ラウンド 8: Pi-taso vs T.A.O

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 11日

By 平林和哉

A : 浅原晃 (WU) vs 武政巌 (WU)
B : 湯浅謙太郎 (RG) vs 浅利浩三 (BR)
C : 荒堀和明 (WB) vs 太田あきら (RG)

GP 仙台以降メジャーになった八王子組の精鋭 3 人組の Pi-taso 、 DCI 常連の T.A.O とのマッチアップ。

Game 1

浅原が《玉虫色の天使/Iridescent Angel》、武政が《カーターの怒り/Kirtar's Wrath》を持っているものの、互いが攻め手に欠けるデッキになってしまっている。
特に武政の《熟練の薬剤師/Master Apothecary》《優雅なアンテロープ/Graceful Antelope》が注目だ。

武政がマリガンでスタート。

浅原《縄抜け名人/Escape Artist》から《綿密な分析/Deep Analysis》を経ての《エイヴンの風読み/Aven Windreader》、武政が《セファリッドの斥候/Cephalid Scout》《美徳の巡礼者/Pilgrim of Virtue》《エイヴンの群れ/Aven Flock》と展開する。

膠着しそうな場ではあるのだが、浅原が戦線に《ハイドロモルフのカモメ/Hydromorph Gull》まで追加すると一気に浅原の有利な場に仕上がっていく。

《ハイドロモルフのカモメ/Hydromorph Gull》は《エイヴンの群れ/Aven Flock》と《セファリッドの斥候/Cephalid Scout》でのダブルブロックで仕留めたものの、 2 体に増えた《縄抜け名人/Escape Artist》がどうにもならない。

切り札の《カーターの怒り/Kirtar's Wrath》すら《拒絶の儀式/Rites of Refusal》されてしまい、予想外に 1 本目は早い決着となった。

浅原 1-0 武政

Game 2

《秘教の盲信者/Mystic Zealot》《ハイドロモルフのカモメ/Hydromorph Gull》と、場だけなら浅原の有利そうな展開で始まるのだが、早くも 5 ターン目に武政が《熟練の薬剤師/Master Apothecary》をプレイ。

Coral Net
そのまま膠着するかに思われるところで浅原は《綿密な分析/Deep Analysis》から回答を手にする。
《珊瑚の網/Coral Net》-地味ではあるが、武政も攻め手に欠けているために維持し続けざるを得ない。

その先細りな状況を打破しようと武政の場に《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》が現れようとするがここでも浅原の《拒絶の儀式/Rites of Refusal》が決まり、しかも直後に《公証人/Scrivener》で《拒絶の儀式/Rites of Refusal》が回収されてほぼジリ貧になってしまう。

だが後の事を考える余裕は武政にはない。
浅原の《戦闘的な修道士/Militant Monk》で軽減されつつも、《エイヴンの射手/Aven Archer》のサポートを受けた《エイヴンの魚捕り/Aven Fisher》でとにかく攻撃し続ける。

とはいったものの《珊瑚の網/Coral Net》でアドバンテージを失い続けてる以上いつかは息切れしてしまうのだ。
浅原のライフが一桁になった頃、浅原の場に《ハイドロモルフのカモメ/Hydromorph Gull》《エイヴンの風読み/Aven Windreader》 2 体という状況になったとき武政の攻撃の手が止まる。

ここぞとばかり《エイヴンの射手/Aven Archer》にまで《珊瑚の網/Coral Net》がエンチャントされてしまい、《熟練の薬剤師/Master Apothecary》《エイヴンの射手/Aven Archer》の維持をあきらめて、《尊い癒し手/Hallowed Healer》《カーターの願望/Kirtar's Desire》と防御網を展開することにするが、十分に場が有利になっている浅原は手の内の《拒絶の儀式/Rites of Refusal》を手にしたままだ。

《カーターの願望/Kirtar's Desire》が《刺青の護法印/Tattoo Ward》で弾かれて、浅原の飛行クリーチャーが武政のか弱い戦線を押しつぶした。

白青ではどうにもならない《熟練の薬剤師/Master Apothecary》をうまく処理する《珊瑚の網/Coral Net》、そして要所で決まった《拒絶の儀式/Rites of Refusal》が全てだったと言えるだろう。

浅原 2-0 武政

浅原がまず勝利したところで、残りの 2 マッチが両方とも 3 本目という瀬戸際。

白黒の荒堀と赤緑の太田の 3 本目を追ってみよう。

Game 3

太田は序盤の土地事故によって大幅に展開が遅れたスタートで、荒堀は《天使の壁/Angelic Wall》 2 体、《ティーロの信者/Teroh's Faithful》とまったくもってその隙に乗じることができない。
だが赤緑の太田はこの防御陣を容易な事では崩せないのだ。

《飛びかかる虎/Springing Tiger》に《はじけるこん棒/Crackling Club》は《恐ろしい死/Ghastly Demise》され、なんとか《ナントゥーコの鎮め役/Nantuko Calmer》に《シートンの願望/Seton's Desire》で突破しようと試みる。
しかし《ティーロの信者/Teroh's Faithful》チャンプブロックからの《モルグの窃盗/Morgue Theft》でどんどん長引く一方だ。

そうこうしているうちに荒堀が《ボールシャンの協力者/Balshan Collaborator》という切り札を手にする。

必死に太田は《集中砲火/Flame Burst》《液状の火/Liquid Fire》と荒堀本体に連打して少しでも方法を模索していく。
まだ荒堀は十分なライフがある。この不気味な行動の意味は・・・・

《意気沮喪/Demoralize》《入門の儀式/Rites of Initiation》!

Rites of Initiation
《励まし/Embolden》でも耐えることが出来ずに荒堀は屈することになった。

荒堀 1-2 太田

結局 1-1 になったが、赤緑の湯浅が《象の待ち伏せ/Elephant Ambush》 2 枚(さすがに 2 枚目を読むのは難しい)で赤黒の浅利を踏み潰して、ほぼ 3 連勝縛りである二日目の初戦を Pi-taso が勝利で飾った。

Final Result: Pi-taso 2-1 T.A.O

Pi-taso Wins!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る