ラウンド 6:

更新日 Event Coverage on 2004年 3月 20日

By 松井 健治

5 戦全勝同士で対決する阿南と大塚。

阿南剛。顔はあまり売れていないが、名前が一人歩きしているプレイヤーとして世界中に親しまれている。

それは藤田剛史のグループが作成するデッキの名前に必ず「 GO ANAN DECK 」と言う名前が付けられるためで、とうとう先日行われたプロツアー神戸で阿南本人が外国人プレイヤーに指を刺されて、「あれが ANAN だ」と言われたとかなんとか。
当の本人はプロツアー参加経験もあるプレイヤーで、関西で森田雅彦らと共に切磋琢磨してきたため、その実力も折り紙つきである。
来年度は学業の為留学し、 YMG のお膝元でマジックをプレイする環境へと移る彼だ。

対する大塚。

彼は昨年度の日本選手権覇者であり、今期はこのゲームにかける熱情をぶつけて戦いに挑んでいる。

Game 1

先手阿南が初手を迷わずマリガンしたところからゲームスタート。

2 ターン目から《翼竜の幽霊/Pteron Ghost》、《ウィザードの模造品/Wizard Replica》、《電結の破壊者/Arcbound Crusher》と続けて展開。

対する大塚は《電結の破壊者》を除去するべく、阿南のエンドに《翼竜の幽霊》に《恐怖/Terror》を打ち、返すメインターンに《とげの稲妻/Barbed Lightning》を使用して《電結の破壊者》を除去。

除去の大盤振る舞いから、大塚は《エイトグ/Atog》を出してターンエンド。

返すターンの阿南、《電結のとげ刺し/Arcbound Stinger》を出し、ターンエンドすると、大塚は自身ののターンで《炎叫びの杖/Fireshrieker》を《エイトグ》に張って攻撃すると、阿南はそれを《電結のとげ刺し》でブロックし、《信仰の試練/Test of Faith》を持って、これを守った上に、《エイトグ》の除去に成功。

珍しく二段攻撃が仇となった戦闘ステップを終えた後、阿南の《電結のとげ刺し》が 4/4 飛行となって大塚に襲い掛かり、これを除去しきれないまま大塚のライフを 0 を割った。

阿南 1 - 0 大塚

Game 2

大塚が後手を選択した為、阿南が先手となってゲーム 2 が開始。

互いに 2 ターン目にマナマイアを経由して《トゲ撃ちゴブリン/Spikeshot Goblin》を出し、それに重ねて阿南が《ヴァルショクの鉄球/Vulshok Morningstar》を《トゲ撃ちゴブリン》に張ってターンエンド。

それに対して大塚、《ヴァルショクの鉄球》をすぐさま《粉砕/Shatter》し、《トゲ撃ちゴブリン》に《とげの稲妻》を打ち下ろす。

テンポの良い展開に、阿南もまだまだと《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》、《電結の混種/Arcbound Hybrid》で攻撃を再開。

《氷の干渉器/Icy Manipulator》を引き当てた大塚は、なんとか被弾するダメージを抑えながら耐えるが、阿南の場に《花崗岩の破片/Granite Shard》まで追加されてジリ貧状態に輪がかかる。

そこへ更に、阿南は大塚の《トゲ撃ちゴブリン》に《拘引/Arrest》をはりつけ、能力を封じた所へ《急報/Raise the Alarm》で更にクリーチャーを増やし、大塚に抵抗の隙を与えず勝利をもぎとった。

Final Result : 阿南 2 - 0 大塚

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る