ラウンド 8

更新日 Event Coverage on 2004年 1月 17日

By 吉川 祐輔

Gabe Walls – 2003年アメリカ選手権 準優勝, 同年世界選手権 Top 8, 国別対抗戦 優勝の経歴を持つ。とにかく賑やかな、挙動の大きいプレイヤーである。

大澤 拓也 – 本大会が初のプロツアー参加となる新鋭。最近勢いを増す浅原連合の一員である。

デッキはWallsが《まばゆい光線/Blinding Beam》3枚、《光明の天使/Luminous Angel》2枚、《陽光の潮流/Solar Tide》という驚異的な白単色なのに対し、大澤はやや装備品が少ないながらも標準的な白赤である。
パワーカードにたどり着かれるまでにどこまでWallsを追い詰められるかが焦点となるだろう。

Game 1

Walls先攻。平地を並べる静かな動きのWallsに対し、大澤は《レオニンの古老/Leonin Elder》で一歩先んじる。

第3ターンは《空狩人の若人/Skyhunter Cub》の鏡打ちになるが、先に殴ったWallsの《若人》を大澤がブロックしたところで《畏敬の一撃/Awe Strike》。大澤は一方的に《若人》を失う形になるが、彼はより大きな場面で使われると思っていたらしく、特に問題に感じてはいなかったそうだ。

後続が《ゴブリンの戦闘車/Goblin War Wagon》だけのWallsに対し、《タージ=ナールの剣鍛冶/Taj-Nar Swordsmith》で《ヴァルショクの篭手/Vulshok Gauntlets》を呼び出し戦線を固める大澤。これに動揺したかしないか、《戦闘車》のアンタップを忘れるWalls。冷やかすギャラリーのJordan Barkowitz。賑やかだ。むしろちょっとうるさいかも。

その後、今度は敢えて《戦闘車》を起こさないと言うWalls。土地は《平地/Plains》ばかり6枚、ブロッカーは先程の《若人》1枚。大澤はこの時点で《魂の閃き/Soul Nova》が読めたという。それを承知の上で、大澤は《ヴァルショクの篭手》を《古老》に装備して攻撃を試みるが、Wallsは攻撃宣言のタップを制し「ちょっと待て」。《まばゆい光線/Blinding Beam》を使うのかと思いきや、「やっぱいいや」。大澤は勇躍《古老》、《兵士の模造品/Soldier Replica》、《剣鍛冶》で殴りかかるが、ここでWallsは少考の後《魂の閃き》を《古老》に放つ。

大澤は「《魂の閃き》の対象のクリーチャーが墓地に落ちれば装備品は残る?」とジャッジにルールを確認した後、攻撃前に置いた《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》を《ヴァルショクの篭手》付きの《古老》へ。しかし《古老》のタフネスは3…。折角読みを進めて準備をしてきた意味もなく、3枚のカードを失ってしまった大澤。曰く「恥ずかしいー」。

それでも《古老》2枚の威光は大きく、戦線がガタガタになってもなかなか減らない大澤のライフ。対するWallsは2枚もの《まばゆい光線》で戦線をこじ開けていく。
大澤もクリーチャーを連続で引き頑張るのだが、《真珠の破片/Pearl Shard》で《兵士の模造品》を封じられ、これには《供犠台の光/Altar’s Light》で対処するも、さらに《陽光の潮流/Solar Tide》(パワー2以下を破壊)で1:3交換を取られてしまい、厳しい戦いが続く。

Auriok Transfixer

それでも前を向き続ける大澤は、《急報/Raise the Alarm》をチャンプブロックに使うことを拒否し、あくまで勝利を目指す。1手違いで勝ちの状況まで漕ぎ着けるが、最後は実に3枚目の《まばゆい光線》を見せられて投了。

Walls 1-0 大澤

Game 2

Wallsが《オーリオックの貫通者/Auriok Transfixer》、大澤が《鉛のマイア/Leaden Myr》の立ち上がり。大澤が第3ターンの《ヴァルショクの狂戦士/Vulshok Berserker》で先行するも、これは次ターン《空狩人の若人》と相打ち。

順調にマナを伸ばす大澤は《機械仕掛けのヴォラック/Clockwork Vorrac》と《レオニンの古老》、さらには《ヴァルショクの篭手》をも戦線に加えるが、土地が4枚で止まっているWallsも《ゴブリンの戦闘車》+《ヴァルショクの篭手》を完成させ殴りかかる。《ヴァルショクの篭手》付き《古老》で迎え撃つ大澤だが、またまた《畏敬の一撃》が。クリーチャーのぶつかり合いになる白のミラーマッチなどでは、このスペルは本当に強い。

それでも大澤のクリーチャーは止めど無く続き、《ヴァルショクの篭手》付きクリーチャーで殴っては後続を追加し、それに《ヴァルショクの篭手》を移し変える、という方法で土地を引けないWallsを攻めたてていく。
Wallsも《まばゆい光線》で頑張ってみたりするのだが、《ゴブリンの戦闘車》に《粉砕/Shatter》、さらには《まばゆい光線》と時間を与えなかった大澤がその力を如何なく発揮し、押し切る。

Walls 1-1 大澤

Game 3

再び先攻はWallsへ。大澤は《山/Mountain》2枚+《古老》2枚、《空狩人の巡回兵/Skyhunter Patrol》、《兵士の模造品》、《剃刀の障壁/Razor Barrier》で構成されたオープニングハンドに苦い顔をするが、これをキープする。

しかし《平地》を引けない大澤は、3ターン目に《古老》をディスカードする羽目に。対してWallsは《空狩人の若人》、《ゴブリンの戦闘車》、《ヴァルショクの篭手》とお決まりの戦線を構築し、”How lucky!”と叫ぶBarkowitz。

引いてきた《粉砕》を《ヴァルショクの篭手》に撃ち込むくらいしかできなかった大澤は、結局4枚目の土地すら間に合わなかった。

Walls 2-1 大澤

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る