ラウンド 9: 森勝洋 vs Jeff Fung

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 4日

By 平林和哉

デッキが 4 色というぐちゃデッキに仕上がっている森は初戦となる 8 回戦、《リサトグ/
Lithatog
》《ケンタウルスの酋長/Centaur Chieftain》-ブロッカーを《炎の稲妻/Firebolt》で除去したうえでのダブル《筋力急伸/Muscle Burst》という 5 ターンキルによって勝利していた。

「さすがにもう勝てないでしょ」とこぼす森。

対する Fung は安定した白青をドラフトしており、あからさまに不利な組み合わせだ。

開始前、おもむろにインテンショナルドローを申し込む森。
Fung は笑ってこれを断る。

Game 1

デッキがぐちゃってる森は後手を選び、《ナントゥーコの古老/Nantuko Elder》がいるということで森 1 枚スタート。

・・・そのまま土地を引かなかった森は Fung が 3 ターン目に《オーラ術師/Auramancer》を出したとたんに投了した。

所要時間 1 分満たず。

Fung 「《オーラ術師》 1 体で勝っちまったぜ!」

森 0-1 Fung

Game 2

Auramancer
再び後手の森のオープンハンド-《シャドーブラッドの尾根/Shadowblood Ridge》 1 枚-マリガン。

Fung が《オーラ術師》《夢繰り/Dreamwinder》、森《くすぶり獣/Ember Beast》《矛槍兵/Halberdier》と展開していく立ち上がり。

途中森が出した《屍肉ワーム/Carrion Wurm》《ケンタウルスの酋長》は《中略/Syncopate》、《公証人/Scrivener》で回収した《中略》とカウンターされて、Fung の《エイヴンの風読み/Aven Windreader》が殴り続ける展開になった。

《森の力/Sylvan Might》で防御網を突破していったうえでの《セファリッドの仲介人/Cephalid Broker》。
《エイヴンの風読み》を止めることはまずできないため、なんとか後続を展開して追いつかなければならない。

Fung は《尊い癒し手/Hallowed Healer》 2 体防御を固め、森は戦線に《リサトグ》を加え最後の突撃に備える。
だが《小枝を歩くもの/Twigwalker》と《リサトグ》のパンプアップで計算するが、どうしても後数点が削りきれない。

結局《エイヴンの風読み》が最後まで森のライフを奪い去った。

森 0-2 Fung

「まあしょうがないよね?」

FInal Result :森 0-2 Fung

Jeff Fung Wins!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る