日本代表(3位)決定戦: 前川 徹 vs.田中 久也

更新日 Event Coverage on 2003年 6月 22日

By 射場本正巳

世界選手権のチケットを手に入れたふたり。既に日本チャンピオンの権利は逃してしまっているが、ここで勝って賞金のダブルアップをしておきたい所。

また、このゲームの勝者は世界選手権で日本代表チームの三人目として国別対抗戦に出場することもできる。ちなみに、敗者は補欠選手ということになる。

ビースト対ゴブリンランデス。
それぞれ会場に一人ずつしかいなかったローグデッキ対決を制するのはどっちだ!

GAME1

ダイスロールで前川が先攻を取る。

前川は《極楽鳥/Birds of Paradise》からの綺麗な立ち上がり。
田中はこれを処理したいが、《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》を出すに留まる。

この隙に前川の場に《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》が登場。速攻をかけたい田中にとっては苦しい展開だ。

田中も《火花鍛冶/Sparksmith》でターンを返すが、即座に《争乱の崖地/Contested Cliffs》で除去される。

ここは仕方なく《石の雨/Stone Rain》で《争乱の崖地/Contested Cliffs》を破壊。さらに《極楽鳥/Birds of Paradise》を除去して相手のマナベースを攻め立てる。

前川も2枚目の《争乱の崖地/Contested Cliffs》を投入してビートに転じるが、これも田中の《略奪/Pillage》が破壊。

しかし、《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》の止まらない田中、何とか解決策を見出したい所だ。

田中のもたついてる間に《生ける願い/Living Wish》から三度目の《争乱の崖地/Contested Cliffs》登場!
そして場には《ガージゴスト/Gurzigost》が光臨!

流石にこれには田中もどうしようもなく投了。

前川 1-0 田中

GAME2

田中先攻。緊張のあまりドローしそうになってしまうハプニングも。
田中は《ゴブリンの監督官/Goblin Taskmaster》*2からのスタート。

前川は《生ける願い/Living Wish》から《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》を持ってくる展開。

田中もこれを出されてはかなわんと、《略奪/Pillage》で森を破壊。
展開の遅れた前川だが、さらに《生ける願い/Living Wish》で《争乱の崖地/Contested Cliffs》を用意。《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》までつなげば一気に場を制圧できる予定だ。
田中が《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》をキャストしてターンを返すと、前川は《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》を展開し、《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》を除去する体勢を整える。

田中は玉砕アタックで通った《ゴブリンの監督官/Goblin Taskmaster》をパンプ、さらに《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》を打ち込むことで相手のライフにプレッシャーをかけるが、前川の場にはなんなく《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》光臨。
ライフでの勝ち筋が苦しくなった田中だが、《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》を召喚して何とか活路を見出そうとする。

前川もこれをすぐに除去しなかったため、《ゴブリンの名手/Goblin Sharpshooter》の処理に時間がかかり、その間に田中の《焦熱の火猫/Blistering Firecat》ブロックで2匹の《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》を失ってしまう。

そして田中に待望の《略奪/Pillage》。これで《争乱の崖地/Contested Cliffs》の恐怖は一段落だが、前川の場には更なる《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》と《疑い深い濃霧獣/Leery Fogbeast》が!

ライフでの勝ち筋が薄くなり、ブロッカーも見る見る減っていくジリ貧状態。《限界点/Breaking Point》もあっさりライフを払われ、後のなくなった田中は投了した。

前川 2-0 田中

GAME3

日本代表まで王手をかけた前川。一方後のない田中。

前川がダブルマリガンしたことで、田中の顔には安堵の色が浮かぶ。

田中は《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》からのスタート。
一方の前川は《極楽鳥/Birds of Paradise》を展開するが、これは即座に《炎の稲妻/Firebolt》で除去される。

さらに《石の雨/Stone Rain》でマナベースを破壊された前川だが、《繁茂/Wild Growth》*2でなんとかマナを盛り返す。
ここで土地破壊を引きたい田中だったが、かなわず。

前川に《新緑の連続/Verdant Succession》のキャストを許してしまう。

それでも場にクリーチャーのいない前川に対し、終始殴りつづけた田中が一矢報いた。

田中 1-2 前川

GAME4

前川の先攻。

前川《繁茂/Wild Growth》からのスタートに対し、田中は《ゴブリンの監督官/Goblin Taskmaster》、《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》、《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》と並べ立てる。

前川は《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》、《争乱の崖地/Contested Cliffs》と展開するが、ここに来て田中の土地破壊が炸裂。

《争乱の崖地/Contested Cliffs》、《繁茂/Wild Growth》つきの土地と次々に破壊。

これに対し前川はフェッチランドを並べてさらなる地破壊を抑制し、5マナ揃った所で一気に土地変換。《新緑の連続/Verdant Succession》をキャストすることに成功する。

田中は小型クリーチャー軍団で特攻し、前川のライフを削りにかかるが、返しで《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》を出されてしまい、大量のライフアドバンテージを取られてしまう。

頑張って抵抗してみるが、前川の場に《ガージゴスト/Gurzigost》が出た時点で投了。

サントスとどちゃま無念、代表入りならず。

Final Result : 前川 3-1 田中  

前川WIN

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る