ラウンド 8: 藤田修 vs. 川嶋義幸

更新日 Event Coverage on 2003年 8月 22日

By Wizards of the Coast

初日最終戦、全勝街道をつっぱしってきた二人の対決である。京都の超ベテランの藤田修と和歌山の川嶋。

藤田剛史プロデュースの赤白を駆る藤田修とオリジナルデッキという青赤ランドデストラクションコントロールを駆る川嶋はたして3日目へのポールポジションを手にするのはどちらのプレイヤーであろうか。

Game 1

川嶋先手でゲームが開始。お互い少々のサイクリングをしながら牽制しつつターンが進む。

ファーストアクションは4ターン目の川嶋は《不毛化/Lay Waste》で藤田の平地を破壊、次ターンで藤田が《霊体の地滑り/Astral Slide》をキャスト。

その返しで川嶋がキャストしたのは《的外れの激怒/Misguided Rage》ランデス相手には《霊体の地滑り/Astral Slide》は役に立たないと踏んだ藤田は即これを生贄にささげた。

つづいて川嶋は《荒廃の箱/Ark of Blight》《併合/Annex》と立て続けにランドを攻め立てるのだが、いかんせん藤田のデッキはランドとそれに順ずるカードが大量に搭載されたデッキである、ランデスの後押しとなる《全能なる者アルカニス/Arcanis the Omnipotent》を引かなかった川嶋は弾切れを起こしてしまい土地を引き返した藤田は《銀騎士/Silver Knight》《賛美されし天使/Exalted Angel》《稲妻の裂け目/Lightning Rift》と並べる。

手札に回答の無かった川嶋だがなんとかここで《刃の翼ロリックス/Rorix Bladewing》を引き膠着状態にもっていく。

しかし《賛美されし天使/Exalted Angel》のせいで殴りに行くことが出来ない。
そして滞っているうちに藤田は《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》によってさらに潤沢なマナを手に入れそして《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》を召還し、天使とともに《稲妻の裂け目/Lightning Rift》を盾に殴り始める。

川嶋はしかたなく《賛美されし天使/Exalted Angel》を《刃の翼ロリックス/Rorix Bladewing》でブロックし、そこに予定調和的に藤田が《稲妻の裂け目/Lightning Rift》の能力起動で2点を入れ相打ちに。

藤田の場に《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》が残ってしまい困る川嶋は、ここにきてやっと《全能なる者アルカニス/Arcanis the Omnipotent》を引き、それを召還するのだが時すでに遅し。

藤田は自ターン《霊体の地滑り/Astral Slide》をキャストして自分のターンのエンドステップ中にサイクリングして《全能なる者アルカニス/Arcanis the Omnipotent》を消去という方法で1ターンをしのぎ、ここで残りライフが少なくインスタントの
打開策がない川嶋は投了を宣言した。

藤田 1 - 0 川嶋

Game 2

川嶋は先手を選択。藤田は少考の末マナソースの少なめの初手をキープする、のだがこれが裏目に。

川嶋の3ターン目の《的外れの激怒/Misguided Rage》こそ2ターン目に出していた《稲妻の裂け目/Lightning Rift》を生贄にすることで回避できたものの4、5ターン目に《併合/Annex》と《不毛化/Lay Waste》がテンポよく藤田の土地に突き刺さる。

さらに弾切れになりかけた川嶋が6ターン目に引いたのは《全能なる者アルカニス/Arcanis the Omnipotent》。

ランドが2枚しかない藤田はこれに対処しようがなく苦い顔でターンを返す。

 そして川嶋が引いた3枚のには藤田の希望を摘み取る2枚の《不毛化/Lay Waste》が含まれており藤田の土地は0枚に。

安全圏まで土地を壊しきった川嶋はその後悠々と《刃の翼ロリックス/Rorix Bladewing》を引き入れ藤田を投了に追い込んだ。

藤田 1 - 1 川嶋

Game 3

先手は藤田で3本目スタート。

川嶋は2ターン目に《荒廃の箱/Ark of Blight》、3ターン目藤田は変異(《賛美されし天使/Exalted Angel》)をキャストする。

川嶋は返す3ターン目に《荒廃の箱/Ark of Blight》を起動し、藤田に4マナ揃わせないうちに4ターン目に《星の嵐/Starstorm》を使用。

裏向きの《賛美されし天使/Exalted Angel》を除去する。さらに《的外れの激怒/Misguided Rage》と《波停機/Stabilizer》つづけてキャストする川嶋だが肝心の土地破壊が青マナが足りないために《併合/Annex》をうてず、苦い表情。

しかし藤田も《波停機/Stabilizer》によってサイクリングを封じられ、自力で土地を引くしかないという厳しい状態である。

ようやく2枚目の島をひいた川嶋は《併合/Annex》をキャスト。これに対して藤田は待ってましたとばかりに《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》をキャストし《波停機/Stabilizer》と《併合/Annex》を同時に割ることに成功する。

が、川嶋の手札にはもう一枚《波停機/Stabilizer》が控えており返すターンでそれをキャストする。

しかし土地の確保が完了した藤田にとって《波停機/Stabilizer》の存在は致命的なものではなく、すぐさま《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》と《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》を並べて一気に川嶋を下した。

かくて見事全勝で2日目へと進んだのは藤田修となった。

Final Result 藤田 2 - 1 川嶋

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る