目には《翼竜の幽霊/Pteron Ghost》《ニューロックの忍び衣/Neurok Stealthsuit》と手札をどんどん消費。 6 ターン目には《ロクソドンの神秘家/Loxodon Mystic》が 2 体並んでいるダブルタッパーな状況を作って場は藤田有利に進む。

山を調達した後に《電結の暴れ者/Arcbound Bruiser》《屍賊のシャンブラー/Nim Shambler》と並べるだけは並べた鍛冶だったが、 2 体の《ロクソドンの神秘家/Loxodon Mystic》の前に完全に封殺されてしまい・・・全く攻める状況にならずに、《翼竜の幽霊/Pteron Ghost》の攻撃をただただ食らっていくことになってしまう。

 その後の引きも藤田に有利に働いて《オーリオックの風歩き/Auriok Windwalker》《空狩人の巡回兵/Skyhunter Patrol》と立て続けに引いてダメージクロックを増やす。鍛冶もスペルは引くのだが《ロクソドンの神秘家/Loxodon Mystic》に対する解答にはならず。

そのまま逆転無く、ダブルタッパーな藤田勝利。

Final Results : 藤田剛史 Win

Fujita Tsuyoshi

Download Arena Decklist

Kaji Tomohiro

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る