松尾悟郎 VS 東野将之

更新日 Event Coverage

7 - 2 で迎えた第 10 戦再び Feature Match に招待された松尾と東野。
デッキは東野が Merfolk デッキ、松尾が塚本と同じ対青用にチューンされた Fires を使っており、松尾がやや有利か?。
前回 ( 初日のロチェスタードラフト ) の対戦では松尾が勝利したが今回の対戦はどうなるだろうか。

Game 1

初手先攻松尾の手札はやや重く少し展開が遅れるように見える。
対して東野は 3 ターン目にやや土地が停滞したもの 1 ターン目に出した 《 Merfolk of the Pearl Trident 》 が少しずつ松尾の Life を削っていった。
松尾もようやく手札が消化できるマナ域に達したが、その頃には東野の手札はカウンターで溢れており。
出すカード、出すカードをカウンターされ松尾は何も場に出せず既に場に出ていた 2 体の 《 Spiketail Hatchling 》 が松尾にとどめをさした。
塵も積もれば山になるものだ・・・。

松尾 0-1 東野

Game 2

松尾 Side in card 《 Obliterate 》 《 Kavu Chameleon 》 《 Boil 》 《 Hull Breach 》 《 Artifact Mutation 》 《 Simoon 》 いじめか?これでもかと言わんばかりに入る青対策カードの山々。
只でさえ、松尾のデッキはメインから 《 Yavimaya Barbarian 》 が入っておりキツイのだがさらに苦しい展開が予想される。
東野 Side in 《 Bribery 》 《 Hibernation 》 《 Glacial Wall 》 東野はこれら対 Fires 用 Side Card をしっかり引かなければおそらく敗北してしまうだろう。

Game 2 は前のデュエルと違い序盤から東野が 《 Static Orb 》 を置き松雄を縛ろうとすれば 《 Hull Breach 》 で割ろうとし、それを pich 《 Foil 》 でカウンターするといった激しい展開となった。
松尾が隙を見て 《 Yavimaya Barbarian 》 を出そうとするが東野が島を 0 枚にしながらも pich 《 Thwart 》 でカウンターする。
その後 《 Merfolk Looter 》 で引いてきた 《 Opposition 》 を出しロック完成に見えたがその寸前に、松尾が 《 Yavimaya Barbarian 》 を再び引当てた! 出てしまえばこっちのものと言わんばかりに猛威を振るう 《 Yavimaya Barbarian 》 東野に残された手は 《 Bribery 》 か 《 Hibernation 》 を引くしかないのだが東野の元に幸運の女神はやってこなかった・・・。

hibernation
松尾 1-1 東野

Game 3

序盤から双方ともに展開するが大きな違いが一つあった。
それは Side Card を引いているか引いていないかという大きな差だった。
東野がまだカウンターを用意できていない間に立て続けにキャストされる 《 Yavimaya Barbarian 》 それに加え 5 割以上の確率で引いてしまうような状態では東野に勝ち目が無く、松尾が勝利を手にした。

松尾 2-1 東野

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る