ラウンド 9 森勝洋 vs. 鷲見和彦

更新日 Event Coverage on 2002年 6月 1日

By 丸山智寛

初日は 4 勝 2 敗といまひとつ調子が出なかった感のある森勝洋。

対するは名古屋の強豪、鷲見和彦。ここを勝ちで終わらせれば 2nd Draft を 2 連勝 してID で、ベスト 8 の目が残る両者。激戦を期待したい。

Game 1

森の先行でスタート。

鷲見、 1 ターン目に《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》を召還。非常に軽快な立ち上がり。

森は《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully》を召還。「意外とやり手」と評判の彼。森の手でどのような活躍を見せるのか、注目したい。

鷲見、《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》で攻撃。森、早速《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully》の能力を起動。ダイスロールにより捨てられたカードは《火花魔道士/Spark Mage》。鷲見はライフを支払うことを選択。森は《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》をブロックせずライフは 14 となるが、一方の鷲見もライフ 16 。

鷲見は土地を置けず、《陽光尾の鷹/Suntail Hawk》を召還してエンド。森は《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully》で攻撃。鷲見はこれを通しライフ 14 。

返しの鷲見の攻撃で森はライフを 10 まで落とす。《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》のパンチが効いている。鷲見は《心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard》を召還。鷲見は土地が3枚で止まっているのだが、小粒のクリーチャーのおかげでデッキが動いている。攻撃を通した森は《象の待ち伏せ/Elephant Ambush》。

ライフレースで追いつくべく、森は《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully》の能力を起動(捨てカードは《クローサの修復者/Krosan Restorer》)。今度は鷲見も能力を阻止せず。森、 4/4 となった《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully》と象トークンで攻撃。鷲見のライフを一挙に 7 点削る(鷲見残りライフ 7 )。

鷲見はここで待望の 4 枚目の土地を入手。《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》をパンプアップして攻撃(森のライフは 7 に)、そして《訓練されたプロングホーン/Trained Pronghorn》を召還。プロングを召還。赤緑の森にとっては苦しいブロッカーだ。

森、迷いながらも《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully》と象トークンで攻撃。鷲見はブロッカーとして、《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully》に《心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard》と《陽光尾の鷹/Suntail Hawk》を、象トークンには《訓練されたプロングホーン/Trained Pronghorn》を割り当てた。森は《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully》に《リフレッシュ/Refresh》。鷲見は《心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard》を生贄にささげ、《陽光尾の鷹/Suntail Hawk》を救い、《訓練されたプロングホーン/Trained Pronghorn》も能力を起動、ライフを減らさない。

森は《松脂岩の壁/Pitchstone Wall》を出してエンド。鷲見の地上クリーチャーの前に立ちはだかる。

鷲見、《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》を召還し、しばし黙考。ジャッジに促され、《陽光尾の鷹/Suntail Hawk》で攻撃。森のライフを 6 にする。

2 ターンのクロックをかけられた森は《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully》と象トークンで攻撃。鷲見はこれを《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》と《訓練されたプロングホーン/Trained Pronghorn》でブロック、《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》がチャンプブロックだが、十分に役目を果たしている。

鷲見がクロックを進めて森にターンを渡す。森は解決策を見出せず、投了。

森 0 - 1 鷲見

Game 2

森はデッキに黒を追加、ダブルシンボルながらも強力なエンドカードである《罪を与えるもの/Guiltfeeder》と《臓器をすり砕く者/Organ Grinder》を入れ、軸をずらそうと試みる。鷲見は《義務の領域/Sphere of Duty》を追加し、森の主力クリーチャー陣を封じようとしている。

先行は森。鷲見の 1 マリガンの後にスタート。

鷲見、《心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard》、《訓練されたプロングホーン/Trained Pronghorn》と非常に軽快な立ち上がり。

一方、森は 3 ターン目にも土地を並べるのみだが、鷲見の攻撃に対して《心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard》に《癇しゃく/Fiery Temper》。後の障害を取り除く。鷲見、《森林地帯のドルイド/Woodland Druid》。ここまで、弱いところばかりを引いているのかと思われていた鷲見のデッキだが、どうやらそのほとんどが弱そう。

