森田雅彦インタビュー : クレリックデッキ

更新日 Event Coverage on 2003年 1月 9日

By 松井健治

 2 日目の朝 10 時をちょっと過ぎた頃。
 もう 30 分後には 2 日目のハードルであるエクステンデットが開始する。

 その合間に、藤田剛史作成のクレリックデッキで初日を 4 - 1 の成績で突破した、森田雅彦にインタビューをお願いした。

 クレリックデッキと言うと一見ファンデッキの部類に見られがちだが、そこは藤田。 Magic Online で延々とこのデッキを調整し、今大会のパートナーとして選ぶまでに至った。

 残念ながら藤田本人の初日の成績は 2 - 3 と少し振るわなかったが、このデッキの楽しさと強さを、少しでもこの記事から感じ取って貰えれば幸いである。

Side Board : 試合開始前の忙しい時にインタビューにお答えいただいてありがとうございます。
森田:いえいえ。

SB :では早速ですが、初日は 4 - 1 で終了されたみたいですが、その 1 敗は何デッキに負けましたか。
森田:サイクリングデッキです。こちらは勿論クリーチャーデッキなので、やっぱり苦手ですね。

SB :では逆に得意するデッキタイプはなんでしょうか。
森田:緑がらみのクリーチャーデッキです。《熟練の薬剤師/Master Apothecary》を筆頭とするクレリック軍団がやっぱりクリーチャー戦では物凄く強いですね。

SB :そういえばファイナル直前にいろんなデッキタイプを試してらっしゃったみたいですが、今回このデッキを自分のパートナーとして選んだ経緯などあればお答えください。
森田:ローリーさん(藤田剛史)から携帯メールに「ファイナルはクレリックやろ」と届きまして、この一文が全ての始まりですね(笑)

SB :ローリーさんらしいですね(笑)では実際デッキを回してみてどんな感触でしたでしょうか。デッキにの良かった所や不満についてもいっしょにお願いします。
森田:なにより楽しいですね。本当に楽しいです。まず対戦相手が何デッキか解らないで困惑する様を見るのも楽しいし、リミテッドのようなデッキの動きもいいし、対戦相手が毎回「そのカードは何ですか?」と聞いてくるのも新鮮でした。
 不満が 1 つあるとすれば土地事故ですね。デッキの色が対抗色の為、これには悩まされました。青緑のようにドロー強化があるわけでも無いですし。そう言う意味では《雨ざらしの旅人/Weathered Wayfarer》は良いカードでした。

SB :なかなかの好感触ですね。では、このデッキの MPV カードを 1 枚選出するとしたら何でしょう。
森田:勿論《賛美されし天使/Exalted Angel》ですね。このデッキをプレイしてみれば解りますが、天使を如何に守るかに重点をおいて作られているのが解ると思います。
 MVP 次点では《心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard》ですね。一番天使を守ることに貢献してくれますし。

SB :確かにローリーさんのデッキリストのデッキ名の欄に「The Angel Revel Soldier Zombie」とあり、確かにクレリックデッキとはどこにも書いていないですね(笑)
 では最後に一言お願いします。
森田:これはローリーさんが言っていた事ですが、ファンデッキでもしっかり作り込めば強いトーナメントデッキになりえると言うことですね。
 もともと激動サイカなんて、なんとなく笑い話として話していたデッキを実際作ってみて強かった訳ですし、楽しい発想から生まれたデッキが作りこまれて強かった例なんて今までに沢山ありますし。
 逆に「これファンデッキだし」と、勝てない事を前提にデッキを組んだりせず、勝ちを目指してデッキを組めば、それはオリジナルの強いデッキになると言うことですね。   マジックは戦って勝つのを目的としたゲームですし。

SB :全くですね。マジックは楽しんでこそマジックですし。
森田:そうですね。

SB :今日はどうもありがとうございました。

 2002 年の年末。

 今の日本マジック界において、藤田剛史、森田雅彦両名の名を知らないトーナメントプレイヤーはいないだろう。
 そんな彼らにも確実に下積みの時代があり、その頃から常に心がけているのは「楽しくマジックをプレイする」なのである。
 その気持ちの集大成が、下記に記載しているデッキを作り上げたのではないだろうか

Morita Masahiko

Download Arena Decklist
インスタント (4)
4 Smother
エンチャント (1)
1 Oversold Cemetery
土地 (23)
4 City of Brass 5 Swamp 14 Plains
他 (5)
4 Benevolance Bodyguard 1 Starlit Sunctum
60 カード
サイドボード (15)
1 Oversold Cemetery 4 Duress 2 Wrath of God 1 Coffin Purge 1 Engineered Plague 2 Dark Banishing 2 Cleasing Meditation 1 Reprisal 1 Ray of Revelation

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る