日本代表(3位)決定戦: 中村 修平 vs. 亀井 俊祐

更新日 Event Coverage on 2004年 6月 13日

By 百瀬 和之

親和、ゴブリンとそれに対するメタ。いや。《頭蓋骨絞め/Skullclamp》と《頭蓋骨絞め》メタ。この場合は《減衰のマトリックス/Damping Matrix》。今回、1位2位は順当というか、《頭蓋骨絞め》を止められなかったというか、ゴブリンと親和という、図式に落ち着いている。

しかし、ベスト4。世界選手権招待枠では一人《減衰のマトリックス/Damping Matrix》が生き残った。対するは、この環境を象徴する「あの」デッキである。3位。世界選手権の際の、国代表チーム戦枠をかちとるのは王者と呼ばれたデッキか。はたまたアンチか。

Game 1

 ダイスロールにより亀井先行。ノータイムでのキープである亀井と対照的に、考え込む中村だが結局初手をキープ。序盤の行動が原則としてドローゴーである亀井。当然1ターン目は島を置いて終了だが、対照的に1ターン目から《大焼炉/Great Furnace》《彩色の宝球/Chromatic Sphere》、2ターン目には《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》は《マナ漏出/Mana Leak》されたものの《溶接の壺/Welding Jar》から親和4《金属ガエル/Frogmite》とキビキビ動く中村。
 
 依然ドローゴーである亀井に対し、中村も攻撃以外の行動を起こさずターンを返すと、ターンエンドに亀井《知識の渇望/Thirst for Knowledge》。そしてそれにスタックして中村の《爆片破/Shrapnel Blast》コスト:《溶接の壺/Welding Jar》が亀井の本体へ。亀井のディスカードは貼る余裕が無さそうなのか《減衰のマトリックス/Damping Matrix》。

亀井は珍しくメインに行動。とはいえ《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》サイクリングからサーチしてきた平地をセット。返しのターンの中村も攻撃と《物読み/Thoughtcast》プレイのみと、あまり派手な動きはなく淡々とターンが進む。

いい加減なにか動きたい亀井、メインフェイズに再度《知識の渇望》捨てるのはまたしても《減衰のマトリックス》。せっかくマナ使ってるし、とターンエンドに撃たれた《爆片破》コスト《溶接の壺》は《マナ漏出》。

地味な展開は続く。《金属ガエル/Frogmite》がちくちく殴ってはいるが、中村は再度《物読み》から《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》を追加するのみ。亀井は6マナ貯めても動き無し。ただし、いい加減にしろと、返しのターンにいつもどおりやってきた蛙には《正義の命令/Decree of Justice》サイクリングから兵士トークンを2つ出し、蛙に渇を入れる。

そして中村。ついに攻撃手段を失ったものの、ちょうど相手はマナが無し。手札は満載。ここがチャンスと思いきや、しつこく《物読み》を撃つものの《金属ガエル》の補充しかできない。そしてついに亀井が動いた。《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》。中村のアーティファクト土地が蛙ごと吹き飛ぶ。しかし、まだ場には《ちらつき蛾の生息地》もあるし、手札の量も十分。まだまだいける。

とはいえ、大量にアーティファクト土地を失ったためあまり急には動けず、また、相手の手札もまた潤沢な以上、うかつに動けない中村。返されたターンは、《ちらつき蛾の生息地》の追加から攻撃とパンプのみだが、これで亀井ライフは7。

そして、《神の怒り/Wrath of God》も《減衰のマトリックス》も《アクローマの復讐》も効かないこの《ちらつき蛾の生息地》がどこまで亀井のライフを削れるか・・・と思うと、亀井、すかさずメインフェイズに《雲上の座/Cloudpost》追加から《正義の命令》で4/4天使を2体投入。急にピタりと止まってしまった。

手札が5枚あるものの、どういうわけか相変わらず動けない中村。頼りない《電結の働き手》を追加することしかできず、苦しい状態のところに、10マナ揃えた亀井の《精神隷属器/Mindslaver》。プレイ、即起動。練っていたプランが完全に崩壊し、頭を抱える中村。仕方なく、虎の子だったら《爆片破/Shrapnel Blast》で天使トークンを一体射殺。その際のコストは《電結の働き手》で、このトークンは《ちらつき蛾の生息地》に。

そして、やってきた、中村のものであって中村のものでないターン。まず手札を渡されて苦笑。そこには《マイアの処罰者/Myr Enforcer》が3枚。そりゃぁ動けんわと。そしてドローは《頭蓋骨絞め》。遅い。結局、このターンは電結トークンが載った《ちらつき蛾の生息地》が天使に特攻するのみで終了。

今まで押していた中村だが。ここに来て進退窮まった中村。奪われたターンの返しには《減衰のマトリックス》をだされ、《マイアの処罰者》は重くてだせず、ただ親和のための《頭蓋骨絞め》を出し、やっと出せたクリーチャーも《金属ガエル》と頼りない。そんなことをしているうちに、相手は天使と、《永遠のドラゴン》まで追加して殴ってくる始末。