森、《パーディック山の火猫/Pardic Firecat》を召還するが、これは殴りにいけない。鷲見、ちょっと大きめの《ナントゥーコの鎮め役/Nantuko Calmer》を召還するが、森の強力火力《稲妻の波動/Lightning Surge》により除去されてしまう。

攻め手を欠いた鷲見、キャントリップ目当てで《狙い撃ち/Guided Strike》。これが効いたか、《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》、《エイヴンの群れ/Aven Flock》と戦線に送り込むが、タップアウト。

ここを外すと《エイヴンの群れ/Aven Flock》に攻撃を封じられそうな森は《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully》を召還の後、《大音響攻撃/Sonic Seizure》で除去。捨て札は《象の待ち伏せ/Elephant Ambush》。

ここまででライフは森 17 – 鷲見20 。鷲見は攻め手をすべてつぶされた形。

森、《罪を与えるもの/Guiltfeeder》をトップデック、即座に召還。鷲見の墓地にはカードが4枚。対処法を見出せない鷲見は《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》を召還するのみ。

森、ここで積極的に動く。《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully》の能力を起動、(捨て札は《意気沮喪/Demoralize》)そして《パーディック山の火猫/Pardic Firecat》、《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully》《罪を与えるもの/Guiltfeeder》で総攻撃。

鷲見は苦しいブロックを強いられる。《パーディック山の火猫/Pardic Firecat》には《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》、《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》、《森林地帯のドルイド/Woodland Druid》で防御、《訓練されたプロングホーン/Trained Pronghorn》で《蛮族の恐喝者/Barbarian Bully》を防御。これに対して、森は《癇しゃく/Fiery Temper》で《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》を除去。この一撃で鷲見の防御陣は壊滅した。のみならず、墓場が増えてしまった鷲見は、森の《罪を与えるもの/Guiltfeeder》の前に投了。

森 1 - 1 鷲見

Game 3

両者、入念にシャッフルを行い、3本目開始。先行は鷲見。

鷲見、またも 1 ターン目に《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》を召還するが、森の《炎の稲妻/Firebolt》に焼かれてしまう。

鷲見、《不屈の部族/Tireless Tribe》で森の攻撃をとどめつつ、陣容を整えようとするが《エイヴンの群れ/Aven Flock》を出せば《癇しゃく/Fiery Temper》、《義務の領域/Sphere of Duty》を貼れば《ナントゥーコの鎮め役/Nantuko Calmer》、と、完全な対応で応じられてしまう。

鷲見の《不屈の部族/Tireless Tribe》がよく守っているおかげでライフの減りは少ないものの、森の場に《穿つドワーフ/Dwarven Driller》《臓器をすり砕く者/Organ Grinder》が登場。鷲見のデッキは、システムクリーチャーにとことん弱い白緑。クロックというには弱いが、確実に鷲見のライフを蝕んでいく。

鷲見は《巨大イボイノシシ/Giant Warthog》を召還、初のファッティに心が躍るが、これまた《稲妻の波動/Lightning Surge》と《大音響攻撃/Sonic Seizure》の前に焼滅。

数ターン後。これまで《穿つドワーフ/Dwarven Driller》の能力の前にライフを削られるままだった鷲見は《祖神に選ばれし者/Ancestor’s Chosen》を召還。ライフを19-19に持ち直す。

ここで森は《義務の領域/Sphere of Duty》を《ナントゥーコの鎮め役/Nantuko Calmer》で破壊、フラッシュバックの《稲妻の波動/Lightning Surge》で《祖神に選ばれし者/Ancestor’s Chosen》を焼き払い、攻撃を開始。

押され気味の鷲見、《雲を追うエイヴン/Aven Cloudchaser》を召還。森は《炎の稲妻/Firebolt》をフラッシュバックして《クローサの修復者/Krosan Restorer》を焼き、攻撃。鷲見は《ほとばしる魂/Spirit Flare》を放つがこれまでも森の《リフレッシュ/Refresh》で効果なし。

なすすべなくターンを返す鷲見。ここで森が 2 枚目の沼を引き、とどめとばかりに《罪を与えるもの/Guiltfeeder》を召還。

鷲見の墓地には焼死体がたんまり。

鷲見、苦笑いしつつ最後のドローを確認して投了した。

Final Result :森 Win

Mori Katuhiro

Download Arena Decklist

Sumi Kazuhiko

Download Arena Decklist

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る