ラウンド 8: 深田 崇聖 vs. Darwin Kastle

更新日 Event Coverage on 2002年 3月 15日

By 藤田 憲一

通算 8 回戦目、二日目の緒戦となるこのラウンド。果たして BEST 8 に残るのは誰か。注目のラウンドだ。

「坊主」こと深田は、いわゆる「黒単」だが、他の物よりもより《イチョリッド/Ichorid》による攻撃に主眼を置いている。《凍血鬼/Bloodcurdler》《生き埋め/Buried Alive》などが搭載されている所からもそれが伺える。

対する Kastle は、関西勢が使用する青緑とほぼ同型のデッキ。メインから《リスの巣/Squirrel Nest》を採用している所ぐらいが相違点だろう。

ところで、深田は今日が卒業式だそうだが、行かなくていいのか?

Game 1

先手の Kastle が《強制/Compulsion》、深田が《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》というお互いのデッキの定番の立ち上がり。まずは《ナントゥーコの影》がいいパンチ力で突進する。
しかし 4 ターン目、Kastle は《リスの巣/Squirrel Nest》をトップデッキ。コレをすぐさま森に貼る。
深田は次ターンから《イチョリッド/Ichorid》でのアタック体制に入るところだっただけに、これは非常に厳しい。是非とも《腐臭の地/Rancid Earth》を引いて、叩き壊したいところだろう。

その後、深田は《よろめく大群/Shambling Swarm》を出し、《イチョリッド》とアタックを繰り返してなんとか消耗戦に持ち込もうとする。しかし、《リスの巣》からの無限ブロッカーのせいで、ライフの減りは鈍い。

一方の Kastle、実はここまで島 1 枚、森 3 枚の 4 マナで止まってしまっており、特に島が足らない為に《強制》を回す暇も無く、手札の《尊大なワーム/Arrogant Wurm》も出すことが出来ない。深田のリソースは減らしているとはいえ、ライフもジワジワと減ってきている。あと 1 マナあれば・・・というところなのだが。
という我慢合戦の結果、とうとう Kastle が島を入手。深田の《イチョリッド》のアタックに対して《尊大なワーム》を《強制》からキャスト。これをブロックし、返しのターンから攻勢に転じ始めた。

しかし深田も、ここまで使い道のなかった《もぎとり/Mutilate》で除去しようと試みる。が、これを《霊気の噴出/AEther Burst》によって回避され、非常に厳しくなる。

それならば、と《生き埋め/Buried Alive》から《イチョリッド》大量生産モードに入らんとするも、今度は Kastle が 2 枚目の《リスの巣》!これで万事休す。

《腹黒い夢/Insidious Dreams》から《ラクァタスのチャンピオン/Laquatus's Champion》でトドメを刺そうという最後の抵抗も、あっけなく《堂々巡り/Circular Logic》でカウンターされ、最後はリスの大群に踏み潰された。

Win Kastle

Game 2

先手の深田、《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》で Kastle のハンドを見ると、2 マナ目のランドと、《野生の雑種犬/Wild Mongrel》と《一瞬の平和/Moment's Peace》以外は重いスペルばかり。当然《野生の雑種犬》を抜く。

さて Kastle 、なんとか 3 マナそろうものの《熊の谷/Bearscape》をキャストすることしか出来ない。その次のターンは《リスの巣》となかなか十分なマナが揃わない。

一方の深田、順調に 4 マナをそろえて、なんと《よろめく大群》を 3 ターン連続でキャスト。《イチョリッド》と共にどんどん攻め込む。なんとか《一瞬の平和》や熊トークンなどで凌ぐも、ともかくマナが揃わない。

もうダメかと思われたその時、とうとう 6 マナ目を引いて苦し紛れながらも《激動/Upheaval》で場のリセットに成功。なんとか建て直しを図りたい Kastle。

しかし、これが《イチョリッド》の恐ろしいところ。マナを使わず、《激動》のディスカードにより「弾」をいっぱい補充した 3/1 Hasteの集団が、《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》《野生の雑種犬》を突き破り、Kastle のライフを奪い去った。

Win 深田

Game 3

この時点でのこり 7 分。両者時間を気にして急ぐが、デッキ的に勝ち目があるのは深田だろう・・・誰もがそう思っていた。

しかし、Kastle の素晴らしいショーが始まる。深田の 2 ターン目の《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》によって《日を浴びるルートワラ》がリムーブされるものの、そこから《野生の雑種犬》《尊大なワーム》《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》と連打。さらに深田が追加の《催眠の悪鬼》をだすとスタックして 2 体の《日を浴びるルートワラ》で手札ゼロ。

深田「全然違うデッキやん・・・」

という深田の言葉どおり、謎の緑ビートダウンデッキの場所を引きまくった Kastle が、時間切れと同時に勝利を手中にした。

Kastle wins

Final Result:Kastle 2-1 深田

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る