しかし、中村もまだ諦める理由はない。場は話にならないくらい不利だが、なんといっても相手のライフは少ない。《爆片破》《大霊堂の信奉者》などを引き、上手くいけば削り取れないライフではない。死ぬ前にちゃんと何か引ければ・・・あ、亀井が白白青タップした。なんだろう。

《原野の脈動/Pulse of the Fields

直後、凄い勢いでカードを片付ける中村の姿が。

中村 0 – 1 亀井

SideBoard-

中村 修平

IN
3《起源室/Genesis Chamber
2《マナ漏出/Mana Leak

OUT
2《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt
1《マイアの処罰者/Myr Enforcer
1《溶接の壺/Welding Jar
1《彩色の宝球/Chromatic Sphere

亀井 俊祐

IN
2《機械の行進/March of the Machines
2《賛美されし天使/Exalted Angel》

OUT
《精神隷属器/Mindslaver》1
《巻き直し/Rewind》3

Game 2

両者ともにマリガンは無し。そして、相変わらずドローゴーを基とする亀井に対し、中村がすばらしい周りを。

1ターン目《電結の働き手》
2ターン目《起源室/Genesis Chamber
3ターン目《電結の荒廃者》

とテンポ良く動いた上、《電結の荒廃者》のエサも十分。しかし3ターン目、《起源室》で追加されたトークンや、《溶接の壺》も追加されたことでアーティファクトが7枚に達していることに、「エンド」っていった直後に気づくというミス。エンドの宣言を撤回しようとしたが流石にジャッジに止められる。

 しかし、そんなことが全然関係ないくらい亀井が動けない。《マナ漏出》も《原野の脈動》も《知識の渇望》も無く、本当にただ淡々とドローゴーを繰り返す。そして中村のターン。先ほど出しそびれた《マイアの処罰者》をプレイし、出てきたトークンや、必要の無さそうな《溶接の壺》などで《電結の荒廃者》を増強しながらの総攻撃。

 そして返しのターン。いい加減《神の怒り/Wrath of God》かとおもえば、《賛美されし天使/Exalted Angel》をモーフで。しかし、こんなささやかな抵抗も中村は《マナ漏出》と認めない。そして、攻撃前、《大霊堂の信奉者》を出しての中村の全攻撃・・・数えたくもないほどのダメージが亀井に叩き込まれて終了。1デュエル目とは比べ物にならないくらい早い、数分の圧殺激だった。

中村 1 – 1 亀井

Game 3

両者マリガン無し。相変わらずドローゴーの亀井に対し、《囁きの大霊堂》《溶接の壺》《頭蓋骨絞め》、2ターン目には《起源室》がなんと通り、苦しそうな亀井。《永遠のドラゴン》《知識の渇望》と手札、土地を増やし、中村の《電結の荒廃者》を一度《神の怒り》で流すも、《起源室》《頭蓋骨絞め》が全くどうにもならず。中村がクリーチャーを1体追加するごとに中村は2枚ドローするという図式ができあがってしまい、余りに苦しい。それに《大霊堂の信奉者》《マイアの処罰者》が追加されるにあたり事態は絶望的なものとなったが、なんとか《映し身人形/Duplicant》で《マイアの処罰者》刻印。立て直しにかかる。余談としてはこの際、トークンをだし忘れているのだが、これはださなければいけないもののため、巻き戻ってトークンが。

立て直しているかのように見える亀井だが、やはり相手側の《起源室》《大霊堂の信奉者》《頭蓋骨絞め》があまりに酷い。耐えられず、再度《神の怒り》で場を流す。

 しかし、あれだけ引いたんだからねぇ・・・といったところか、そのターンエンドに《爆片破》。亀井が返されたターンに《賛美されし天使》を出したものの、さらに《爆片破》、メインで《物読み》から《爆片破》とこんがり。

中村 2 – 1 亀井

Game 4

亀井、長考の末、土地2枚だが片方は《邪神の寺院/Temple of the False God》。ただし《永遠のドラゴン/Eternal Dragon》がある手札をキープ。中村のマリガンは無し。一見いつもどおりのドローゴーを続ける亀井だが、2ターン目には土地を引き込み、《永遠のドラゴン》サイクリング。

対して中村の周りもすばらしいもので《彩色の宝球/Chromatic Sphere》から2ターン目《金属ガエル》2体から《彩色の宝球》中継からの《大霊堂の信奉者》土地を引いたころに喜んでいる暇もなく、窮地にたたされた亀井だが、落ち着いて《減衰のマトリックス》から、中村の攻撃で5点くらいながらも《神の怒り》で場をリセット。

