ラウンド 9 : 浅原 晃 vs. 真木 孝一郎

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 20日

By Isamu Fujieda

赤白で2枚の《氷河の光線/Glacial Ray》を駆使しての連繋デッキとなった真木、ちょっとクリーチャーのパワーが足りないが浅原の方が辛すぎる。

なぜなら浅原のデッキは3枚の《木霊の手の内/Kodama's Reach》こそ入っているが4色……しかもクリーチャーは弱いというより紙の束といった感じで、決め手に入っているのが《奈落の君、苦弄/Kuro, Pitlord》2枚と《龍の牙、辰正/Tatsumasa, the Dragon's Fang》。

序盤から《木霊の手の内/Kodama's Reach》を連打して3枚の《汚れ/Befoul》と《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》で耐え切れば《奈落の君、苦弄/Kuro, Pitlord》まで繋げられると思うが、正直クリーチャーが酷すぎるために耐え切れるかどうか……。

Game 1

キーカードである《木霊の手の内/Kodama's Reach》をとりあえず撃ったあとに出てきた真木の《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》に思わず"メタってるー"と言って苦笑いの浅原。

だがそんな《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》も《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》で吹き飛ばし、早々に《龍の牙、辰正/Tatsumasa, the Dragon's Fang》が場に降臨させる。

真木の方も2体目の《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》をキャスト、浅原の《宝珠編みの蜘蛛/Orbweaver Kumo》に《手の檻/Cage of Hands》と浅原のライフを11にまで減らした。

Zo-Zu the Punisher

だが《龍の牙、辰正/Tatsumasa, the Dragon's Fang》のついた《鼠の浪人/Nezumi Ronin》が場に出ると若干長考に入る。

悩んだ末に《霜投げ/Frostwielder》を場に投入してターンエンド、返しで浅原は初攻撃で真木のライフを12と減らす。

悩んだ訳は手札に《氷河の光線/Glacial Ray》《山伏の炎/Yamabushi's Flame》とあって、この先降臨するであろう5/5飛行トークンにどう対処するか。

5枚目の土地をセットして2枚の除去を使って《龍の牙、辰正/Tatsumasa, the Dragon's Fang》のトークンを殺すか……だが、この先を見越して《氷河の光線/Glacial Ray》を残したい……。

そんな思考をした真木の結論は《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》でアタック、5/5でブロックさせて《山伏の炎/Yamabushi's Flame》を使っての除去。

更に《霜投げ/Frostwielder》の効果で《鼠の浪人/Nezumi Ronin》を除去して浅原の場はほぼまっさらとなる。

手札にはまだ出せない《奈落の君、苦弄/Kuro, Pitlord》と《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》、とりあえず《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》を出してターンエンド。

返しのターンで真木が《溶岩の魂/Soul of Magma》を出して完全に射撃モードに入ったかと思われたが、浅原が《花の神/Hana Kami》をトップデッキして《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》を回収。

またも場を一掃されてしまった真木、一応《狐の裂け目歩き/Kitsune Riftwalker》を出すがこの後は浅原が《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》からひたすらカードを引きまくり、逆に土地しか引かない真木を圧殺する。

《奈落の君、苦弄/Kuro, Pitlord》が《狐の裂け目歩き/Kitsune Riftwalker》を触れないために寂しく手札に残っていたのが面白かった。

浅原 1 – 0 真木

Game 2

序盤から《悪忌の雪崩使い/Akki Avalanchers》《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》の真木。《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》《せし郎の娘、さ千/Sachi, Daughter of Seshiro》とこちらもなかなかのスタートを切った浅原。

4ターン目のアタックから《悪忌の雪崩使い/Akki Avalanchers》の能力を使い、《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》をキャストする真木。だが早めに勝負を決めたい真木をまさにあざ笑うがごとく《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》をキャストする浅原。

《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》と《せし郎の娘、さ千/Sachi, Daughter of Seshiro》は死なずに真木だけクリーチャー全滅。こんな1対3交換をされてはどうしようもなく、一応《溶岩の魂/Soul of Magma》や《狐の裂け目歩き/Kitsune Riftwalker》で対抗しようとするがことごとく除去されてゲーム終了。

Final Results : 浅原 晃 Win


Koichirou Maki

Download Arena Decklist
インスタント (3)
1 Blessed Breath 2 Glacial Ray
エンチャント (4)
1 Cage of Hands 1 Indomitable Will 2 Uncontrollable Anger
土地 (17)
9 Mountain 8 Plains
他 (2)
1 Kami of Fire’s Roar 1 Yamabushi’s Flame
40 カード

Pod 2: Akira Asahara

Download Arena Decklist
ソーサリー (4)
3 Befoul 1 Swallowing Plague
インスタント (2)
1 Hideous Laughter 1 Blind with Anger
エンチャント (1)
1 Honden of Seeing Winds
土地 (16)
1 Island 6 Swamp 1 Mountain 8 Forest
他 (4)
1 Tatsumasa, the Dragon’s Fang 3 Kodama’s Reach
40 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る