ラウンド 9: 真木 孝一郎 vs. 永山 裕之

更新日 Event Coverage on 2003年 11月 8日

By 松井 健治

2 日目のロチェスタードラフトを終え、本日はじめのフィーチャーマッチで第 1 卓目から召集される 2 人が真木と永山だ。

 真木のデッキは白赤の《陰極器/Cathodion》*3 などを中心に構成されたビートダウンデッキ。
 除去も《拘引/Arrest》*2 を筆頭に用意できている良いデッキである。

 永山のデッキは《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》や《白金の天使/Platinum Angel》を携えた豪華な赤青デッキに一見みえるのだが、その他のクリーチャー陣の線があまりに細く、そこを引くまで持ちこたえられるかが勝負のデッキのようだ。

Game 1

 先手真木は多少微妙に思った初手をキープし、 3 ターン目に《陰極器》を。

 その返すターン、永山は《運命をもてあそぶ者/Fatespinner》を出し、ゲームペースを落とす作戦を決行。

 永山的には、真木のゲームペースが遅くなるのは願っても無い事。

 真木の初手があまり良くなかった事もあり、永山はゆっくり自分のペースでゲームを展開。

 互いにまったりとクリーチャーを並べ、真木が《陰極器》で殴れば、これを永山は《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》で除去したりと、している間に永山は勝負を決する 1 枚を引いてくる。

 《ロクソドンの戦槌》だ。

 マナマイア系などのクリーチャーにこれらを装備し、ただひたすらに攻撃開始。

 真木側も、点数の低いクリーチャーばかりならんだ永山の場に対し、ずっと手札に抱えていた 2 枚の《拘引》を惜しげも無く放出し、食らうダメージを最小限に抑えるように努力する。

 残ったクリーチャーに《ロクソドンの戦槌》を装着し、攻撃してくる永山に対し、真木は一匹ずつ相打ちを取って行く。

 この作戦が大成功を収め、永山の場に殴れるクリーチャーはいなくなるが、真木も攻めあぐねている所で、あたらなる攻め手を永山が引き直し、それに再び《ロクソドンの戦槌》が装着され、もうこれ以上は無理と、真木はその前に崩れ去った。

真木 0 - 1 永山

Game 2

 再び先手は真木。

 今回も 3 ターン目に《陰極器/Cathodion》から入り、永山も《運命をもてあそぶ者》を以ってこれに応えたのだが、真木のデッキがやっと本来の力を取り戻し、綺麗にデッキが展開し始める。

 《陰極器》に続いて《兵士の模造品/Soldier Replica》、《タージ=ナールの剣鍛冶/Taj-Nar Swordsmith》から《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》と攻めるには十分の場。

 永山はつらそうな顔を浮かべつつ、今引いた《ロクソドンの戦槌》を《運命をもてあそぶ者》などに張って見たりはするが、これを《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》によって真木が除去すると、永山の後ろ盾がなくなり、《手綱取り/Grab the Reins》の双呪効果でふんばってみるものの、そのまま押し切られる事に。

真木 1 - 1 永山

Game 3

 永山に待望の先手が移り、なんと今回も 3 ターン目に《運命をもてあそぶ者》をキャスト。

 真木も苦笑いしながらコンバットステップを飛ばしつつ、攻め手を場に展開していく。

 初手が悪くなかった真木は、場と手札がある程度揃った所でドローを飛ばして攻勢に入ると、永山のデッキは非常にクリーチャーが薄く、《運命をもてあそぶ者》 1 枚でこの猛攻を凌ぎきることは出来なかった。

Final Result:真木 2 - 1 永山

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る