ラウンド 6: 鹿田暢亮 vs. 荒堀和明

更新日 Event Coverage on 2003年 1月 9日

By 小堺透雄

Game 1

鹿田はマルカ・デス、荒堀が白青黒というマッチアップ。

鹿田は2ターン目の《花の壁/Wall of Blossoms》からスタートする静かな立ち上がり。一方の荒堀は《強迫/Duress》で相手の《破滅的な行為/Pernicious Deed》を叩き落して次ターンには《幽体オオヤマネコ/Spectral Lynx》を戦線に送り込み、依然《花の壁》と《ヤヴィマヤの古老/Yavimaya Elder》しか場に展開出来ない鹿田に対してプロテクション(緑)が見事に突き刺さる。

たまらず鹿田は《ヤヴィマヤの古老》の生け贄を以ってライブラリーを掘り進める事で打開策を見出そうと動く。

この後、《強迫》《陰謀団式療法/Cabal Therapy》と連打した鹿田は、荒堀の手札にあった2枚の《翻弄する魔道士/Meddling Mage》を落とし、《魂売り/Spiritmonger》へとつないで荒堀にプレッシャーをかける。

荒堀の場には、《幽体オオヤマネコ》《レイモス教の兵長/Ramosian Sergeant》《鞭縄使い/Whipcorder》と並んでいるものの、土地が3枚しか並ばずに十分な展開が出来ないまま、苦しい状況。
そんな荒堀を尻目に、マナを揃えた鹿田の場に用意されていた2枚の《樹上の村/Treetop Village》が立ち上がり、荒堀の場へと一気に攻めかかる。

これに対して懸命のブロックで耐え、《樹上の村》を1枚葬り、さらに《名誉回復/Vindicate》でもう1枚の《樹上の村》を破壊した荒堀。場の均衡を再び構築し、《魂売り》を《鞭縄使い》で封じ込め《ファイレクシアの抹殺者/Phyrexian Negator》で殴りかかる理想的な展開に。

追い詰められた鹿田。
しかし、ここでの渾身のドローはなんと念願の2枚目の《破滅的な行為》!即刻これを起動し、これで場は再び《魂売り》と《幽体オオヤマネコ》のにらみ合いとなり、中盤・終盤戦に利のあるマルカの本領発揮と行きたい鹿田。

しかし、逆転のカードを待っていたのは鹿田だけではない。
荒堀もようやく《パララクスの波/Parallax Wave》を引き当て、鹿田の《魂売り》への回答を用意する。
残ライフは鹿田が1、荒堀が2。
お互いあと1パンチで勝敗が決するという状況。

《パララクスの波》によって再び追い詰められた鹿田は《生ける願い/Living Wish》から《ボトルのノーム/Bottle Gnomes》を調達するも、命を1ターンもたせる事しか出来ず、息詰まる第1ゲームは荒堀が取ったのであった。

荒堀 1-0 鹿田

Game 2

お互いに入念なサイドボードチェンジからの2本目。

先攻は鹿田。
《幽体オオヤマネコ》を封じ込める為にサイドボードから投入した《ボトルのノーム》を含み、《陰謀団式療法》《破滅的な行為》など理想的な手札。一方の荒堀も《名誉回復》2枚と《鞭縄使い》《賛美されし天使/Exalted Angel》を含む好配牌。

1ターン目の《陰謀団式療法》で確認した荒堀の2枚の《名誉回復》に脅威を抱いた鹿田。《吸血の教示者/Vampiric Tutor》で《ヤヴィマヤの古老》を呼び込んで《陰謀団式療法》を即刻フラッシュバック。

すると荒堀の《名誉回復》は3枚に膨れ上がっておりこれらが全て墓地へと送り込まれ、またしても土地が並ばない荒堀に対して3度目の《陰謀団式療法》。

これによって《賛美されし天使》をも失った荒堀であったが、《鞭縄使い》《幽体オオヤマネコ》で固めてダメージを通さない。

決め手を引いてこない鹿田は、《ボトルのノーム》《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》しか攻め手を用意出来ず、《破滅的な行為》を出して牽制する事しか出来ない。

そしてついに荒堀の場に《パララクスの波》が登場する。さらにサイドインした《金粉のドレイク/Gilded Drake》をも戦線に送り込み、《破滅的な行為》の起動か《貪欲なるベイロス》の生け贄を強要する。

結局、鹿田は《貪欲なるベイロス》を生け贄に捧げ、目標を見失った《金粉のドレイク》は《パララクスの波》の支配下に置かれる事となり、《ボトルのノーム》を縛り上げた《鞭縄使い》の助けを借りた《幽体オオヤマネコ》が鹿田に攻撃を開始する。

何とかしたい鹿田。
手札に抱えていた《生ける願い》をキャストして動くものの、ここでタイムアップを告げる声。

Final Result:荒堀 wins 1-0-1

Shikata Nobuaki

Download Arena Decklist
ソーサリー (11)
3 Living Wish 3 Duress 3 Cabal Therapy 1 Buried Alive 1 Living Death
インスタント (2)
2 Smother
エンチャント (4)
4 Pernicious Deed
他 (2)
2 Vamplic Tutor
59 カード
サイドボード (15)
1 Bone Shredder 1 Cabal Therapy 1 Buried Alive 1 Thrull Surgeon 1 Masticore 1 Coffin Queen 1 Visara the Dreadful 1 Crypt Creeper 1 Filth 2 Bottle Gnome 1 Hounting Echoes 1 Spike Waver 1 Faceless Butcher 1 Coffin Purge

Arahori Kazuaki

Download Arena Decklist
ソーサリー (10)
4 Vindicate 4 Duress 2 Cabal Therapy
インスタント (4)
4 Brainstorm
エンチャント (3)
3 Parallax Wave
他 (4)
4 Meddlin Mage
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る