ラウンド 7: 中村修平 vs. 森勝洋

更新日 Event Coverage on 2003年 1月 9日

By 松井健治

 2 敗ラインで対峙する中村と森。
 奇しくもお互い《サイカトグ/Psychatog》デッキ同士での長い戦いが予想される。

Game 1

 順調にお互い土地を並べ、先に動いたのは森。
 《渦巻く知識/Brainstorm》から《汚染された三角州/Polluted Delta》で手札のリフレッシュを行い、そこから《嘘か真か/Fact or Fiction》を連打しアドバンテージを広げていく。

 その動きに合わせるかのように、中村も《夜景学院の使い魔/Nightscape Familiar》、《サイカトグ》とクリーチャーを連打。

 アドバンテージの差を生かして、森はマストカウンターなカードをどんどん中村に叩きつけ、その攻め手が一瞬と待った瞬間、中村の《嘘か真か》が通る。

 内容は《嘘か真か》と《綿密な分析/Deep Analysis》 2 枚を含む構成から、今度は逆に中村側に大量のアドバンテージが発生。

 先に《サイカトグ》を場に出している中村は一気に優勢に立ち、森の行動を今度は逆に封じてゆく。
 そこで止めと、《狡猾な願い/Cunning Wish》から《枯渇/Mana Short》を手に入れ、その《枯渇》即キャストし、通った時点で森が投了を宣言。

中村 1 - 0 森

Game 2

 森が再び窮地に立つ。

 引いたドロー強化の類は《蓄積した知識》 1 枚のみ。
 対する中村は、初手から携えていた 2 枚の《綿密な分析》から手札を伸ばし、《嘘か真か》へと繋げ、 9 ターン目に《枯渇》を森に対してキャスト。

 これを《記憶の欠落/Memory Lapse》で対応してみせるが、それをも簡単に覆され、「負けたー!」と断末魔の叫びを上げて中村は森を下す事となった。

Final Result : 中村 2 - 0 森

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る