ラウンド 9 : 橋本 玲 vs. 伊藤 渉吾

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 20日

By Kenji Matsui

シールドからロチェスター・ドラフトのその様子を変えて、 64 人のプレイヤーがこの競技に参加する。

そこに呼ばれるフィーチャーマッチのプレイヤーと言えば、お決まりの全勝対決。今大会は全勝が現時点で 5 人いるため、こちらも直前まで組み合わせがわからなかったのだが、いざ席についてみると、グランプリ宇都宮覇者である橋本と、今回の注目株である伊藤との対決となった。

まだまだプロフィール欄の情報の少ない伊藤であるが、今大会のグランプリトライアルを優勝してバイ 3 を手に入れ、 昨日のシールドをきっちり 5 勝。本日は余裕の 1st pod からロチェスターを開始している。

この伊藤だが、実は「普通の全勝プレイヤー」とは異なる部分が少しあり、これは運営側サイドでも話題になったほどだ。

シールドデッキが弱い。

初日全勝デッキが 5 人分記載されているのだが、これを見る限り飛びぬけて伊藤のデッキは弱い。逆説的に言えば、グランプリトライアルを優勝し、本戦一日目を弱めのデッキで全勝と言う成績を残した彼こそ、今一番波に乗っているであろうプレイヤーなのだ。

では、本日一発目のフィーチャーマッチをご堪能頂こう。

Game 1

先手は橋本の 2 ターン目の《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》から 1 本目が開始。

返す伊藤も《かまどの神/Hearth Kami》から展回を始めると、次の橋本のターンで《困窮/Distress》が飛んでくる。

そこで公開された 6 枚の手札には、《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》、《潮の星、京河/Keiga, the Tide Star》、《かまどの神》、《山崎兄弟/Brothers Yamazaki》、《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》《水辺の学舎、水面院/Minamo, School at Water's Edge》が。

ここで橋本は熟考を重ね、テンポを遅らせる選択肢を選び、《浪人の犬師》のディスカードを迫る。

Ronin Houndmaster

さて、残った手札でも綺麗にマナカーブを描く事は出来るので、落ち着いて《粗暴な詐欺師》、《山崎兄弟》と呼べば、後に橋本が展回する《呪われた浪人/Cursed Ronin》が《かまどの神》と相打ちになり、橋本は《魂無き蘇生/Soulless Revival》で《呪われた浪人》を拾いつつ、《氷河の光線/Glacial Ray》を連携させて伊藤の《粗暴な詐欺師》を除去。鮮やかな攻防だ。

残る《山崎兄弟》は、こちらも同じくと橋本も《山崎兄弟》を呼んで相打ちに。

先手の理と《氷河の光線》の連結使用によって、橋本が一歩有利であるが、未だ伊藤の手札には《潮の星、京河》が潜み、油断は全く出来ない情況ではある。

さて、伊藤にターンが回り、ここで土地を引けば 6 枚目の土地をセットできることとなり、無事《潮の星、京河》を場に放つ事ができるのだが、このターンのドローは《龍の牙、辰正/Tatsumasa, the Dragon's Fang》。

双方強いレアカードではあるが、 5 マナでは使用できない。《川の海神/River Kaijin》を設置してターンを橋本に回すと、橋本は「少し考える時間を下さい」と宣言。

何に悩んでいるのだろうかと思えば、なんと橋本の手には《思考の猛火/Mindblaze》が!

現在の伊藤のライフは 10 。

《思考の猛火》を成功させ、《鼠の殺し屋》の攻撃を加えれば、丁度 10 点となってゲームエンドなのだが、ここで橋本が発言したカードネームは《龍の牙、辰正》・・・

ロチェスター・ドラフトと言う特殊な環境に措いて、誰がどのカードを所持しているかは見える仕様になっているが、流石に自分以外 7 人のプレイヤーのカードを覚えきるのはほぼ不可能。

それだけに目立った、印象に残ったカードを指定するのは当然の行為であるが、奇しくも既に引かれていたカードを、橋本は指定してしまう運命の悪戯に敗北してしまった。

ここで勝負あったか、伊藤は次ターンに土地を引き、そのまま《潮の星、京河》を場に放ち、 2 回の攻撃を以って 1 本目を制した。

橋本 0 – 1 伊藤

Game 2

再び先手は橋本。

《血塗られた悪姥/Wicked Akuba》から展回を始め、続けて《山崎兄弟》、《呪われた浪人/Cursed Ronin》とマナカーブを描き、伊藤はそれを耐えるように《かまどの神》、《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》などを重ねて耐え忍ぶ。

だが、勢いに乗った赤黒デッキは、出して焼いて殴るのお手本どおり、小さいクリーチャーは無視して攻撃し、障害となるクリーチャーは《山伏の炎/Yamabushi's Flame》で除去を 2 回プレイすると、そのまま橋本は伊藤を蹂躙し、 2 本目は橋本の勝利。

橋本 1 – 1 伊藤

Game 3

変わって先手は伊藤に移り、2 ターン目に《かまどの神》を出せば、対する橋本も鏡打ち。

今回の伊藤は、 1 , 2 本目と打って変わって、ビートダウン色濃い展回になり、続けて、《浪人の犬師》、《粗暴な詐欺師》と展回し、激しく橋本に攻め入る。

この様なプレイは、橋本の赤黒デッキでも似合うのだが、良く見ると橋本の場には山のみが並び、沼は姿を見せていない。

そうこうしている間に橋本は手札が渋滞し、攻めにも守りにも欠け、8 ターン目にしてやっとの事沼を引いて黒いクリーチャーを展回する事出来たが、残りライフも少なく、伊藤の攻撃を体で受け、残り 3 。最後のライフを《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》できっちり削られてしまい、ラウンド 9 の勝者は新鋭・伊藤に確定した。

Final Result : 橋本 1 – 2 伊藤

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る