ラウンド 9: P.S.2 vs www.shop-fireball.com

更新日 Event Coverage on 2002年 5月 11日

By 平林和哉

Upheaval
Laquatus's Champion
平等に 2 枚ずつ
昨年度チームグランプリ準優勝 Poor Shark の黒田正城、森田雅彦に新たにルーキー"マジ GOD"森勝洋を加えた、ある意味優勝候補筆頭の P.S.2 。

対する www.shop-fireball.com も GP 横浜ベスト 4 である Firebeat の裏鉄人池田剛と信下淳に、岡本"Asian Last Emperor"尋という十分なメンバーであり好勝負が期待される。

ロチェスターの段階で《激動/Upheaval》 2 枚、《セファリッドの皇帝アボシャン/Aboshan, Cephalid Emperor》《ラクァタスのチャンピオン/Laquatus's Champion》 2 枚という超強力カードが出まくっており、相当のパワーゲームになるだろう。

Game 1

開始早々池田が 1 ターン目最高のクリーチャー-《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》、《春の儀式/Rites of Spring》から《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》マッドネスと速攻する。
続けて出てきたのも《飛びかかる虎/Springing Tiger》で、《放火狂/Pyromania》のバックアップも得て一気にゲームが決まりそうな勢いだ。

何とか森も《聴罪司祭/Confessor》《オーラ術師/Auramancer》《巡視犬/Patrol Hound》と並び立てて、一気に総崩れになるのを防ごうとする。

まず《勇敢な行為/Gallantry》で《飛びかかる虎/Springing Tiger》を止めるのだが、池田はそこでも攻撃の手が止まることなく 2 体目の《飛びかかる虎/Springing Tiger》。
森はダブルブロックで《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》を除去して《飛びかかる虎/Springing Tiger》に《追い返し/Repel》で一旦は池田の猛攻を食い止める。

すぐに池田は戦線を再構築する-しかし森が展開する《尊い癒し手/Hallowed Healer》《敬愛される司祭/Beloved Chaplain》-こいつらは《放火狂/Pyromania》の餌食、しかし続く《樹上の歩哨/Treetop Sentinel》は如何ともしがたい。
残る手札にある土地を全て《春の儀式/Rites of Spring》でライブラリー圧縮をかけて耐える池田。

一方で防御が整った森は《エイヴンの魚捕り/Aven Fisher》で攻め続けながら《綿密な分析/Deep Analysis》で畳み掛ける。

アドバンテージを得ていく森とは対照的に、池田は 2 回の《春の儀式/Rites of Spring》にもかかわらず土地を引き続ける・・・

森 1-0 池田

Game 2

池田は《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》《野生の雑種犬/Wild Mongrel》《長角火獣/Longhorn Firebeast》 2 体《ドングリの収穫/Acorn Harvest》と再び速攻するが、森も負けじと《巡視犬/Patrol Hound》《尊い癒し手/Hallowed Healer》《ティーロの信者/Teroh's Faithful》《樹上の歩哨/Treetop Sentinel》と並び立てられて、池田はまたも攻めることができない。

《尊い癒し手/Hallowed Healer》にプロテクション赤の《浮揚盾/Floating Shield》がエンチャントされ、またも《エイヴンの魚捕り/Aven Fisher》が現れて 1 戦目をなぞるような窮地に陥る池田。

だが森も一気に攻め立てられるわけではなく、飛行クリーチャーがこつこつ削っていくしかない。

完全に沈黙したかのように見えていた池田だったが、手札が 8 枚になった瞬間《ドングリの収穫/Acorn Harvest》フラッシュバックなど大量のクリーチャーによる総突撃の後に《入門の儀式/Rites of Initiation》!

しかし手札 7 枚を全て使った最終兵器も、森は《聴罪司祭/Confessor》の能力、《考え直し/Second Thoughts》《励まし/Embolden》によって生き延びる。

まだ生きているとはいえ戦線をずたずたにされてしまった森、ここで必殺の《激動/Upheaval》!

浮いたマナでは《尊い癒し手/Hallowed Healer》ぐらいしか出せなかったものの、池田の《熊人間/Werebear》は《拒絶の儀式/Rites of Refusal》、すぐに《樹上の歩哨/Treetop Sentinel》が姿を現して、速攻に耐えた森が勝利をもぎとった。

赤緑速攻である池田のスペルが薄かったこと(そのために《巡視犬/Patrol Hound》がいるだけで、 2 体の《長角火獣/Longhorn Firebeast》にペイライフさせることができなかった)、そして森が赤緑と同じだけの勢いで展開できたことがゲームを決めてしまったようだ。

森 2-0 池田

森田と岡本の勝負は岡本が制したものの、信下が青黒対決で 2 回のワンランド発進という賭けに破れたため、 P.S.2 が決勝ラウンドへ後 1 歩というラインへと駒を進めることになった。

Final Result: P.S.2 2-1 www.shop-fireball.com

P.S.2 Wins!

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る