ラウンド 7 石田格 vs. 東野将幸

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 1日

By 丸山智寛

日本選手権 2 日目最初のフィーチャーマッチは東西の大物デュエリスト同士の対決となった。

両者ともに初日を 5 – 1 と好位置に付けており、緒戦は是非とも勝っておきたいところ。東野は赤黒に白を散らした攻撃的なデッキを構築。ジャッジメントで獲得した2枚の《秘儀の教示/Arcane Teachings》と、《熟達の戦士ジェスカ/Jeska, Warrior Adept》が印象的だ。この環境では弱い印象のある赤だが、東野はドラフトの流れを見て冷静に判断を下し、強力なデッキに組み上げて見せた。

対する石田は緑青デッキに黒を散らしたデッキを構築。標準的な緑青のボディに《総帥の願望/Patriarch's Desire》、《モルグの窃盗/Morgue Theft》などを加え、《ボールシャンの協力者/Balshan Collaborator》もその力を十分に発揮できる形に仕上げている。

Game 1

両者、がっちりと握手して試合開始。先行は東野。

静かな立ち上がりから先に動いたのは後攻の石田。《虚無魔道士の代言者/Nullmage Advocate》を召還。これに対し東野は《土喰い豚/Petravark》を召還、石田の森を隠す。

石田が何もせずにターンを返すと東野は《不浄/Filth》を展開。沼を場に持つ石田にとっては非常に厄介な存在だ。

この東野のターンの終わり、石田は《土喰い豚/Petravark》を《霊気の噴出/Aether Burst》で戻し、自分のターンで《ボールシャンの協力者/Balshan Collaborator》を展開。殴り勝てる体勢に持ち込もうとする構えだ。

《霊気の噴出/Aether Burst》を見た東野はここで勝負に出る。

《不浄/Filth》に《秘儀の教示/Arcane Teachings》をつけて攻撃、さらに《大音響攻撃/Sonic Seizure》を《ボールシャンの協力者/Balshan Collaborator》に。

一気に苦境に立たされた石田、《虚無魔道士の代言者/Nullmage Advocate》の能力を起動して《秘儀の教示/Arcane Teachings》者を破壊(戻したカードは《大音響攻撃/Sonic Seizure》ほか一枚)。

さらに《総帥の願望/Patriarch's Desire》で《不浄/Filth》を殺す。目前の脅威は去ったがこれ以降、東野のクリーチャーはすべて沼渡りを得てしまう。

両者共に場を再構築の殴り合いとなるが、沼渡りにより東野がリード。石田の《薄暗がりを漂うもの/Gloomdrifter》も《包み込む炎/Engulfing Flames》の表裏連射によって除去。

そのまま猛攻により東野が1本目を先取した。

石田 0 - 1 東野

Game 2

東野の沼渡りを封じるべく、石田はタッチカラーの黒を抜いてデッキを緑青2色にまとめ直して逆転に挑む。

先行は石田。

序盤、石田は東野のクリーチャーを相打ちでいなしつつ展開し、徐々に場を支配していく。

石田の場には《凶暴象/Rabid Elephant》、《ハイドロモルフのカモメ/Hydromorph Gull》、《ボールシャンの協力者/Balshan Collaborator》。東野の場には《パーディック山の火猫/Pardic Firecat》、《焼き焦がすドワーフ/Dwarven Scorcher》、石田の森を隠した《土喰い豚/Petravark》。

攻めあぐねる東野に対し、石田は2体の飛行クリーチャーで攻撃、ライフレースを挑むが《恐ろしい死/Ghastly Demise》で《ハイドロモルフのカモメ/Hydromorph Gull》を除去されてしまう。石田は《ドングリの収穫/Acorn Harvest》で防御を固め、ターンを返す。

ここで東野は決死の総攻撃。《パーディック山の火猫/Pardic Firecat》をブロックした《凶暴象/Rabid Elephant》に対し、《焼き焦がすドワーフ/Dwarven Scorcher》を起動。さらに《包み込む炎/Engulfing Flames》を放つ。

石田は手中に《霊気の噴出/Aether Burst》を握りながらもこの相打ちを受ける。この攻防によってライフは石田 10 、東野16となる。

飛行に殴られながらも状況打破を狙って東野は《不浄/Filth》に《秘儀の教示/Arcane Teachings》をつけようとするが、これを意識して温存された石田の《霊気の噴出/Aether Burst》がそれを許さない。

石田はさらに《地図作り/Cartographer》に《かそけき翼/Ghostly Wings》をつけてアタッカーを増強、東野にプレッシャーをかけていく。東野は果敢に再度総攻撃。《血まみれ牙の炎獣/Goretusk Firebeast》で石田のライフを 1 点まで追い込むが次の石田の攻撃を止めることができず、勝負あり。

石田 1 - 1 東野

Game 3

東野の先行で 3 本目スタート。

東野は《陰謀団の拷問者/Cabal Torturer》、《囁く影/Whispering Shade》と連打。

石田は《ボールシャンの協力者/Balshan Collaborator》を召還するが、《陰謀団の拷問者/Cabal Torturer》に《秘儀の教示/Arcane Teachings》をつけて殴られ、非常に苦しい形。

対応に迫られる石田は《かそけき翼/Ghostly Wings》を《陰謀団の拷問者/Cabal Torturer》につけて手札に戻し、《ボールシャンの協力者/Balshan Collaborator》は攻撃。東野が再召喚した《陰謀団の拷問者/Cabal Torturer》は《液化/Liquify》でカウンター、と手札を犠牲にしながらもしのいでみせる。

しかし東野の手にはもう一枚の《秘儀の教示/Arcane Teachings》があった。

これを貼られた《囁く影/Whispering Shade》により、石田のライフが大きく削られていく。

石田は《リスのお喋り/Chatter of the Squirrel》で生んだリストークンのチャンプブロックで時間を稼ぎ、《ハイドロモルフのカモメ/Hydromorph Gull》を召還。地上を持ちこたえながら飛行クリーチャー 2 体での攻撃による勝利に望みをつなぎたい石田だった。

しかし、東野は《パーディック山の火猫/Pardic Firecat》召還してからの《大音響攻撃/Sonic Seizure》を《ハイドロモルフのカモメ/Hydromorph Gull》に放ち、総攻撃。

石田の希望を粉砕した。

Final Result : 東野 Win

Higasino Masayuki

Download Arena Decklist

Ishida Itasu

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る