しかし、この際に《溶接の壺》コストでの《爆片破》と、《金属ガエル》が落ちたことによる《大霊堂の信奉者》。《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》を使っていたことから、ライフが一気に6にまで落ち込む。しかも返しの中村のターンには置いてあった《ちらつき護法印/Flickering Ward》蛾の生息地》の攻撃によりライフが5。完全に「射程圏」である。
 
 ただ、ここから亀井が巻き返す。まずは土地がなければ火力もうてまいと、《機械の行進》で中村の土地をもぎ取る。一応《ちらつき蛾の生息地》起動により、《空僻地/Glimmervoid》は残るものの、2マナしかない上、1マナ拘束しない限り《空僻地》が壊れてしまう苦しい状態。挙句あいての3/3になった《減衰のマトリックス》が攻撃してくる始末。
 
 そして亀井がプレイしたものは、中村が現在いちばん出されたくないもの。《賛美されし天使》であった。それは裏返ってでてきたため、現在その招待は謎だが、こんなものは言うわけもなく「バレバレ」なわけで。一応ドローを見た上で中村はカードを片付けた。

中村 2-2 亀井

Game 5

両者マリガンなし。先手中村の《電結の働き手》からゲームスタート。2ターン目の《電結の荒廃者》はカウンターされなかったものの、3ターン目の《物読み》からの《頭蓋骨絞め》には《マナ漏出/Mana Leak》。

しかし、そのターン。中村はさらに《電結の働き手》を追加し、元々出ていたものと合わせて、《電結の荒廃者》を4点増強。さらに《溶接の壺》も使い、突如現れた6/6が殴り、亀井のライフが突如13にまで落ち込む。

そして突如窮地に立たされた亀井。長考後、ここで《減衰のマトリックス》。これに対応して、中村はこれまた長考後、なんと2枚の土地を両方使用して、《電結の荒廃者》を8/8にまで育てる。そして再度無人の荒野を行く8/8。ライフは5。射程圏。《爆片破》こそ撃たれなかったものの、《空僻地/Glimmervoid》《ちらつき蛾の生息地》と立っていて、《マナ漏出》の臭いがする。

だからといって撃たないわけにはいかんと、亀井《神の怒り》。これは無事に通り、急に場が平和になるが、ライフが「射程圏」なのには代わりがない。中村は返しのターンに再度《電結の荒廃者》を送り込むが、もうそれは見る影もないただの重い《電結の働き手》であり、少々きつい状況。そしてさらにターンを返された亀井。ここでなんと《原野の脈動》! 中村が凍りつく。突然ライフが9と射程圏外に。もちろん手札にも帰っている。

 削らなければ話が始まらないと、《電結の荒廃者》と《ちらつき蛾の生息地》で攻撃しつつ、マナバーンをして《原野の脈動》の再利用を防ごうとする中村だが、こうなると満タンな自分のライフが憎い。殴って6。脈動で10。中村マナバーン前に脈動で14と、きづくと射程圏からは遠くはなれ、お互いのライフが14。

あまりにきつくなってきた中村にここで追い討ちの《機械の行進》!

これに対する回答はなく、何もせずにほとんどの土地をもぎとられる中村。例により、突如3/3になった《減衰のマトリックス》も殴ってきて、ここに至りダメージレースが逆転する。しかもそのマナ差10マナ近く。
 
 中村も、遅すぎた感のある《大霊堂の信奉者》を出し、もはや何の意味も持たない手札の《大焼炉》を置いて即壊れ1点などとささやかな抵抗を試みるが、がんばって削ったライフも、良くがんばった。もうかえってこなくていいよ、とばかりに撃たれた《原野の脈動》により14・・・
 
 そして、亀井のターン。大量のマナがフルタップされ、怪訝な顔をする中村に対し、亀井が見せたものは・・・《正義の命令》。もちろん天使を出す効果であり、その数なんと3。

わかりやすすぎる「とどめ」の前に、一応次のドローを見る中村だが・・・すぐにカードを片付けた。

《減衰のマトリックス》が《頭蓋骨絞め》に1矢報いた瞬間である。

Final Results : 亀井 俊祐 Win

Kamei Shunsuke

Download Arena Decklist
クリーチャー (5)
3 Eternal Dragon 2 Duplicant
インスタント (13)
2 Pulse of the Fields 4 Mana Leak 3 Rewind 4 Thirst for Knowledge
アーティファクト (5)
1 Mindslaver 4 Damping Matrix
60 カード

Shuuhei Nakamura

Download Arena Decklist
ソーサリー (4)
4 Thoughtcast
インスタント (6)
4 Shrapnel Blast 2 Electrostatic Bolt
アーティファクト (12)
4 Welding Jar 4 Chromatic Sphere 4 Skullclamp
60 カード
サイドボード (15)
3 Genesis Chamber 3 Seething Song 3 Furnace Dragon 4 Pyroclasm 2 Mana Leak

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る